サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

小道の神さま
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2011.5
  • 出版社: アリス館
  • サイズ:21cm/143p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-7520-0548-3
  • 国内送料無料

紙の本

小道の神さま (おはなしさいた)

著者 竹内 もと代 (作),広野 多珂子 (絵)

だれかの喜びになれる人は、必ずきっと幸せになる。父さんが残した言葉の意味は…。小道のさきにあらわれたふしぎな商店街。【「BOOK」データベースの商品解説】お父さんを亡くし...

もっと見る

小道の神さま (おはなしさいた)

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

アリス館2012新刊読み物 6巻セット

  • 税込価格:9,07284pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

だれかの喜びになれる人は、必ずきっと幸せになる。父さんが残した言葉の意味は…。小道のさきにあらわれたふしぎな商店街。【「BOOK」データベースの商品解説】

お父さんを亡くしたそよかは、通学路の小道に、道の神さまを発見する。その先には古い商店街があった。そよかが入った骨董屋さんに、お父さんの秘密が隠されていて…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

竹内 もと代

略歴
〈竹内もと代〉石川県生まれ。近畿大学農学部卒業。「不思議の風ふく島」で日本児童文芸家協会賞、産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞。ほかの作品に「菜緒のふしぎ物語」「土笛」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店京都店

そよかと母は、春休み...

ジュンク堂書店京都店さん

そよかと母は、春休み月見ガ丘のおばあちゃんの家の近くに引っ越してきた。お父さんが6年前に病気で他界し、半年前にお父さんの親代わりだったひいばあちゃんがなくなり、おばあちゃんが、一緒に住んでるお母さんの弟広輝おじさんが世界を旅行していて、心細いからと呼び寄せる。アジサイが大好きな父だったので、アジサイも引っ越し移動した。
引っ越して間もない頃、道祖神のある小道を行くと、見た事もない一本杉商店街に迷い込む。男の子を見かけ、ボールを渡そうとしてる内に、骨董屋で、アジサイの飾り彫りの三面鏡を買い戻すから置いといて下さいと頼んでる青年を見かけた。でも、待ち合わせの時間には、遅れず間にあった。あの時間は、いったいなんだったんだろう。
11歳になる誕生日に、友達のまあちゃんは、父から、おばあちゃんの洋服店でワンピースを作って貰うそうだ。仮縫いにそよかも一緒に行く。そよかもまあちゃんと同じ誕生日で、いったい何が貰えるか楽しみだった。そよかは、お父さんにどう思われてたのか覚えがなかった。それが、心もとなかった。
そよかが、父母の歴史と、育ってきた土地の生まれ変わりに、思いを寄せる物語です。児童書 高木

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2012/06/08 06:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/22 11:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/23 13:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の作品 ランキング

日本の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む