サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ぬるい毒

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 101件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.6
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/133p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-301774-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

ぬるい毒

著者 本谷 有希子 (著)

ある夜とつぜん電話をかけてきた、同級生と称する男。嘘つきで誠意のかけらもない男だと知りながら、私はその嘘に魅了され、彼に認められることだけを夢見る—。私のすべては、23歳...

もっと見る

ぬるい毒

1,404(税込)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

ぬるい毒

1,123 (税込)

ぬるい毒

ポイント :10pt / 紙の本より281おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ある夜とつぜん電話をかけてきた、同級生と称する男。嘘つきで誠意のかけらもない男だと知りながら、私はその嘘に魅了され、彼に認められることだけを夢見る—。私のすべては、23歳で決まる。そう信じる主人公が、やがて24歳を迎えるまでの、5年間の物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

【野間文芸新人賞(第33回)】ある夜とつぜん電話をかけてきた、同級生と称する男。噓つきで誠意のかけらもない男だと知りながら、私はその噓に魅了され、彼に認められることだけを夢見る−。『新潮』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

本谷 有希子

略歴
〈本谷有希子〉1979年石川県生まれ。「劇団、本谷有希子」を旗揚げし、主宰として作・演出を手がける。小説家。「幸せ最高ありがとうマジで!」で岸田國士戯曲賞を受賞。著書に「グ、ア、ム」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー101件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

ぬるさよりきつさの方が効く

2011/09/06 08:12

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「小説はストーリーとキャラクターから成る。わかりきった話だ」。第145回芥川賞の選評にそう書いたのは、今回の選考を最後に選考委員を降りる池澤夏樹氏である。
 今回の芥川賞は受賞作なしという残念な結果であったが、それぞれの選考委員の選評を読むとそれもまたやむなしかと思う。では、実際にそうだったのか。
 若手演劇人ですでに才能の萌芽のある本谷由希子の候補作『ぬるい毒』を読んでみた。

 ある日高校時代に借りたお金を返したいと電話をかけてきた男。しかし、「私」には記憶がない。それがきっかけになって、「私」と男向伊の奇妙な交際を描いたのが本作である。
 冒頭の池澤夏樹氏の言葉ではないが、ストーリーはなんとかわからないでもないが、キャラクターが全く理解できないのを小説といえるのだろうか。
 主人公の「私」にしても向伊にしても、はたまた向伊の友人たちもその顔かたち造形が見えてこないのだ。
 のっぺらぼう。
 演劇人の本谷にとって、作中のキャラクターは演じる俳優のものかしらと考えてしまうくらいである。俳優Aが演じたらAの個性が、俳優Bが演じたら主人公はBの個性になるといった具合に。でも、それってどうなんだろう。

 この作品の山田詠美選考委員の選評がふるっている。「この小説に生息するのは、ただのいっちゃってるお姉ちゃん。つき合いきれない」。
 ここまで言われたら作者としてはショックだろう。
 いい評価をつけたのが、宮本輝選考委員。「顕在化しない狂気を感じて、私はいちばん高い点をつけた」とあるが、この作品は変に狂気が顕在化しているから「つき合いきれない」のではないかと思う。
 そして、おそらく川上弘美選考委員の評、「向伊の、どこがそんなに魅力的なのだろう。それさえわかれば、もっとこの小説の中の中まで入りこめたかもしれません」というのが一番的を得ている。

 本谷にとって今回の選考委員の各評はけっして「ぬるい毒」ではなかったはずである。
 きつい毒をどう薬に変えていくか、本谷有希子の闘いは始まったばかりだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本谷有希子ワールド全開

2016/03/29 00:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:daisuke - この投稿者のレビュー一覧を見る

作品の多くが舞台化・映画化されている本谷有希子。その作品の特徴は何と言っても、「狂気を孕んだ女性」だ。本作も主人公の女性が持つ不思議な魅力を中心に物語が展開していく。狂気の中に人間の本質を描く本谷有希子ワールドの真骨頂。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/08/27 17:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/06 23:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/05 01:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/31 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/29 12:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/02 23:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/19 15:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/15 07:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/08 15:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/30 15:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/05 19:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/07 16:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/07 21:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る