サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 原発はなぜ日本にふさわしくないのか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

原発はなぜ日本にふさわしくないのか

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.6
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:19cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-388192-0
  • 国内送料無料

紙の本

原発はなぜ日本にふさわしくないのか

著者 竹田 恒泰 (著)

環境問題の専門家でもある皇統保守の著者が、東日本大震災で再発見した日本人の美しい気質を確認するとともに、原発に関する噓や原発が日本にふさわしくない理由を提示。日本人が進む...

もっと見る

原発はなぜ日本にふさわしくないのか

1,404(税込)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

環境問題の専門家でもある皇統保守の著者が、東日本大震災で再発見した日本人の美しい気質を確認するとともに、原発に関する噓や原発が日本にふさわしくない理由を提示。日本人が進むべき脱原発への道を説く。〔「これが結論!日本人と原発」(2012年刊)に改題,大幅に加筆し再編集〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

竹田 恒泰

略歴
〈竹田恒泰〉昭和50年、旧皇族・竹田家に生まれる。明治天皇の玄孫にあたる。慶應義塾大学法学部卒業。同大学講師(憲法学)・作家。「語られなかった皇族たちの真実」で第15回山本七平賞受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

原発には「愛」がない

2012/02/11 04:45

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆうどう - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「原発断固反対」の書である。著者は、明治天皇の玄孫にして「皇統保守」を自認する国粋主義者である。その超保守派が、原子力発電に断固反対を唱える。曰く、「原発には『愛』がない」から。

 しかし、そんな情緒的な言い方に反して、反対する理由を理路整然と説く。原発推進派の言い分には5つの嘘があり、日本に原発がふさわしくない理由が3つある、というのだ。

 嘘その1……核兵器を持つためには原発が必要。

 嘘その2……原発が止まったら電気が足りなくなる。

 嘘その3……少量の放射線は身体に良い。

 嘘その4……原発のコストは安い。

 嘘その5……二酸化炭素を出さない原発は地球を救う。

 これら原発推進派の言い分に対して、データを駆使し、論理的にその嘘を暴いていく。例えば「その2」、日本から54基(「Fukushima」以降は、51基??)の原発がなくなっても、火力発電などの他の発電施設をフル稼働すれば十分に電力はまかなえるのだという。総電力に占める原発の割合は3割、すなわちそれ以外の発電が7割だ。一方、年間の水力発電の稼働率が2~3割、火力発電が4~5割程度だという。発電設備容量でみても、2009年の統計で、火力と水力の合計が1億8779万キロワットに対して、この年の最大需要は8月7日の1億5913万キロワットだった。つまり、原子力に頼らずとも、2900万キロワットの余裕がある。

 また、日本にふさわしくない理由は次の3つだ。

 理由その1……原発の安全は労働者の死に支えられている。野宿者が放射性物質のぞうきん拭きをやっている。

 理由その2……国土が失われた。福島原発の事故によって、福島第一原子力発電所周辺の土地は半永久的に利用できないだろう。

 理由その3……原子力は神の領域を冒すもの。人間の手に負えない。

 私も原子力発電には反対である。その大きな理由は、現在の科学技術では核廃棄物を無害化できないからだ。将来、科学技術が発達しても、それが可能なるかどうかは分からない。その点に関して楽観視するのは現代を生きる人間のエゴである。

 使用済み核燃料は、「高レベル放射性廃棄物として、最短でも1万年以上、地下水から隔離した状態で保管する必要がある」という(p175)。地中深くに埋めたとしても、収納容器が破損していないか、1万年にわたって監視しなければならないのだ。標準的な100万キロワットの原発1基を80パーセントの稼働率で1年間運転すると、核分裂性ウランが1トン必要になり、30トンの使用済み核燃料(高レベル放射性廃棄物)と、ドラム缶1000本分の低レベル放射性廃棄物が生じるという。日本では、これが約50基分になるわけだ。しかもその量は、原子力発電を続ける限り、年々増え続けることになる。

 これは、子孫にツケを残すことにほかならない。自分たちの世代で解決できない問題を将来の世代に押し付けるというのは、あまりにも無責任ではないか。しかも、この問題を放置しておくと将来世代が住む環境を侵害しかねないのだ。自分たちの快適な生活が、孫子の世代の安全な生活を奪うことになりかねないのである。

 また、今回の福島原発事故の例が示すとおり、近隣諸国も迷惑をこうむる。同様に核廃棄物による環境破壊も、一国内で収まるという保証はない。原発は人類共通の問題である。だから、原発は「日本にふさわしくない」だけでなく、「世界にふさわしくない」のである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/07/31 23:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/17 10:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/23 15:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/26 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/09 19:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る