サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

ブックオフ宅本便ページ修正

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

越前宰相秀康
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.6
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:19cm/377p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-380600-6
  • 国内送料無料

紙の本

越前宰相秀康

著者 梓澤 要 (著)

家康が恐れた息子「秀康」。三人の父を持つ若き武将の短くも波乱の一生。【「BOOK」データベースの商品解説】父・家康に疎まれ、秀吉の養子に出された秀康。関が原の戦いの後に、...

もっと見る

越前宰相秀康

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月23日(水)~
2017年8月29日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

家康が恐れた息子「秀康」。三人の父を持つ若き武将の短くも波乱の一生。【「BOOK」データベースの商品解説】

父・家康に疎まれ、秀吉の養子に出された秀康。関が原の戦いの後に、越前・福井藩の藩祖となり、徳川幕府を支えた男の波乱に満ちた生涯を描く。書き下ろし長編。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

梓澤 要

略歴
〈梓澤要〉1953年静岡県生まれ。明治大学文学部卒。「喜娘」で歴史文学賞を受賞し作家デビュー。他の著書に「ゆすらうめ」「枝豆そら豆」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

疎まれていたのではなく 恐れられていた 徳川家康の息子

2011/07/21 21:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:星落秋風五丈原 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 山田風太郎には、“彼”を主人公に据えた『摸牌試合』『羅妖の秀康』という作品がある。梅毒にやられて鼻がもげてしまったという酷い御面相で、若死にしており、信長の命で殺された信康に次ぐ二男であるにも拘らず、家康に病的なまでに嫌悪されている。ここまで書くと、何とも哀れな、そして滑稽な男である。しかし、本当にそうだったのだろうか?女性作家から見た彼は、豪放磊落な面が強調され、見違えるように魅力的なキャラクターになっていた。そこには、彼の母親・お万の方の描かれ方も影響している。築山殿のお付きでありながら、家康の手がついたため、嫉妬の的となった彼女は家康から離れて家臣・本多家に庇護され出産した。これが通説であるが、本編では、秀康が双子であったとする説を取り、彼女が逃げたのは双子の一方を抹殺せんとする家康の企みから逃れるためであったとした。従来の説から浮かび上がるのは、女の戦いから逃れるか弱い女性であるが、後者の説を取れば、子を守るために果敢に行動する頼もしき女性と映る。そして、そんな女性に育てられた秀康が、単なるお味噌であるはずがないだろうと思わせる。
 彼は最初、羽柴秀吉の養子となり、次に後継ぎのいない結城家の養子となる。都合三人の父を持つことになるが、結城家の父を除けば、実父も秀吉も、息子に対する情愛が薄いように感じられる。情愛を注ぐのみの母に比べ、父親はどうしても敵愾心を持ってしまうものであるが、作者は従来採られてきた【家康の嫌悪説】を恐れゆえに遠ざけたという視点から語り直している。
 上杉景勝や直江兼続、石田三成からも敬愛された秀康は、その後続いた徳川本家を高めんがために、敢えておとしめられたのではないか。本編読了後には、そんな考えすら浮かんできた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/08/21 11:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/05 23:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/16 12:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/25 14:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/20 04:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/16 16:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る