サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

生霊の如き重るもの(講談社ノベルス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 41件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.7
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社ノベルス
  • サイズ:18cm/372p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-182789-9
  • 国内送料無料
新書

紙の本

生霊の如き重るもの (講談社ノベルス)

著者 三津田 信三 (著)

刀城言耶は、大学の先輩・谷生龍之介から、幼い頃疎開していた本宅での出来事を聞かされる。訥々と語られたのは、『生霊』=『ドッペルゲンガー』の謎だった。怪異譚に目がない言耶は...

もっと見る

生霊の如き重るもの (講談社ノベルス)

1,188(税込)

ポイント :11pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

刀城言耶は、大学の先輩・谷生龍之介から、幼い頃疎開していた本宅での出来事を聞かされる。訥々と語られたのは、『生霊』=『ドッペルゲンガー』の謎だった。怪異譚に目がない言耶は、その当時龍之介が見たものが何だったのか、解明を始めるのだが…(「生霊の如き重るもの」)。表題作ほか4編を収録した、刀城言耶シリーズ短編集最新作。【「BOOK」データベースの商品解説】

刀城言耶は、大学の先輩・谷生龍之介から、幼い頃疎開していた本宅での出来事を聞かされる。怪異譚に目がない言耶は、当時龍之介が見たものが何だったのか、解明を始めるのだが…。表題作ほか全5編を収録。刀城言耶シリーズ。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

死霊の如き歩くもの 7−62
天魔の如き跳ぶもの 63−123
屍蠟の如き滴るもの 125−200

著者紹介

三津田 信三

略歴
〈三津田信三〉奈良県出身。編集者を経て、「ホラー作家の棲む家」(「忌館」と改題し講談社文庫)でデビュー。「水魑の如き沈むもの」で第10回本格ミステリ大賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー41件

みんなの評価3.6

評価内訳

2011/10/20 20:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/25 16:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/26 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/01 18:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/06 23:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/16 06:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/05 18:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/04 05:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/26 00:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/21 01:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/14 23:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/10 21:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/16 13:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/26 18:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/02 13:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る