サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ほげちゃん
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 58件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:2011.6
  • 出版社: 偕成社
  • サイズ:25cm/32p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:978-4-03-232370-2
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

ほげちゃん

著者 やぎ たみこ (作)

「あれれ、へんなかお」「そうねえ。カバかしら?」「ほら、ゆう。おともだちだぞ。なまえは…そうだなあ、ほげちゃんっていうのはどうだい?」こうしてかぞくのいちいんになった、ぬ...

もっと見る

ほげちゃん

1,080(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

偕成社のあたらしい超人気絵本セット 8巻セット

  • 税込価格:9,28886pt
  • 発送可能日:1~3日

2012偕成社の新刊絵本 特選セット 12巻セット

  • 税込価格:14,364133pt
  • 発送可能日:購入できません

2012 偕成社の新刊絵本 Bセット 10巻セット

  • 税込価格:12,420115pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「あれれ、へんなかお」「そうねえ。カバかしら?」「ほら、ゆう。おともだちだぞ。なまえは…そうだなあ、ほげちゃんっていうのはどうだい?」こうしてかぞくのいちいんになった、ぬいぐるみのほげちゃん。けれどもあるひ、おいてけぼりにされてしまい—?まっすぐすなおでときどきわるいこ、ほげちゃんはみんなのおともだち!3歳から。【「BOOK」データベースの商品解説】

ぬいぐるみのほげちゃんは、小さなゆうちゃんといつも一緒なので汚れ放題。そのせいでおでかけの日にも置いてけぼりに。怒ったほげちゃんは…。裏表紙見返しに「カンタンほげちゃん」の作り方付き。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

やぎ たみこ

略歴
〈やぎたみこ〉兵庫県生まれ。武蔵野美術短期大学卒。イラストレーターのかたわら絵本を学び、第27回講談社絵本新人賞佳作を受賞後、「くうたん」でデビュー。ほかの絵本に「おはぎちゃん」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

今までの絵本とは一味...

ジュンク堂

今までの絵本とは一味違う。
我慢強いぬいぐるみだって我慢の限界があるんです。
身の周りのものを大切にしてあげないと、ほげちゃんみたいに・・・!?

書店員レビュー

ジュンク堂書店京都店

おとうさんが名前をつ...

ジュンク堂書店京都店さん

おとうさんが名前をつけた ほげちゃん。ぬいぐるみで、いつも女の子の手元で引っ張られてる。小さい子は、お気に入りは、どこに行っても連れていくし、ほげちゃんは、汚れに汚れてしまう。ある日、家族のみんなが出かけ、ほげちゃんの自由時間になる。そしたら、たれ目のほげちゃんが、つり上がった目になってるし、家をぐちゃぐちゃにすると言って、あばれだそうとするけれど・・・・
 型紙もついてるのでほげちゃんが、作れますよ。私も作っちゃった大小2つも
                児童書担当 高木

ジュンク堂書店秋田店

クマなのにカバに似て...

ジュンク堂書店秋田店さん

クマなのにカバに似ているブサイクな水色のぬいぐるみ、ほげちゃんのお話です。

ある日、おじさんからゆうちゃんの家にぬいぐるみが届きました。「変な顔だなぁ」「カバなんてゆうちゃん気にいるかしら」「ほげちゃんっていうのはどうだい?」家族の一員としてゆうちゃんのお気に入りとなったほげちゃんですが、踏まれたり汚されたり味見をされたり、毎日やられ放題。ある日、汚れていることを理由にお出かけに連れて行ってもらえなくておいてきぼりにされてしまいます。ほげちゃんは今までのうっぷんが溜まりに溜まりとうとう爆発‼「ゆるせなーーい!」
どうなるほげちゃん⁈

表紙とタイトルだけでもかなり強烈で、ツボにはまってしまう人も多いはず。最後に洗濯バサミで干されてるほげちゃんの姿を見ると、こっちまでスッキリした気分になります。

おまけでほげちゃんが作れる型紙がついているのもポイントです。

(児童書担当)

ジュンク堂書店池袋本店

ゆうちゃんの家に、お...

ジュンク堂書店池袋本店さん

ゆうちゃんの家に、おじさんから荷物が届きました。中には、変な顔をしたぬいぐるみが入っています。「ほげちゃん」と名付けられたぬいぐるみをゆうちゃんはとても気に入り、いつでも一緒です。でも、ほげちゃんにだって、色々と思うところはあるのです。
家族でおでかけするある日、ほげちゃんは猫のムウとお留守番をすることになってしまいました。ここで、ほげちゃんの日頃の鬱憤が大爆発してしまいます。ムウは、突如変貌したほげちゃんに驚愕、しつつ跡をつけます。
やぎたみこさんらしい、温かい色遣いと隅々まで書き込まれた絵に、何度読んでも飽きません。猫好きの方には、ムウの表情もたまらないでしょう。家の中の描写、庭の風景の描き方から、やぎさんの生活者としての側面が見えてくるようです。むしろ、そこに立脚しているからこそできる描写、絵本なのだと思います。その意味で、芯が強い絵本であると感じます。
ともあれ、この「ほげちゃん」という名の快男児の活躍(?)をお楽しみください。
私は、ほげちゃんが最後につぶやいた一言に「ほげちゃん、よかったね」と、つい声をかけてあげたくなりました。

児童書担当 折原

みんなのレビュー58件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

子どもたちに大ウケ

2013/11/13 00:29

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あんず86 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ずっと気になってて…やっと読んだ。
確かにこれは子どもたちに大ウケでしょう。
来年、うちの小学校に入れたい!

以前、子どもの本の閲覧会にほげちゃんのぬいぐるみ作って
持参してる方がいらしたが、手作りだったのか。
型紙ついてるし、手芸得意な方はできちゃうね〜羨ましい。

その後、読み聞かせしたら、大ウケでした!!

とくに、ほげちゃんが家をめちゃくちゃにしてやるうー!!と、家中のものをひっくりかえし、
冷蔵庫まで手をかけたところ、ケチャップが!!の場面では大笑い、
自業自得や~~などという声も聞こえてきました。

終わりまで読んで、本を閉じようとしたら、目に入ってきたのは写真にうつったぬいぐるみのほげちゃん。
あ!っという声があがり、もう一回みせて!!と。
奥付に、ほげちゃんの写真が貼り付けてあったのです。
(県立図書館の配慮ありがとう!)
なので、ここにほげちゃんの型紙が載っているので、作ることもできるんだよ、
と宣伝。

楽しんでくれてよかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ほげちゃんの顔がおもしろい。

2015/11/01 15:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ゆうちゃんのもとに届けられたぬいぐるみの「ほげちゃん」。本文に「へんなぬいぐるみ」とあるように、ユーモラスな顔の水色のぬいぐるみ。かばらしいが、それもよくわからないくらい。でもそんなことは関係ない。子どもにとってお気に入りのぬいぐるみになるかどうかはフィーリングの問題だ。
ほげちゃんがとっても気に入ったゆうちゃんはいつでもどこでも持ち歩き、ほげちゃんはすっかり汚れてしまう…と、ここまでで終われば当たり前のぬいぐるみの絵本。
ストーリーはその後一気にはじける。「きたないから」という理由でお出かけに置いて行かれたほげちゃんが一気に怒りを爆発させるのだ(かばではなくくまのぬいぐるみ、という衝撃の事実も明らかになる)。日頃のうっぷんを晴らすべく、ものをひっくり返したり汚したり、やりたい放題のほげちゃんの姿は、怒っているのにどうにも愛らしい。ほげちゃんの顔、特に目に注目。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

かば?

2016/01/29 00:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

かば?と思ってしまうぬいぐるみのほげちゃん。
家族たちへの不満が爆発しおおあばれ!
でもにくめない。
おもしろい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ファンタジー

2016/03/22 21:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:honyomi - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初は普通の人形かな?と思ったら、
いきなり動き出したのでびっくりしました。
カバだと誤解されてますが、クマのようです。
日頃のウップンを晴らすべく、暴れますが、
最後はなんとなくスッキリしたようです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

感想

2016/06/07 14:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

ほげちゃんが可愛いぬいぐるみではないのに、しっかりと愛されているところが良かった。なぜ「ほげ」なのか気になった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ほげちゃんの作り方付き

2016/08/19 06:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:岸田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

トイストーリーみたいに留守中にほげちゃんが大暴れします。
たまにはぬいぐるみを洗ってあげようという気になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/07/18 05:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/20 21:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/17 21:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/31 14:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/25 16:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/30 14:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/12 17:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/04 00:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/15 20:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

絵本 ランキング

絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む