サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 刀伊入寇 藤原隆家の闘い

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

刀伊入寇 藤原隆家の闘い
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.6
  • 出版社: 実業之日本社
  • サイズ:20cm/333p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-408-53589-0
  • 国内送料無料

紙の本

刀伊入寇 藤原隆家の闘い

著者 葉室 麟 (著)

かつてなき国難“刀伊入寇”に立ち向かった貴族、その名は藤原隆家。「刀伊」と呼ばれる異民族が海の向こうから攻めてきた。心に荒ぶるものを抱いた朝廷の貴公子・隆家に陰陽師・安倍...

もっと見る

刀伊入寇 藤原隆家の闘い

1,728(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

かつてなき国難“刀伊入寇”に立ち向かった貴族、その名は藤原隆家。「刀伊」と呼ばれる異民族が海の向こうから攻めてきた。心に荒ぶるものを抱いた朝廷の貴公子・隆家に陰陽師・安倍晴明は告げた。「あなた様が勝たねば、この国は滅びます」注目の著者が史実を基に織り上げた壮大なる時代絵巻。【「BOOK」データベースの商品解説】

「刀伊」と呼ばれる異民族が海の向こうから攻めてきた。心に荒ぶるものを抱いた朝廷の貴公子・藤原隆家は、かつてなき国難に立ち向かい…。史実を基に織り上げた時代絵巻。『月刊ジェイ・ノベル』連載に加筆修正して単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

葉室 麟

略歴
〈葉室麟〉1951年北九州市生まれ。西南学院大学卒業。地方紙記者などを経て「乾山晩愁」で歴史文学賞を受賞し作家デビュー。「銀漢の賦」で松本清張賞を受賞。ほかの著書に「橘花抄」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

光源氏のモデルとなった貴族は 日本で初めて外敵を撃退した男だった

2011/07/01 13:58

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:星落秋風五丈原 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 皆さんは、タイトルを一瞥して、「また随分と難しい、なじみのない言葉ばかりが並んでいる」とは思わなかったろうか?本書を読んで初めて知ったが、日本に外敵が攻めてきたのは元寇よりはるか昔、まだ武士も台頭せず、貴族達が閨閥政治にうつつを抜かしていた平安の頃だった。大宰府なるものがあるにはあったが、没落した貴族の左遷先のような扱いで、本当の意味で防衛機能があったとは思えない。その時大宰府にいたのは藤原隆家。彼もまた、没落貴族の末路としてこの場にいた。しかし他人と異なるのは、予言により「あなた様が勝たねば、この国は滅びます」と言われたこと。つまり、左遷も一族の没落も、全ては異国と戦うがための伏線であったに過ぎない、という考えであり斬新だ。
 彼は時の関白藤原道隆の次男だったが、父の死後、伯父道長の台頭により失脚する。かてて加えて彼の兄・伊周は、自分の恋人の所に花山院が通っていると勘違いして矢を射かけてしまうのだ。こうした失態ばかりが強調されているが、藤原隆家を調べてみると、元寇の時のような嵐に頼ることなく刀伊を撃退しており、貴族にありながら貴族らしからぬ武張った男であったことが窺える。そんな彼にわざわざ近づいて子を生み、やがて敵対させるという女性の心理はなかなか複雑で本書を読んでもすんなりとは納得できないが、ともあれ隆家の徹底したゴーイング・マイウェイぶりは小気味良い。時の権力者・道長に媚びることなく、閨閥に頼ることなく、己の力によってのみ立つ。そんな生き方は、もう少し時代が下って平清盛の時代に生まれていれば、彼の人生は違うものになっていたのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/04 22:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/17 16:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/15 12:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/10 14:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/06 18:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/30 10:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/13 01:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/28 17:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/04 12:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/13 17:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/18 09:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/12 12:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る