サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 小学館
  6. 「孤独の力」を抱きしめて

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「孤独の力」を抱きしめて

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.6
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:19cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-388185-2
  • 国内送料無料

紙の本

「孤独の力」を抱きしめて

著者 落合 恵子 (著)

誰かと柔らかくつながるためにも、まずは孤独を抱きしめよう。すると「孤独の力」が湧いてくる…。孤独の「負の側面」ではなく、内面を耕し新しい酸素を鋤き込み深める力に光を当てて...

もっと見る

「孤独の力」を抱きしめて

1,440(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

誰かと柔らかくつながるためにも、まずは孤独を抱きしめよう。すると「孤独の力」が湧いてくる…。孤独の「負の側面」ではなく、内面を耕し新しい酸素を鋤き込み深める力に光を当てて、「ひとりの時間」を明るく考える。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

落合 恵子

略歴
〈落合恵子〉1945年栃木県生まれ。作家。子どもの本の専門店「クレヨンハウス」と女性の本の専門店「ミズ・クレヨンハウス」、オーガニック市場やレストランなどを主宰。著書に「人生案内」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

自分をつくりあげているおおもとと向き合うために

2011/08/30 08:20

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 男であるとか女であるとか、そういう性に関することでどれだけの違いがあるのかと思わないでもないが、先日TVで「あなたは行列に並びますか」といった調査をしていてこれは圧倒的に女性の方が並ぶと答えていた。男性は並ぶことを嫌う。そういう俗的な視点でとらえるべきではないかもしれないが、どんなに頑張っても男性と女性とは違う性なのだ。
 孤独に対処する仕方にだって性差はあるような気がする。それは夫婦のうちで夫が先に死別する場合と妻が先に死別する場合でみても、なんとなく男性が残された場合の方が弱いように思われる。
 多くの文学者が妻の死を描いているが、その多くは未練たっぷりだ。一方女性はというと、夫の死をなんとか乗り越えようという強さを感じる。
 それは孤独に対する強さというのではないかもしれない。むしろ、依存度の問題である。どれほど自律している高名な作家であってもそうなのだ。翻れば、私などどこまで耐えきれるだろう。

 落合恵子さんは七年に及ぶ在宅介護の末に母親を亡くされた。落合さんと母親の関係はその文章の中からしか窺い知れないが、母親の死後「心にぽっかりあいてしまった深い洞を埋めることができず、夜ひとりになると、泣いてばかりいた」。母親を亡くして、何度季節が巡ってこようと「母を想い、喪失の悲しみにしゃがみ込みたくなる」という。
 そんな落合さんであるが、「それでいい」と思い始める。「喪失の悲しみは飛び越えるべき溝ではなく、痛みも含め丸ごと抱えて生きていくものではないだろうか」と。
 「孤独」に対する考え方も同じだ。
 落合さんは「孤独」はけっして「負の記号」ではないという。そして、「孤独とまっすぐに向かい合ってみよう」とすすめる。
 「孤独」はさみしいのではない。むしろ、自身とじかに向かい合う時間だとすれば、けっして忌み嫌うものではないはずだ。

 男性と女性とではどちらが「孤独」に対して強いのか。それはむしろ性差の問題ではなく、個人の生きる姿勢であろう。
 落合さんの考えに強くひかれる女性もいれば男性もいる。落合さんのように強くはなれないという女性もいれば、そっぽを向く男性にいるに違いない。
 落合さんは最後に「あなたをつくりあげているおおもと 核そのものに/あらためて 触れるために/孤独とつきあってみませんか」と書いている。
 まったく同感である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/02/05 15:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る