サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

	ブックオフ宅本便ページ修正

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 和本への招待 日本人と書物の歴史

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

和本への招待 日本人と書物の歴史(角川選書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.6
  • 出版社: 角川学芸出版
  • レーベル: 角川選書
  • サイズ:19cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-703492-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

和本への招待 日本人と書物の歴史 (角川選書)

著者 橋口 侯之介 (著)

1300年の歴史をもつ「和本」には、日本人の知恵、技術、美意識や読書熱がたっぷりと内包されている。素材や綴り方、写本の手法、本屋の仕事など、和本にまつわる歴史をたどり、日...

もっと見る

和本への招待 日本人と書物の歴史 (角川選書)

1,728(税込)

和本への招待 日本人と書物の歴史

1,382 (税込)

和本への招待 日本人と書物の歴史

ポイント :12pt / 紙の本より346おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1300年の歴史をもつ「和本」には、日本人の知恵、技術、美意識や読書熱がたっぷりと内包されている。素材や綴り方、写本の手法、本屋の仕事など、和本にまつわる歴史をたどり、日本独自の豊饒な文化を一望する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

橋口 侯之介

略歴
〈橋口侯之介〉1947年東京都生まれ。上智大学文学部卒業。誠心堂書店店主。成蹊大学大学院文学研究科、上智大学文学部史学科非常勤講師などを務める。著書に「和本入門」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

いまから千年後の世界、現代の本はどれだけ残るだろう?そして千年後の人々が感動する本はあるだろうか?

2011/09/13 15:19

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:辰巳屋カルダモン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『更級日記』を読んで、フト、思った。「なぜ千年前の日記が今、読めるのだろう?」著者の菅原孝標女は身分が高いわけでも有名人でもなく、ごく普通の女性だったのに。
学生のころ、授業で古典を「読まされて」いたころには思い浮かばなかった疑問。自分でもこの思いつきが愉快で調べてみようと思い立った。出会ったのが本書だ。

 和本の歴史は1200年以上に及ぶという。
中国や朝鮮渡来の技術を取り入れつつ、明治の活版印刷が始まるまで、独自の発展をしてきた。
本書は、成り立ち、装訂法や印刷術、扱われる題材の変化、流通と本屋業の歴史など、和本にまつわるあらゆる分野を網羅する。
著者自身が書店経営をされているからか、現代の読者の立場からの和本への尽きない興味、という視点が貫かれており、いたずらに専門性に走ることなく実にわかりやすい。

 冒頭の疑問にもさっそく答えてくれる。
「書物中興の祖」とされる13世紀初頭の藤原定家の業績が大きい。平安期のたくさんの物語、日記の写本の整理を行い原本に近い善本を残そうとした。すべて手書きで写していた当時、中にはいい加減な写本もあったのだ。

「定家の子孫はこれを原本として、内容も装訂もそのままに、何代にもわたって書写することを仕事にしてきた。物語の書名も定家の示した呼称が伝えられ、以後固定化されていく。古典文学の書籍が残るというのは、そういう地道な仕事が継承されたということである。(中略)物語のような草子(冊子)を後世に残すべき「古典」であると認識させたのもこのときであろう。古典が正式に〈書物〉の仲間入りをしたのだ」(69-70頁)

 読んでいて思わず胸が熱くなった。
『更級日記』も、それ以外の古典も、このときに残されるべき良書と認められた。よかった。
内容だけではなく、装訂をそのまま伝えた点も重要だと著者は語る。華美ではないが雅な文化、当時の美意識が丸ごとタイムカプセルのように伝わることとなった。
定家の子孫の冷泉家は、一子相伝で、この伝統を守ったという。

 江戸時代に入ると読書が大衆化し、和本を取り巻く環境は劇的に変化する。
今に残る膨大な和本や京都の本屋の日記から、明らかになる出版、流通、小売りのシステムは高度で複雑だ。そっくり真似た偽物や類似品など悪質なものを排除するため、現在の著作権管理事業と同じようなことをしていたというから驚く。

 16世紀末にもたらされた「活字」が日本では発展しなかった理由が興味深い。
26文字のアルファベット表記に適していた活字は、漢字やひらがな含め数千字を要する日本語には不向きだった。
また当時の仮名書きは一字ずつ独立した字ではなく、文節ごとにつなげる「連綿体」だった。「ごとし」だと「ご」「と」「し」の3字があればよいのではなく「ごとし」の活字を別に作らなくてはならない。膨大な手間である。
技術的な未熟もあり、活字は一時的にしか広まらずページ全部を一枚の木版にする「整版」に戻ったという。
ただ判読できればよいのではなく、当時の人々は字体の美しさ、雅やかさを求めた。
明治になってやっと活字が一般化した日本は西洋より遅れていたと考えてしまいがちだが、そこには活字の利便性をあえて選ばなかった特有の美意識があったのだ。あっぱれ!である。

 全体を通じて印象的なのは、「本はお預かりもの」という意識が時代問わず常にあり、後世に残すことを第一にしていたという点だ。
著者は「読書観」「書物観」ということばで表しているが、日本人と本との深いつながりとそこから立ちのぼる高い精神性が見えてくる。今後は先人の行跡に敬意をいだきつつ、古典を読むことになろう。本書に出会えたことを心から幸せに思う。

現代の本を取り巻く環境はすっかり様変わりした。千年後の読者を魅了する本はあるだろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/06/20 23:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/20 23:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る