サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0818-22)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 趣味・ホビー
  4. よくわかる振り飛車穴熊

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

よくわかる振り飛車穴熊
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.5
  • 出版社: 毎日コミュニケーションズ
  • サイズ:19cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8399-3895-6
  • 国内送料無料

紙の本

よくわかる振り飛車穴熊 (マイコミ将棋BOOKS)

著者 佐藤 和俊 (著)

急戦されても大丈夫? 囲った後はどうするの? 振り飛車の狙いは? 初段前後の人に向け、四間飛車穴熊と三間飛車穴熊の指し方を、戦型ごとに豊富な図面で丁寧に説明。巻末には終盤...

もっと見る

よくわかる振り飛車穴熊 (マイコミ将棋BOOKS)

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

急戦されても大丈夫? 囲った後はどうするの? 振り飛車の狙いは? 初段前後の人に向け、四間飛車穴熊と三間飛車穴熊の指し方を、戦型ごとに豊富な図面で丁寧に説明。巻末には終盤講座も収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

長く使える1冊

2011/06/30 21:34

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ココちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

級位者の方向けにスタートした「よくわかる」シリーズ第2弾は振り飛車穴熊がテーマでした。
「級位者のうちは穴熊を指してはいけない、上達が遅くなる」といった意見もありますが、
玉が堅く、常に似た形を目指せる振り飛車穴熊はアマにも扱いやすいでしょう。
それでもアマでも大流行とはならないのは、いくつかの壁があるからですが、
広瀬王位がそれらの解説をされた「四間飛車穴熊の急所」を出版されましたが、難解なものでした。
本書では本筋の変化を中心に、わかりやすく狙い筋と急所が解説されています。
なお居飛車の作戦ごとに星の数で難易度がわかるようになっていますが、
当然ながら選ぶのは相手なので最終的にはすべて押さえる必要があります(笑)。

第1章は四間飛車穴熊です。すべて▲四間飛車穴熊で講座が進みます。
最初に「対居玉棒銀」という初心者戦法の対策が解説されるのが「よくわかる」らしい良い点です。
常識外の戦法ではありますが、きちんと対処せずに穴熊に囲おうとすると潰されます。
ツブレの順も解説されていて初心者にありがちなミスにも、注意が払われていると感じました。
振り飛車全般で基本となる反撃筋が2つ紹介されますが、
まずは狙われている角を捌くこと、うまく居玉をとがめること、玉形の差から駒損を恐れず強気に動くこと、
大事なことがわかりやすく伝えられ級位者を意識しながらも手順にはウソのない良い解説になっています。

次は「対急戦」で居飛車舟囲いからの棒銀と斜め棒銀がテーマです。
今度は居飛車も玉が堅いですが振り飛車はさらに堅い穴熊に囲えるので、その差を活かします。
級位者向けらしく、銀を五段目まで進出させてしまう一番まずい形への注意が何度もされています。
また優勢な局面からどう進めるのが良いかもきちんと書かれています。
ただし「対急戦」編は、それなりに難しい対応も必要になっており、最初級位者は苦労するかもしれません。
しかしウソ手順で四間飛車穴熊良しとされても、いざ実戦で困るようでは本が役に立ちませんから、
佐藤和五段は頑張ってついてきてほしいと考えられたのでしょう、そしてその方針は正しいと思います。

以下は持久戦に分類される「対玉頭位取り」「対銀冠」「相穴熊」「対矢倉」です。
それぞれの作戦に対する注意点と四間飛車穴熊の狙い筋が、わかりやすく解説されます。
解説の難しい持久戦なので級位者向けの本書では、細かい変化は少なめになっていますが、
「対銀冠」と「相穴熊」では最新形の紹介もなされているため、
「対急戦」編同様に難しいですが、級位者卒業後も使える本になっています。
四間飛車穴熊に相性の悪い「対玉頭位取り」「対矢倉」も解説するのが本書らしい良い点ですね。
不利といわれる居飛車側にも狙いはあるので、無策に進めてはいけません(笑)。

第2章は三間飛車穴熊です。
三間飛車穴熊を扱った本はとても少ないので、この章をぜひ読んでみたくて購入しました。
「対急戦」は、四間飛車穴熊と違い角頭の強い三間飛車穴熊への別の急戦が解説されます。
「四間飛車に対しての急戦よりも神経を使う侮れない作戦」とのことで、注意が必要です。
急戦への対処だけでなく、振り飛車穴熊定番の3筋からの逆襲が載っているのが嬉しい点です。

「対持久戦」は(左美濃・相穴熊)です。
あまり定跡化されていない戦型でもあり、狙うべき方針・駒組を中心に解説されます。
三間飛車ならではの石田流への組み換えや▲5七銀からの▲4六銀・▲6六銀の使い分けが詳しいです。
なお相手の出方次第でどの作戦を選ぶべきかについては、
例えば石田流では「欲張った指し方ながら積極的で、組めたときのメリットは大きい」のように、
わかりやすく伝えられています。
なお「対持久戦」(後手番用作戦)として矢倉流中飛車を応用した作戦も紹介されています。
プロ的で難解なこの作戦は「西川流振り飛車 居飛車穴熊破り」が詳しいです。

「石田流」編は今までと違い角道を止めない振り飛車になります。
当然注意すべき点は増えますが、石田流+穴熊に組めればかなりの好形となります。
成功例だけでなく、美濃囲いで妥協すべき場合も解説されているのが本書らしく、親切なつくりです。

第3章は穴熊の終盤講座で基本から難解な佐藤和五段の実戦まで、穴熊を活かす指し方を解説。
初心者の方はこの章を先に読んでおく方が良いかもしれません。

全体の印象は「すべてを読みこなすのは級位者には結構難しいのではないかな」というもので、
「よくわかる」であって「すぐわかる」ではないと感じました。
初歩中の初歩からわかりやすく解説されていますが、プロレベルの最新型にもふれられていますので。
その分有段者の方にもためになる内容になっていますし、級位者の方は長く愛用できるともいえます。
本書は、類書の少ない振り飛車穴熊の入門書&指南書として、かなり良い出来だといえるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

将棋 ランキング

将棋のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む