サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 本番力 本番に強い人が必ずやっている26の習慣

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

本番力 本番に強い人が必ずやっている26の習慣
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 39件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.6
  • 出版社: ポプラ社
  • サイズ:19cm/181p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-591-12393-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

本番力 本番に強い人が必ずやっている26の習慣

著者 和田 裕美 (著)

極度の人見知りだった著者は、なぜ、フルコミッション営業で「世界No.2」となり、数千人を前に何時間でも話せるようになったのか? 実際に試して効果があった、本番力が身に付く...

もっと見る

本番力 本番に強い人が必ずやっている26の習慣

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

本番力 本番に強い人が必ずやっている26の習慣

1,404 (税込)

本番力 本番に強い人が必ずやっている26の習慣

ポイント :13pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

極度の人見知りだった著者は、なぜ、フルコミッション営業で「世界No.2」となり、数千人を前に何時間でも話せるようになったのか? 実際に試して効果があった、本番力が身に付く26の習慣を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

和田 裕美

略歴
〈和田裕美〉株式会社ペリエを設立。営業コンサルタントとして多業種での営業組織作りに携わる。著書に「息を吸って吐くように目標達成できる本」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー39件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

必要なのは「場数」と「陽転思考」。

2011/08/24 08:14

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のちもち - この投稿者のレビュー一覧を見る

ご本人が実施されているセミナーなど、「知らない人の前で話す」本番で、いかに力を出すか、出し切るか、という秘訣を集めた内容です。(以前は何度かありましたが)自分にとってこのような「場」は今現在はあまり出会うことはないのですが、通常の業務の中でも、或いは家族に対しても、考えてみれば「相手があって、伝えたいことがあって」という常に「本番」なわけですよね。
和田さんの本は4冊目ですが、「自分はそんなことできない人間」であって、それを乗り越えて今に至る、という話のベースはあまり変わりません。そして、その内容が(自分にとって)非常に分かりやすく、伝わってくる、という書き方も。これって素晴らしいことですよね。もちろん意識はされているのでしょうけれども、本書の中で書かれていたように、「準備」を、仮に無駄になったとしても十分に整えて、そして「相手の気持ちを考えて」話す、という姿勢が、本の書き方にも自然に現れてくるのだと思います。さらっと「自分の苦労時代」の話もされますが、それを乗り越えて今がある、という流れですが、乗り越えたのは、並大抵の努力ではなかったはずです。陽転思考、つまりひとつの物事でも二つの側面から見る、という著者の考え方の根っこにあるものも、「そうだね」といって身につくものではない、これも試行錯誤、努力と継続のたまもの、ということを感じます。
本書のテーマ「本番力」でいえば、「本番の自分」という箇所に「同意」を持ちました。どんな場面でも通常の自分を出す、ではなくて、アガる、緊張する自分も間違いなく自分であって、その緊張感を持った自分を(いつもと違う自分、と思わずに)受け入れて、そこで最大限のパフォーマンスを出す、そんな考え方。緊張していて自分の力を出せなかった、ではなくて、緊張していても十分力をだすように、そんな考えで、努力、準備を怠らない、そんな考えだと思われます。
副題に「~本番に強い人は必ずやっている26の習慣」とあります。最近(はやり?)この手のTIP集が多く、著者自身も初めての手法ではないはずで、多少新鮮味がない印象はありますが...著者の場合は「テクニック」というよりは、意識ひとつでできる「TIP」という側面が多く、またご自身で実行されてきたことでもあるので、そこいらのコンサル先生の言うことよりは現実的で説得力もあります。
同年代として尊敬できる方ですね。その根底にあるものは「人への思い」であることを本書で改めて感じましたです。

【ことば】自分に嘘をつかず、人が見ていないところでこそ努力する。

深い、です。そして難しい、です。でも「生きていく」のは、こんなことをできること、なんだと思う。「人が見ていないところで」、大きな意味で「(直接の)見返りを求めずに」と解釈すれば、すなわちこれは「愛」ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/06/17 15:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/18 12:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/21 09:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/30 05:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/04 01:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/23 20:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/22 19:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/06 22:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/03 19:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/28 13:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/24 10:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/19 22:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/23 12:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/01 19:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ビジネス実務・自己啓発 ランキング

ビジネス実務・自己啓発のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む