サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論(集英社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 168件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.6
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社新書
  • サイズ:18cm/237p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-720595-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書)

著者 荒木 飛呂彦 (著)

著者がこよなく愛するホラー作品の数々は、「ジョジョの奇妙な冒険」など本人の作品にも大きな影響を与えている。自身の創作との関係も交えながら、作家、絵描きの視点から作品を分析...

もっと見る

荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書)

821(税込)

荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論【帯カラーイラスト付】

734 (税込)

荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論【帯カラーイラスト付】

ポイント :6pt / 紙の本より87おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

著者がこよなく愛するホラー作品の数々は、「ジョジョの奇妙な冒険」など本人の作品にも大きな影響を与えている。自身の創作との関係も交えながら、作家、絵描きの視点から作品を分析し、独自のホラー映画論を展開する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

荒木 飛呂彦

略歴
〈荒木飛呂彦〉1960年生まれ。宮城県出身。仙台デザイン専門学校卒業。80年「武装ポーカー」で『少年ジャンプ』デビュー。作品に「ジョジョの奇妙な冒険」「魔少年ビーティー」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店福岡店

ホラー映画には癒しが...

ジュンク堂書店福岡店さん

ホラー映画には癒しがある。
という荒木氏の考えに、なるほどと思う。
元気いっぱい、というときよりも、少し疲れた時やストレスがたまったときほど、私も不思議とホラー映画がみたくなるからだ。

ゾンビ映画/「田舎に行ったら襲われた」系ホラー/ビザール殺人鬼映画/
スティーブン・キング・オブ・ホラー/SFホラー/アニマルホラー/
構築系ホラー/不条理ホラー/悪魔・怨霊ホラー/

このように分類されて紹介されたホラー映画の中には、一つくらいはきっとご存じのものがあるのではないだろうか。
荒木氏は敬愛するホラー映画から様々なことを学び、そしてそれを漫画に活かしている。
読了したあとは、ホラー映画をみたくなることまちがいない。

文庫・新書担当 弥益

みんなのレビュー168件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

荒木先生おすすめのホラー映画を知れる

2015/08/19 16:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オキシジェン - この投稿者のレビュー一覧を見る

ジョジョの荒木飛呂彦さんがおすすめするホラー映画の紹介があり、
ホラー映画の楽しみ方もわかる面白い著書です。
ジョジョの作品にどのように影響を与えているかも少しわかり、面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これらを観て

2017/07/31 19:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

ジョジョのような奇想に満ちた作品が生まれたのか…。初心者にもわかり易くホラー映画映画を解説した入門書。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

死を思え、恐怖を思え

2011/06/26 13:24

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:muneyuki - この投稿者のレビュー一覧を見る

『ジョジョ』で有名な荒木飛呂彦が、自身の好きなホラー映画について語りまくる本です。
僕も以前ビデオ屋で働いていたのでそこそこ映画は見てたつもりでしたが、
まだまだこんなに必見のホラー映画があるなんて、と絶句。

本書、まえがきからの引用です。

"ホラー映画が描いているのは人間にとってのもうひとつの真実、キレイでないほうの真実だということです。ですから優れたホラー映画は、現実や人間の暗黒面を描いた芸術表現にさえなりうるのです。(中略)恐怖を通して、現実世界の不安からひと時の解放をもたらしてくれるのがホラー映画です。"

ホラー映画の恐怖を相対化出来るようになれば、現実の恐怖や不安すら相対化出来るようになるのだから、ホラー映画はある種「癒し映画」とも言えるんだよ!
ということみたいです。その発想は無かった。

10章仕立てで荒木先生の好きなホラー映画がカテゴライズされ、
それぞれの映画、それぞれのカテゴライズについて様々な言及が為されていきます。

荒木先生の映画紹介文・評文は読者に「観てみたい!」と思わせる、レビューのお手本のような文章です。
ネタばれを行う事無く、何故自分がこの映画を紹介するのか、という問題意識・興味がきっちり説明されています。
まぁ『シックス・センス』の核心に触れてる部分もありますが、荒木先生も「ヒット映画だし、未見の人はこっから飛ばして!」とおっしゃってるので気にせぬよう。

また、荒木先生の問題意識が至る所で表れてくる為、
ジョジョの読者なら「あのシーンはこういう意図があったのか」とニヤリと出来るポイント満載です。

ホラーのヒロインの理想像、「ホラークィーン」について述べる部分。

"・やや暗い性格。心に傷を負っている
・キビキビと動ける反射神経の持ち主。トロくない
・カワイイけどSEXYではない。清潔感がある。エロくてはいけない
・アスリートのような引き締まった筋肉質の体。けれどマッチョではない
・恐怖を克服する強い意志の持ち主。恐怖に固まったりしない"

ジョジョ読者の方は、ジョジョにおける女性戦闘員、女性スタンド保持者を思い浮かべて下さい。
そして、上リストを読み返して下さい。
なるほど。

キングの『ドリームキャッチャー』について述べる部分。

"トイレというのは見方によっては恐ろしい場所で、便器に血が付いたりすると「どんな病気なんだ!?」と青ざめることもある。つまり日常生活において体の異変に最初に気づく、生々しい場所でもあります。"

ポルポル君が、便器を舐めさせられそうになった部分は非常に怖かったですね。

この本で紹介されるのは「一般的なホラー映画」に限らず、荒木先生が「恐怖を感じさせる映画」としてカテゴライズしたものも多く含まれています。
ホラー映画から漂う香り、死・恐怖・不安。
荒木先生がおっしゃるように、これらは美や楽しさといったポジティブなモノの裏側にあり、生と不可分なもの。
ホラー映画についてただ馬鹿馬鹿しいもの、怖いものと考えるのではなく、様々に思考を凝らす事は決して無意味ではありません。本書は単なる荒木飛呂彦のファンブックでは全く無く、映画について、恐怖について考えるきっかけとなる、本として非常に面白い本です。

「ジョジョは好きだけど、別に活字はなぁー…」
「ホラー映画は好きだけどジョジョ読んだこと無いしなぁー…」
と買うのを躊躇されている方、
本屋で見かけたら安心してWRYYYYYY!!!っとレジに叩き込んで下さい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「癒し」の映画

2011/06/26 23:54

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Tucker - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ワンピース」をネタにした「ONE PIECE STRONG WORDS(上下巻)」は、かなり売れているらしい。
「こち亀」の秋本治の「両さんと歩く下町」も同じ集英社新書から出ている。そして、荒木飛呂彦の書いた本書も出版された。

「ジャンプの人気漫画家に本を書かせよう」シリーズが始まったのだろうか。

尾田栄一郎・秋本治・荒木飛呂彦に本を書かせれば、ネームバリューだけでもヒット間違いなし、と思ったかどうかさだかではない。
「流行りモノは、とりあえずスルー」がポリシーだったが、「荒木飛呂彦」の名前にひっかかってしまった。

3人を「陰」と「陽」に区別するとしたら、荒木飛呂彦は「陰」で他の二人は「陽」に分類できるだろう。
暗くて狭い所が大好きなので、荒木飛呂彦の本に惹かれ、本書を手に取った、と言えば聞こえはいい(?)かもしれないが、集英社の思う壺にハマッただけとも言える。


荒木飛呂彦はホラー映画が好き、というのは知らなかったが、さもありなん、という感じがする。
「ジョジョの奇妙な冒険」は3部までは読んでいたが、1・2部は「吸血鬼」「ゾンビ」などがモロに出てくるし、3部はいろいろな映画を下敷きにした話が多かったからだ。

ちなみに荒木飛呂彦と聞けば、多くの人は「ジョジョの奇妙な冒険」を思い浮かべるだろうが、個人的には「バオー来訪者」が一番好きだった。
そういえば、こちらも「恐怖」を扱っていた。

ホラーと言えば、ゾンビや幽霊、殺人鬼がお約束で、それらが登場する映画も数多く紹介されているが、それだけではない。

著者の考えるホラー映画は
「見る人が恐怖するしかないような状況を描く映画、それを目的として救いのない状況を突きつけてくる映画」
というものらしい。
そのため、一般的には「ホラー映画」には分類されないような映画も含まれている。

さらに著者はホラー映画は「癒し」の要素も含まれていなければならない、と言う。
「恐怖」を直接的には害のない形で表現することによって、「予行演習」を行うもの。

「恐怖を通して現実世界の不安からひと時の解放をもたらしてくれるもの」がホラー映画だと言っている。

ここまで愛情たっぷりに論を展開されると、少しだけでもホラー映画を見てみようか、という気になってくる。
なにより暑い日にはよくあいそうだし・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ホラーを観ながら、覗き込んでいるのは、自分の中にある恐怖や不安なんだ。

2012/01/08 21:20

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アヴォカド - この投稿者のレビュー一覧を見る

ホラーを楽しむ、というのはとても高度な心の作用だと思う。

つまり、これは完全にフィクションである、あり得ないことである、と理解した上で、その世界を楽しむわけだから。
誰が本気で、吸血鬼やゾンビや殺人鬼がごろごろとそのへんを徘徊していると信じるだろうか? そうあってほしいと思うだろうか?
誰が実際に、ホラー映画で観たものを現実に自分でやってみたいとか見てみたいとか思うだろうか?(私はごめんだ)

だからそれは、現実とフィクションの境界が曖昧な幼児などにはムリであって、ホラーをフィクションとして楽しむには、訓練がいるのである。

「フィクションと知って恐怖を見据える力さえ身につけられれば、あらゆる映画の中でホラー映画ほど面白いものはないのですから」と著者は言い、ホラーは「恐怖や不安を癒すためのもの」と言う。
ん? ”癒す”?
それはちょっと違和感を覚える。
ホラー映画は、”癒”しているんではなくて、恐怖を”逃して”いるんじゃないかな。

著者のホラー映画のジャンルわけは、納得がいく。細部までよく観ているなあ、作り手の意図をよく汲んでいるなあ、と感心する。
1本ずつその作品への思いを語るあまり、ネタばれ気味?と思われるところもあって、これから白紙の状態で見たい人は、それら個々の作品についての項はさらっと横目くらいで読んだほうがいいと思う。
(キング映画の項は、ほとんど同感。)

電気もない昔はもっと世の中が暗くて、暗闇は謎や恐怖を秘めていたし、科学が今より未発達な頃は、説明のつかないことがたくさんあって、人は、天災や戦争や不可解な現象や恨みや人の心が、今よりもっと怖かったはずだ。
怖いものは嫌だし触れたくないけれど、でもそういうものがあることで、これ以上向こうへ行ってはいけないとか、手を出してはいけないとか、悪いことをしてはいけないとか、人の善きものは守られていたのじゃないかと思う。
怪談があり見せ物があり、ホラーがあって、それらが、悪しきものと善きものの境目をはっきりさせてくれる。

人には、"怖いもの"がなければならないんじゃないだろうか。
さあ、ホラーで、善悪の区別をはっきりつけようではないか!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/02/05 16:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/23 09:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/08 16:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/20 11:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/29 11:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/01 01:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/18 15:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/22 23:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/06 19:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/03 21:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む