サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 「富士見」の謎 一番遠くから富士山が見えるのはどこか?

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「富士見」の謎 一番遠くから富士山が見えるのはどこか?(祥伝社新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.6
  • 出版社: 祥伝社
  • レーベル: 祥伝社新書
  • サイズ:18cm/255p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-396-11239-4
  • 国内送料無料
新書

紙の本

「富士見」の謎 一番遠くから富士山が見えるのはどこか? (祥伝社新書)

著者 田代 博 (著)

どこからどのように富士山が眺められるかを研究しつづけた著者は、全国20都府県のビューポイントをくまなく調査し、富士山可視マップを作り上げた。それらとともに、さまざまな「富...

もっと見る

「富士見」の謎 一番遠くから富士山が見えるのはどこか? (祥伝社新書)

864(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

どこからどのように富士山が眺められるかを研究しつづけた著者は、全国20都府県のビューポイントをくまなく調査し、富士山可視マップを作り上げた。それらとともに、さまざまな「富士見」の楽しみを紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

田代 博

略歴
〈田代博〉1950年広島県生まれ。筑波大学附属高校社会科(地理)教諭。聖心女子大学、専修大学講師、日本国際地図学会、日本地図センターなどの評議員を務める。著書に「富士山「発見」入門」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

富士山が見えると得した気分になる人ならば必読書です。

2011/12/22 10:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:甲斐小泉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 富士山というのは日本人にとってかなり重要な存在のようです。

 以前読んで面白かった地理のムックでも富士山のために大々的にページを割いていましたし、私のような富士山可視圏の在住でも、富士山が見えるとその日がとてもラッキーに思われますし、つい目をこらして見てしまいます。富士山が日常的に見えない地域にお住まいの方にとってはなおさら感慨深い存在かも知れません。

 その富士山が見える一番遠い地域はどこかというのを可視地域を持つ都府県について、カシミールというソフトを使って検証。著者自身や篤志家による写真という証拠と共に披露してくれています。一方で、可視地域なのに見えない「消え富士」のラインなども掲載していて、なかなか面白いです。

 お隣の県にもかかわらず我が家からは「消え富士」となってしまって見えない富士山、何と和歌山県や福島県からも見えるのですね。


 まず富士山可視地域の都府県別に紹介。カシミールによるデータ上で見える事になっているという事で、いまだ検証されてはいない京都なぞも紹介されています。

 続いて、都内の富士山についてが大きな章となっていますが、こちらは建築物等から見えるのではなく、路上から見える(道路の延長と考え橋はOKだが、鉄道のホームなどはNG)富士山のかつての見どころが今どうなっているか。新しい見どころなどが多くの写真と共に紹介されています。かつて高層建築がなかった時代の富士山は東京からは見放題だったのが、今は非常に難しくなっているというのは納得です。

 葛飾北斎の富嶽三十八景の図柄、有名な「桶屋富士」。俗に言うトンネル富士(木の洞から、トンネル、モニュメントまで、何らかの額縁を通して見える富士をそう呼ぶのだとはじめて知りました)の元祖だそうですが、何と、実は富士山はその画の元となっている地点からは見えないのだそうです。どうやら南アルプスの一部ではないかと言う話ですが、見えないものを北斎がなぜ描いたのか・・・地名が富士見原だったから、素直に見えなくても見えるものとして描いたのか、それとも分かっていたのか・・・ちょっとしたミステリーですね。

 ほかにも赤富士として有名な「凱風快晴」や黒富士の「山下白雨」などはどこから見た富士山なのか・・・など謎解きたっぷりで、楽しめます。

 最後に乗り物から見える富士山と題した章があります。乗り物には自動車も含まれるので東名高速道路、中央高速道路など私にとってはなじみ深い場所も紹介されていて、より一層親しみを感じながら読めました。

 富士山を追う、という行為で、こんなに大きな楽しみが広がるのですね。人に語る程の趣味と言えば、とかく道具購入などにお金をドカンとかけて行うという風潮がありますが、こういう一見して地味なコツコツ系の趣味、奥深くて、極めて行くのには実は行動力を要し、とても素敵な事だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/09/11 20:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/13 05:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/01 18:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/24 02:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/09 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/03 16:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む