サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 「持たざる国」の資源論 持続可能な国土をめぐるもう一つの知

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「持たざる国」の資源論 持続可能な国土をめぐるもう一つの知
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.6
  • 出版社: 東京大学出版会
  • サイズ:20cm/268,4p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-13-033101-2
  • 国内送料無料

紙の本

「持たざる国」の資源論 持続可能な国土をめぐるもう一つの知

著者 佐藤 仁 (著)

戦後初期に“サステイナブルな日本”を構想していた知のパイオニアたちの軌跡とは−。日本人の資源に対する考え方を振り返り、その問い直しの歴史をたどりながら、これからの日本の資...

もっと見る

「持たざる国」の資源論 持続可能な国土をめぐるもう一つの知

3,024(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

戦後初期に“サステイナブルな日本”を構想していた知のパイオニアたちの軌跡とは−。日本人の資源に対する考え方を振り返り、その問い直しの歴史をたどりながら、これからの日本の資源と国土を展望する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

佐藤 仁

略歴
〈佐藤仁〉1968年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。ハーバード大学ケネディー行政学大学院修士課程修了。東京大学東洋文化研究所准教授。著書に「稀少資源のポリティクス」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

注目すべき論考

2011/10/02 14:54

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:萬寿生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「はじめに」に本書の目的、意義、特徴、論点が著者自身によって、まとめられている。この本の主題は、そのときどきの時代の文脈の中で形成された日本人の資源観である。今日の資源観を支配している「原料・エネルギー確保」とは違った、他の有望な考え方が過去の日本で模索されていた。それらの考え方がなぜ採用されなかったのか、それを解析することが今日の資源問題を考える頼りになる出発点になる。
 「持たざる国」の資源問題について、過去に時代を先取りするような勧告や提案があった。そのような活動をした政府組織があった。なぜその活動が実際の行政に反映されなかったのか、その歴史の教訓を学ぶことは、遠回りに見えるとしても、将来への洞察を受け入れなかった当時の行政の問題点と、それを今度は私たちが克服する為の見通しを得やすくなる。「温故知新」である。
 民主党、自民党、官僚にもっと過去を勉強してもらいたいものだ。そして、自分たちが属している小集団の利益を考えるのではなく、日本国全体の将来を真剣に考えてもらいたい。彼らの政策立案にとっておおいに参考になることが書かれている。思いつきで提案したり実行したりするのではなく、これまでの地道な調査・研究・考察の成果を再検討し、着実に応用することである。
 まず認識すべきは、「資源」とは原材料(モノ)ではなく、また「資源問題」とはいかにして海外から原材料を確保するかという問題ではない、ということである。多くの人がそのように狭い意味で捉えて、対処してきたことが問題なのである。「資源」とは自然と人間社会との相互の関係性である、ということを理解する必要がある。特定のモノを資源にするのは、そのときの人間社会である。また、「資源論」とは、個別細分化された学問ではなく、学問領域を横断する総合論である。過去の日本において主流派にはなりえなかったが、このようなことを既に指摘していていた先人たちがいた。
 現在の日本の状況においては、本書は特に注目すべき論考である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/02/17 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/31 20:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/03 20:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/16 05:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/11 21:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/31 08:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/16 01:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

経済 ランキング

経済のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む