サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 玉ねぎフライパン作戦

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

玉ねぎフライパン作戦(角川文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.7
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/349p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-151026-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

玉ねぎフライパン作戦 (角川文庫)

著者 椎名 誠 (著)

妻が家を空けた夜。カンビールを取り出し、はらがへった、さてツマミは何にしよう?—そんなときは勘とイキオイだけが頼りの料理のはじまり、はじまり。玉ねぎともやしはいいやつだ。...

もっと見る

玉ねぎフライパン作戦 (角川文庫)

637(税込)

玉ねぎフライパン作戦

626 (税込)

玉ねぎフライパン作戦

ポイント :5pt / 紙の本より11おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

妻が家を空けた夜。カンビールを取り出し、はらがへった、さてツマミは何にしよう?—そんなときは勘とイキオイだけが頼りの料理のはじまり、はじまり。玉ねぎともやしはいいやつだ。フライパンだってやるときはやる。男の料理だ、なめんなよ。古今東西うまいサケと肴のあれこれと、食の風景にまつわる素朴なつぶやきがたっぷり詰まったシーナ節全開の絶品「旨い物」エッセイ。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

酒の肴には、もやし炒め!!

2012/01/05 15:49

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きゃべつちょうちょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

シーナマコトのエッセイを、ひさしぶりに読んだ。
この本は単行本のときのかわいらしいキツネの絵が好きだったのだが、
文庫版はとつぜん中国ふうの男の絵になっている。なぜだろう。
食と酒をテーマに、本のなかを、シーナ節全開の筆が軽妙に踊りまわる。

シーナマコトの行動半径はとても広い。
日本から北極まで行ってしまう。
そして読者は、北極圏に大量の蚊が生息することや禁酒区域があることを知る。

シーナマコトのつくる料理は、そんなに凝っていないのに
とても美味しそうだ。たとえばモヤシ炒めとか。冷ややっことか。
すぐにも真似して缶ビールを『プシッ』したくなってくる。

シーナマコトはときどきお茶目だ。
肉じゃがをつくっている最中、材料がいっぱいだったことに気づき
鍋を三回も変えることになる。
『洗い物は増えるばかりだ。俺はバカか』と突っ込むそのかわいらしさ。

「玉ねぎフライパン作戦」には、高級な店での飲食は描かれない。
仲間と酌み交わす酒は、いつでも気心の知れた居酒屋、または自宅、
またはキャンプの明りのもと。
または時おりデンジャラスな旅行先である。
いつ、どこにいても、軽やかな語り口は変わらない。
どんなびっくりするような体験をしても、どこか飄々としている。
解説にもあるが、『エラソーにしない』のがいいのである。

サラリーマン時代の会社の宴会のシーンで珍妙な踊りをする上司の描写に爆笑させられ、
ナイターを観ながらの晩酌。『ハイキングに行ったような気持ち』になるのり巻きの描写に
なんだかほんわりとさせられる。
一度読んでいても、ぺらぺらしてるうちについ読み入ってしまう一冊なのだった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/09/05 20:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/14 20:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/19 15:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/12 15:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/30 17:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/15 16:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/18 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/19 12:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/24 11:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る