サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ラッキーチャンス! 9(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2011.7
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/237p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-870595-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ラッキーチャンス! 9 (電撃文庫)

著者 有沢 まみず (著)

ラッキーチャンス! 9 (電撃文庫)

572(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

ラッキーチャンス!9

572 (税込)

ラッキーチャンス!9

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

ラッキーチャンス! (電撃文庫) 全10巻完結セット

  • 税込価格:5,89754pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

雅人に微妙な距離感を覚えた天草さんの今後に繋ぐ中盤の展開

2011/07/21 21:37

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

一言で言えば天草家の家督争いが中盤を迎えただけの内容である。各フロアで行われている多くのバトルが同時多角的に描かれており、海外TVドラマ『24』の画面構成のように捉えることで何とか辻褄を合わせたいのだが、その局面毎に何かしら意味深だったり思わせ振りな要素を置き土産のように残していくので、これを整理するのがもどかしい。次巻への伏線なのは承知しているが、細かな事柄も含めて多岐に渡るのために果たして回収できるのかと心配してしまうほどである。そして、ラスボスに辿り着くでもなく中ボスクラスとの激戦が終始描かれるでもなく終わってしまう感じ。

要するに、このバトルの終局に向けて天草さんが何かしら心の整理をするというか雅人との距離を改めて見つめ直すというか、天草家の今後も含めた形で恋の行方に何らかの変化がもたらされる展開の下準備および伏線。そんな内容の第9巻だったと言えよう。天草さんを何気に応援する身としては何となく劣勢に追い込まれた感じが拭えないのだが、もしかしたらやっぱり通クン(今回は出番が少ないにもかかわらず実にナイス(?)な雅人へのアシスト役を果たしていた)の存在意義がクローズUPされてくるような気がしないでもない。

前半は最早人の体を失ってしまい、どう考えても最凶にして最強はあんただろと言わずにいられない“モンスター”の求愛(笑)に、後半は狡猾なムガルの搦め手からの戦法に翻弄されることの多かった雅人やキチを補う活躍を見せたのがトトである。無表情の奥に潜む意外にも、しかし雅人方面オンリーで感情豊かなところや、持ち得る力の強大さなどがキュートかつカッコ良く描かれていた。あのゴ●ゴなおじさんの正体も少し垣間見せており、これが天草さんと今後どのようにリンクしていくのかという楽しみもある。何より天草さんの今回の心の変化が最後にどういった形で結ばれるのかが気になるところである。

しかし、このバトルは雅人が前半で「僕のためにビルの最上階にいる化け物みたいな老女を倒してきて」と“モンスター”に囁けば瞬時に解決したと思えてならないのだが……。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/07/13 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む