サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 魔法科高校の劣等生 1 入学編 上

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

魔法科高校の劣等生 1 入学編 上(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 83件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2011.7
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/286p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-870597-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

魔法科高校の劣等生 1 入学編 上 (電撃文庫)

著者 佐島 勤 (著),石田 可奈 (イラスト)

魔法。それが伝説や御伽噺の産物ではなく、現実の技術となってから一世紀が経とうとしていた。そして、春。今年も新入生の季節が訪れた。国立魔法大学付属第一高校—通称『魔法科高校...

もっと見る

魔法科高校の劣等生 1 入学編 上 (電撃文庫)

594(税込)

魔法科高校の劣等生(1) 入学編〈上〉

594 (税込)

魔法科高校の劣等生(1) 入学編〈上〉

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

魔法科高校の劣等生 (電撃文庫) 23巻セット

  • 税込価格:14,828137pt
  • 発送可能日:24時間

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

魔法。それが伝説や御伽噺の産物ではなく、現実の技術となってから一世紀が経とうとしていた。そして、春。今年も新入生の季節が訪れた。国立魔法大学付属第一高校—通称『魔法科高校』は、成績が優秀な『一科生』と、その一科生の補欠『二科生』で構成され、、彼らはそれぞれ『花冠』(ウィード)、『雑草』(ブルーム)と呼ばれていた。そんな魔法学校に、一組の血の繋がった兄妹が入学する。兄は、ある欠陥を抱える劣等生(ウイード)。妹は、全てが完全無欠な優等生(ウイード)。どこか達観したような面持ちを見せる劣等生の兄と、彼に肉親以上の想いを寄せる優等生の妹。二人がこのエリート校の門をくぐったときから、平穏だった学びの園で、波乱の日々が幕開いた。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー83件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

おもしろい

2014/05/05 11:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:れむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

アニメ化に伴い読者がまた増えるのではと思います。
設定が細かく、また登場するキャラクター数もおおく、
そのようなのが好きな人にはたまらないと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

魔法科高校の劣等生(1)

2015/08/28 23:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Carmilla - この投稿者のレビュー一覧を見る

この4月から、鳴り物入りで始まったアニメ番組の原作本・コミック本であるが…
「面白いか?」といわれれば、はっきり言って「????」と思わざるを得ない。
設定はそれなりに面白いとは思っているが、この小説の最大の問題点は文体、そしてその世界観にある。
タイトルに「劣等生」とあるが、主人公は基本的に「魔法」が使えない(それも一般人から見れば、十分に使えるレベルであり、本人が「劣等生」と思っているのは、単に「学校側から見た評価」でしかない」だけで、世間一般から見れば十分に「エリート」である事、主人公の妹の、度を超えたブラコンぶり(二言目には「お兄様すごい!」のノリになって、正直うざいと感じることも)はまだ我慢できるとしても、地の文の文体はまるでPCか電化製品のマニュアルみたいで、正直言って読むのが苦痛だった。会話文のおかしな改行も目障りでしかない。
始めから終わりまで「俺ってすごいでしょ?」というノリ一辺倒で押し切られるので、日常生活に欲求不満を抱えている人間にはお勧めするが、微妙な心理描写とか、人間関係のあやを求める人にはお勧めできない。雑誌「ダ・ヴィンチ」2013年上半期BOOK OF THE YEAR2位になった作品ではあるが、その評価はネット上はもちろん、ラノベ好きの間でも評価は二分されている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いよいよ入学

2016/10/14 11:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カンピー - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初は解説が多くなっても仕方が無いかな。
これを乗り越えてこその物語である。
入学早々波乱含みで、内容的にはたいへんおもしろい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

高く評価されすぎていると思います

2017/01/15 13:24

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:melon - この投稿者のレビュー一覧を見る

アニメ化前に本書を閲読しましたが、事前の評判の良さの原因はよくわからなかったですね。設定が突飛で、あまりに現実離れしすぎだと感じたのか、面白いと思うことはありませんでした。余談ですが、アニメも途中まで我慢して見ていたのですが、結局最後まで見るのは苦痛でやめました。

本書と並んで評判の良い『ソードアート・オンライン』ですが、あちらはVRという、当時はまだそれほど注目されていなかったであろう技術を使って、登場人物の心情を最も浮き彫りになるような状態に置く設定の良さがあるため、ライトノベルとは思えないほど上手にシリアスさを演出している作品であり、その高評価ぶりもうなずけるものなんですけどね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

既存の枠をはみ出す

2011/12/21 13:33

7人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 魔法とは現象であり、それを制御する技術である。フェルミオンでもボソンでもない、意思や思考を形にする想子(サイオン)と、意志や思考を産み出す情動を形作る霊子(プシオン)のうち、サイオンを制御する事で現代魔法は成される。そのプロセスを助けるのが、CADと呼ばれる魔法発動デバイスだ。
 しかし一方で、魔法は才能でもある。全ての者が同じ様に魔法を使える訳ではない。ゆえに、資源配分は当然、優秀な者に集中されることになる。そしてそれは、魔法を使える者と使えない者の間だけではなく、使える者同士でも適用されるルールだ。

 司馬達也は妹の深雪と共に、国立魔法大学付属第一高校に入学した。しかし彼は、学科はトップだったが実技の評価が低く、深雪は花冠(ブルーム)と呼ばれる一科なのに、達也は雑草(ウィード)と呼ばれる二科の生徒だ。二科とは、一科の補欠であり、専任の指導者がつくこともない。
 一応平等は謳っているものの、実態がこれなので、当然のことながら、一科の生徒は二科の生徒を見下す。しかしそれに、兄の実力を高く評価する深雪は納得がいかない。そのことからトラブルが発生するのだが、それは彼らを、生徒会長・七草真由美や風紀委員長・渡辺摩利とであわせるきっかけになるのだった。

 魔法を技能として体系化する設定が細かく、もしかするとそれを敬遠する人もいるのかもしれないが、こういう深い設定は個人的に大好き。そして、劣等生だと思われている人物が、実は既存の枠では評価しきれない人物というだけであり、世間の偏見を実力で跳ね除けていくという設定が魅力的に映る。
 WEB小説からの出版ということで、これから順次刊行されていくのだろう。たのしみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

!!

2017/08/06 00:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ソータ - この投稿者のレビュー一覧を見る

何度読んでも面白くて飽きません!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/18 00:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/13 07:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/18 20:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/05 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/04 10:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/08 00:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/06 12:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/14 13:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/11 20:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む