サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 魅惑のW水着 豊尻母と巨乳娘

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

魅惑のW水着 豊尻母と巨乳娘(リアルドリーム文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

魅惑のW水着 豊尻母と巨乳娘 (リアルドリーム文庫)

著者 天草 白 (著)

宏樹は水泳部に所属する生真面目な少年。近所のスポーツクラブで妖艶な指導員・美帆子と出会い、競泳で惜敗したことから次第に彼女に惹かれてゆく。「ふふ…年下の男の子は可愛いな。...

もっと見る

魅惑のW水着 豊尻母と巨乳娘 (リアルドリーム文庫)

761(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

宏樹は水泳部に所属する生真面目な少年。近所のスポーツクラブで妖艶な指導員・美帆子と出会い、競泳で惜敗したことから次第に彼女に惹かれてゆく。「ふふ…年下の男の子は可愛いな。もうたまらない」初心な少年を誘惑し合う揃って負けず嫌いな水着母娘。豊富な肢体で若竿を挟んでの甘い誘惑劇が幕を上げる。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

秀逸で魅力的なヒロイン(特に母)

2011/08/12 00:40

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

水着という設定は充分に活かされている。後半で温泉旅行に行ったりもするが、ここでも水着姿が出てくる徹底振りである。誘惑系のお決まり展開かもしれないが、設定やシチュエーションにはツボを押さえた良さがある。そして、何よりヒロインのキャラがとても魅力的である。表紙カバーで抱き合ってる2人が母娘ヒロインとなるが、とりわけ母が素晴らしい。ツンデレな娘も悪くないが、やや男勝りな口調や態度でクールにキメた母がお株を奪っている。これが大人の余裕で高校生主人公に誘惑を仕掛けながらも、責められては不意に困惑するギャップ、次第に心惹かれていくギャップ、そして最終的には娘に負けない、いや、それ以上に芽生えた愛情で主人公に全てを曝け出していくギャップが本作最大の魅力になっている。一応、同等の扱いではあるが、メインの母にサブの娘との見方もできよう。この母の魅惑的な言動と魅力的な反応にヤられてしまう作品である。

お決まり展開とは言いながら、実はストーリーに捻りを利かせた部分が幾つかある。誘惑系では扱いが難しい恋敵を割と上手に登場させており、水泳という要素を利用した恋の争奪レースを娘の方で展開させている。そして、この勝負に意外性を持たせたところに作者がいろいろと考えた結果が見てとれる。見方によっては中途半端というか「そういうオチ?」となるかもしれないが、落としどころとしては悪くなかったと思う。恋愛誘惑路線の甘々官能小説に根っからの悪者は不要ということであろう。

母の方では再婚話が持ち上がるというフックも利かせながらも最後は落ち着くところに落ち着く結末に良好な読後感が得られる安心印の安定した誘惑作品と言えよう。何しろ読みやすい点も好材料にして好印象に繋がっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する