サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 噓つきは姫君のはじまり 平安ロマンティック・ミステリー 10 初恋と挽歌

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

噓つきは姫君のはじまり 平安ロマンティック・ミステリー 10 初恋と挽歌(コバルト文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2011.7
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: コバルト文庫
  • サイズ:15cm/302p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-08-601541-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

噓つきは姫君のはじまり 平安ロマンティック・ミステリー 10 初恋と挽歌 (コバルト文庫)

著者 松田 志乃ぶ (著)

声を失った次郎君を支えるために、初瀬から後宮に戻った宮子。毎日、そばで世話をするうち、次郎君はしだいに健康を取り戻すが、失声の病だけは回復しない。彼のそばにいたいという気...

もっと見る

噓つきは姫君のはじまり 平安ロマンティック・ミステリー 10 初恋と挽歌 (コバルト文庫)

596(税込)

平安ロマンティック・ミステリー 嘘つきは姫君のはじまり 初恋と挽歌

540 (税込)

平安ロマンティック・ミステリー 嘘つきは姫君のはじまり 初恋と挽歌

ポイント :5pt / 紙の本より56おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「噓つきは姫君のはじまり 平安ロマンティック・ミステリー 10 初恋と挽歌」が含まれるセット商品

商品説明

声を失った次郎君を支えるために、初瀬から後宮に戻った宮子。毎日、そばで世話をするうち、次郎君はしだいに健康を取り戻すが、失声の病だけは回復しない。彼のそばにいたいという気持ちから、宮子は“姫君”として生きる決意をする。ついに、身代わりの秘密を次郎君に打ち明ける日がやって来たのだ。そして、いよいよ中宮の出産が始まった…。平安身代わり恋絵巻、息もつかせぬ急展開。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

比較すると…

2016/04/30 06:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:uri - この投稿者のレビュー一覧を見る

確かに氷室冴子さんの「ジャパネスク」シリーズ(平安モノラブコメ筆頭)と比較すると、あそこまでの勢いはないかもしれない。でも、ミステリー要素はより強く、個性的なキャラもたくさん、宮中行事なんかも色々織り交ぜられてて楽しめるし、充分面白いと思う。氷室ファンの自分も楽しめました!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

完結直前の平安ロマンティック・ミステリー

2011/07/08 00:57

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りん - この投稿者のレビュー一覧を見る

あと一冊で完結予定の物語ですが、気になりつつも、今まで手を出していなかったのは
ひとえに氷室先生の「なんて素敵にジャパネスク」や「ざ・ちぇんじ」と比べてしまいそうな自分がいたから。
・・・なのに、読み始めたら、そんなことはどこかに忘れて楽しめました。
ミステリー部分もちゃんと描かれていて、なによりキャラクターがそれぞれ魅力的。
とくに、ヒロインの宮子と馨子は性格がはっきりと違っているからこそ、お互いに相手の長所を生かし、欠点を補いあっていろいろな事件や恋愛に絡んでいくのが、上手いなあ。
二人が立場を取り替えた理由も、馨子の九条家そのものの逞しい性格のなせる業だし。

宮子をめぐる恋愛面もまた、東宮である次郎君と、筒井筒の仲である無位無官の真幸
という恋敵ふたりの立場と性格の対照が上手く設定されていて、面白かったです。

「初恋と挽歌」では、東宮のそばにいることを選んだ宮子が、表向き異母姉にあたる藤壺の中宮との別れを経験することになりますが、そこにはすでに身代わりとしての形式だけでなく、心から中宮の死を悲しみ、その後に起こるであろう九条家内部の争いに心を痛める宮子がいました。
それゆえに、東宮である次郎君のお妃として遇されることにこだわろうとしない宮子に対して、
あくまで彼女への愛情から正式の妃にしようとする東宮と、宮子個人の幸せと将来を考えて、彼女を妃にして欲しいと望む真幸。
宮子と二人の男性の考え方の違いがまた面白いなと思いました。
すでに宮子は「九条の姫」としてすべき選択を、受け入れてしまっているわけですね。

人は、こうありたいと努力すれば、意識が変わり、思考が変わり、言動が変わる。
たしかに、嘘つきは姫君のはじまり・・ですね。

個人的にはこのシリーズ最初から読んでいくのが、ベストだと思います。
馨子の女房として、市で糸を値切り倒していた最初の宮子とのあざやかな対比が見事です。
それと、やっぱり東宮の「宮子大好き度」が巻を増すごとに甘くなっていくのが、
見どころのひとつでしょうか。ふたりのいちゃつきシーンは本当に甘いです。
あの時代の女性の結婚年齢はたぶん12歳くらいからだろうから、数えで16歳は
十分結婚適齢期なんだろうけど、それにしても東宮の求愛がなんとも手馴れていて
最初は読んでいるこちらが慣れなかったのに、この辺りまで来ると、次郎君だからなーと割り切れちゃうのが不思議。

史実を元にしているということですが、そこはライトノベルのお約束ということで、
来月発売の完結編で全員がハッピーになってくれるといいなと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/09/09 22:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/01 06:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/02 00:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る