サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

背後の足音 上(創元推理文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.7
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/440p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-20912-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

背後の足音 上 (創元推理文庫)

著者 ヘニング・マンケル (著),柳沢 由実子 (訳)

夏至前夜、三人の若者が公園でパーティーを開いていた。18世紀の服装、料理、ワイン。彼らをうかがう目があるとも知らず…。イースタ警察署に、夏至前夜に友人と出かけて以来行方不...

もっと見る

背後の足音 上 (創元推理文庫)

1,296(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

夏至前夜、三人の若者が公園でパーティーを開いていた。18世紀の服装、料理、ワイン。彼らをうかがう目があるとも知らず…。イースタ警察署に、夏至前夜に友人と出かけて以来行方不明の娘を捜してくれという母親の訴えが出された。その捜査会議に刑事のひとりが無断で欠席する。几帳面な人物がなぜ?不審に思ってアパートを訪ねたヴァランダーの目の前に、信じられない光景が。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

8月を暖かいと感じる国の事件

2011/08/19 22:28

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ケルレン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ヴァランダー刑事の同僚スヴェードベリが頭を吹き飛ばされて殺された。同じ頃、友達と旅行に行った娘がいつまでも帰ってこないと何度も訴えてくる母親がいた。警察は事件性はないと考えて放置していたが、なぜかスヴェードベリは一人で捜査をしていたようなのだ。やがて娘たち3人の遺体が奇妙な状態で発見される。

 殺人は計画的で異常なまでに緻密で、おまけに被害者たちが私生活の一部を注意深く隠していたため、動機や手がかりとなる人間関係がまったく浮かんでこない。死んだ若者の両親には責められるばかりだし、ヴァランダーは糖尿病にも苦しめられ、相棒の女性刑事は夫婦関係の危機にあり、実りのない捜査が続いてまともな睡眠も取れず、誰もが消耗していく。

 今回は警察の仕事が肉体的にも精神的にもひたすらハードワークであることがリアルに描かれている。警官たちはまともに家に帰れないし、際限のない徹夜続きだ。上層部が政治的駆け引きをしている間、現場の人間が這いずり回って作業を進めているのは、どの国も同じということか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/08/12 14:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/27 22:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/24 00:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/30 07:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/29 11:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/31 20:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/14 16:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/22 18:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/14 18:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/27 23:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/27 23:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/29 19:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/18 00:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/05 21:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

創元推理文庫 ランキング

創元推理文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む