サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

ブックオフ宅本便ページ修正

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 怪談和尚の京都怪奇譚 怖〜い

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

怪談和尚の京都怪奇譚 怖〜い(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.7
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/173p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-780151-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

怪談和尚の京都怪奇譚 怖〜い (文春文庫)

著者 三木 大雲 (著)

怪談和尚の京都怪奇譚 怖〜い (文春文庫)

607(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月23日(水)~
2017年8月29日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

タイトルは怖そうですが、内容は分かり易い説法です。

2011/10/30 13:51

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:甲斐小泉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 多くの人をひきつけてやまない京都。ここは世界遺産をはじめとする神社仏閣、三大祭などの見どころが多い以外に、不思議な話も多く、それもまた人を惹きつけていると思われます。

 たまたま借りた本に入っていた新刊案内を見て、現役の和尚さんによる怪談話という事で、単なる怖がらせや、興味本位とは違うのではないかと、猛然と読みたくなりました。

 私の見込みは間違いなかったようです。

 普通の相談機関では相談できない不思議な、あるいは不気味な状況に対する相談事を、まさしく駆け込み寺状態で受けている著者。表紙はなかなか不気味ですが、本を読んでみると、時としてくすっと笑いたくなるようなユーモアも交えて語っておられ、サービス精神の結果らしいと分かります(笑)。

 死霊、生霊を問わず、人の念のなす仇の怖さや、思いの強さなどが描かれていますが、大げさにならず、顛末の分かるものについては書かれていますが、よく分からないものについては勝手に結論付けず、さらりと流しています。決して、身の毛もよだつ、後味の悪い読み物ではありません。

 怪奇譚の事例としては、振り込め詐欺の犯人の体験したゾッとする話から、恋愛の恨みまで、幅広く、対象も著者本人や知人、友人から、代理教誨師として訪れた先の塀の中の方だったり、バラエティに富んでいるので、その語り口の冷静さもあって、信憑性を感じます。

 全体を通して、著者は「見えないものは無い」と非科学的と称されるものを排除する傾向に対し、宗教者として、それはいかがなものかと述べています。

 霊障などと脅しつけて、高額な布施を要求したり、後味を悪くさせたりする、霊能者や宗教者を名乗りながらいかがなものかと思われる言動をする人びととは全く違い、あくまでも、死者の供養の大切さや、時としては知らず知らずに人を傷つけ、恨みを買う事もないとは言えないけれど、人を思いやって生きる大切さを説いていて、怪奇譚と銘打ってはいるけれど、興味本位な内容ではなく、具体的で分かり易い説法をしていただいているような気持ちで読めました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/07/19 09:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/24 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/23 10:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/31 15:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/22 13:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/11 23:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る