サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. 風雲児たち 幕末編19 (SPコミックス)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

風雲児たち 幕末編19 (SPコミックス)(SPコミックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2011/07/27
  • 出版社: リイド社
  • レーベル: SPコミックス
  • サイズ:19cm/212p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8458-3885-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

風雲児たち 幕末編19 (SPコミックス)

著者 みなもと 太郎 (著)

【文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞(第14回)】【「TRC MARC」の商品解説】

風雲児たち 幕末編19 (SPコミックス)

566(税込)

風雲児たち 幕末編(19)

566 (税込)

風雲児たち 幕末編(19)

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

風雲児たち 幕末編(SPコミックス) 29巻セット

  • 税込価格:16,714154pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

吉田松陰亡きあと時代へ突入だ

2011/08/27 11:50

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

「幕末編」も19巻になりました。しかも、きっとみなもと太郎が力を入れて描いていた人物たち(それを彼は「風雲児たち」と呼んでいるのでしょうが)の1人である吉田松陰の刑死が描かれた1巻です。
しかし、刑死そのものはむしろ淡々と描かれており、その前後の安政の大獄の全容や、刑死後の桂小五郎らの動向に力を入れて描いたという感じもあります。
そして後半は、その当時の西郷隆盛の動静と薩摩藩の動きが描かれており、「幕末編」の「幕末編」らしい話が続きます。
幕末は、このマンガを読むまでもなく、多くの傑物が出現した時代で、そんな人たちがいたから魅力的なのか、時代そのものが何か惹きつけるものがあり、だからこそいろいろな人物が現れてきたのかわからないところもありますが、この19巻あたりではそうした人物が入れ替わっていき、時代がまた動いていっているのだということを感じさせてくれます。
「幕末編」になってからコマのサイズが大きくなっているような気もしていましたが、ことこの19巻に限っては、そのコマサイズが内容とうまく合っているようにも思えます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/07/30 16:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/30 22:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/25 15:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む