サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コミックエッセイ
  4. 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。 1

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。 1

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 74件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.7
  • 出版社: PHP研究所
  • サイズ:21cm/175p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-569-79775-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。 1

著者 K.Kajunsky (作),ichida (漫画)

ネットで話題になった『Yahoo!知恵袋』の伝説の質問「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています」から始まったブログを一部コミックにして書籍化。妻の語録も収録。【「TRC...

もっと見る

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。 1

1,188(税込)

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

950 (税込)

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

ポイント :8pt / 紙の本より238おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。 1」が含まれるセット商品

商品説明

ネットで話題になった『Yahoo!知恵袋』の伝説の質問「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています」から始まったブログを一部コミックにして書籍化。妻の語録も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店那覇店

「家に帰ると妻が必ず...

ジュンク堂書店那覇店さん

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」

「?」、はたして、どういうことなのだろうか・・・?
死んだふり・・。
・・必ず?
謎は深まるばかりである。


「Yahoo!知恵袋」に投稿された質問が、始まりだったという本書。
本当の話だということが、驚きである。

シンプルで軽快なタッチの漫画の中、妻はあらゆる死んだふりを披露していく。
その真意とは何なのか?

もちろん、普通ではないことである。
にも関わらず、質問者である夫の、妻に対する柔らかな愛情は揺るぎないものである。
真意なんて、なんだったっていいじゃないか。
それよりも大切なことは、今、二人がこうして一緒に楽しく過ごしていること。

たまにつぶやく妻の言葉が、なんだか哲学的に聞こえたり。
あまりに完成度の高い「死んだふり」に、思わず感嘆の声を上げたり。

なんだなんだ、結局この二人は、すごく幸せなんじゃないか?
読み終えた時は、長いのろけ話を聞かされた気すらする。

ゆるりとした夫婦象に、なんだか羨ましい気持ちのした読後であった。

ジュンク堂書店岡山店

妻が死んだふり・・・...

ジュンク堂書店岡山店さん

妻が死んだふり・・・不穏な空気が流れます。

が、家庭不和でもなく、熊が出没したでもなく、
妻が死んだふりに全力投球なんです。

ダンボールのワニにかじられ、矢に頭を射抜かれ、
あらゆる手段で帰宅した夫を迎える妻。
だんだんバリエーションを楽しむ夫。

少し照れ屋でかなり頑固な奥さんの変わった「愛情表現」。
おかえりのハグでもキスでもない「死んだふり」。
無いなー、
でもなんかいいなーと、ニヤニヤしてしまいます。

みんなのレビュー74件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

嫁が笑ってた

2012/12/10 00:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まりおん - この投稿者のレビュー一覧を見る

嫁がすごい笑ってた。
これってすごいことだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

バリエーションの豊かさ

2017/02/16 09:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アリッサ - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルの文句は聞いたことはあったけれど、
まさか漫画になっていたとは!
愉快で掴みどころがないようなあるような奥さんですね。
「朝起きると…」は漫画ではなく文章でしたが、1番笑えました。
Kajunskyさんの文章、とても上手だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ほっこり

2017/02/28 12:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:じゅにお - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み進めているうちにほっこりしてきます。
こんな夫婦のやりとりはいいなぁ、と思いつつ、毎日が楽しそうに思えてきて、自分も毎日楽しまないとな、と感じさせられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なんというか…、爆笑の連続。二人の淡々とした会話とあり得ない妻の行動。この落差がかなりツボにはまった。

2011/11/07 17:48

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みす・れもん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ダンナさんがYahoo!知恵袋で質問したのが始まりらしい。質問の内容はタイトルのとおり。仕事から帰ってくると、なぜか奥さんが死んだふりをしている…と。最初は驚いたんだけれど、段々スルーするように。そうするとエスカレートしていって、一体彼女は何をしたいのだろうか、何をして欲しいんだろうか…。ダンナさんはそう悩んで知恵袋で質問したわけだ。

けれど、奥さんのちえさんのいろんな変わった行動をいちいち知恵袋で質問するのもなんだなぁということで、ダンナさんはブログを始める。ちえさん観察日記のようなブログだろうか。実際に見ていないのでそのあたりは何とも言えない。それをコミック化したのが本書、ということ。

ま、タイトルが面白そうだし、なんとなく購入したのだけれど、読んでみるとこれがまた面白い。いや、家で読んでいてよかった。一度ツボにはまってしまうと、なかなか抜け出せない。爆笑が止まらないのだ。
ダンナさんとちえさんの淡々とした会話と、奥さんの常識を越えた行動。これに対するダンナさんのリアクション。これが絶妙な雰囲気を醸し出している。

何とかしてダンナさんを楽しませたいのかなぁ、ちえさん。行動はときに大胆なのに、かなり大人しい彼女。ダンナさんは彼女の本心がよくわからない。私にもわからない(苦笑)。
でも、この二人はいいなぁ…と思う。やっぱりお似合いなんだなぁ。なんだかんだ言っても、お二人はそれぞれを想いあってるんだよね。

とにかく、はまる人はかなりはまるコミック。爆笑間違いなし!の一冊。
(はまらなかったら申し訳ない!)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/06/01 19:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/02 23:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/25 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/19 10:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/18 08:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/25 19:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/19 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/15 07:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/30 22:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/27 14:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/07 17:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

コミックエッセイ ランキング

コミックエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む