サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. ポスト・マネタリズムの金融政策

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ポスト・マネタリズムの金融政策
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.6
  • 出版社: 日本経済新聞出版社
  • サイズ:20cm/286p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-532-35468-8
  • 国内送料無料

紙の本

ポスト・マネタリズムの金融政策

著者 翁 邦雄 (著)

マクロ経済学のテキスト上ではなお有力な政策枠組みとされているマネタリズムから起筆し、それ以降の金融政策の枠組みの歴史的展開を追跡。先進国の中央銀行が抱える課題と、その先に...

もっと見る

ポスト・マネタリズムの金融政策

2,592(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

マクロ経済学のテキスト上ではなお有力な政策枠組みとされているマネタリズムから起筆し、それ以降の金融政策の枠組みの歴史的展開を追跡。先進国の中央銀行が抱える課題と、その先に見えてくるものを提示する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

翁 邦雄

略歴
〈翁邦雄〉1951年生まれ。シカゴ大学Ph.D.取得。筑波大学助教授、日本銀行調査統計局企画調査課長、金融研究所長等を経て京都大学公共政策大学院教授。著書に「期待と投機の経済分析」等。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

中央銀行は進化するのか

2016/04/30 21:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:撫子の丘 - この投稿者のレビュー一覧を見る

中央銀行の金融政策についてのお話しです。
インフレと資産価格の釣り合い。
後始末戦略は日米ともに鍵となるのではないか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/09/21 23:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/31 10:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/23 00:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/06 00:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/17 01:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/23 21:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/14 14:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/22 23:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/28 09:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

金融 ランキング

金融のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む