サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

天井裏の散歩者(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.6
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/428p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-276962-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

天井裏の散歩者 (講談社文庫 幸福荘殺人日記)

著者 折原 一 (著)

推理作家の大御所小宮山泰三の二階建てアパート幸福荘に住むことは、作家志望者の憧れ。だが住人ときたら、あやしげな者ばかり。美貌の人気少女小説家南野はるかをめぐり、男たちは天...

もっと見る

天井裏の散歩者 (講談社文庫 幸福荘殺人日記)

730(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

天井裏の散歩者 幸福荘殺人日記(1)

730 (税込)

天井裏の散歩者 幸福荘殺人日記(1)

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

推理作家の大御所小宮山泰三の二階建てアパート幸福荘に住むことは、作家志望者の憧れ。だが住人ときたら、あやしげな者ばかり。美貌の人気少女小説家南野はるかをめぐり、男たちは天井裏を舞台に騒動を繰り広げ、あげくは密室殺人まで…どこまでが現実でどこからが虚構なのか?極上の叙述ミステリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価3.0

評価内訳

2014/01/09 21:40

投稿元:ブクログ

【No.15】作家志望者たちが集まる幸福荘での事件。叙述ミステリーということだが、自分の頭がなかなか追いつかなかった。自業自得!

2011/07/31 02:21

投稿元:ブクログ

推理作家の大御所小宮山泰三の二階建てアパート幸福荘に住むことは、作家志望者の憧れ。だが住人ときたら、あやしげな者ばかり。
美貌の人気少女小説家南野はるかをめぐり、男たちは天井裏を舞台に騒動を繰り広げ、あげくは密室殺人まで…
どこまでが現実でどこからが虚構なのか?極上の叙述ミステリー。

(読了:2011/07/31)

2011/10/04 22:27

投稿元:ブクログ

折原一らしい作品でした。
最後の締めがもうちょっとパンチと皮肉がきいてたらもっとよかったのになあと思ってしまいました。

2011/09/02 20:41

投稿元:ブクログ

 ミステリーの大御所、小宮山泰三が住むアパート<幸福荘>。そこは、作家志望者の憧れの場所だった。
 くせのある住人たちが繰り広げる奇想天外のお話。

 ま、タイトルがネタばれだよなぁと読んでたんだが、こちらの予想のナナメ上を、ついでにバク転してみせるぐらいの驚愕だった。

 さすが、叙述ミステリーの大家です。

 奇妙な住人たちは、ステレオタイプだといえるんだけど、むしろそのステレオな部分を最大限に生かしてると思う。

 かるーく、気軽に読める1冊です。

2011/12/30 17:38

投稿元:ブクログ

タイトルを見たとき乱歩作品のオマージュかと思いました。
表紙絵の可愛さに手が延びましたが、あまり楽しめなかったなと。

2015/02/15 22:55

投稿元:ブクログ

天井裏一つでよくもこれだけのバリエーションの話を作れるものだと感心。後半は幻惑に次ぐ幻惑で何が真実かわからなくなる。

2011/07/18 01:35

投稿元:ブクログ

重鎮の作家が住む幸福荘。ここに入居して作家になろうと目指す変人たちの運命。
各章ごとに物語が収束し、次の章に移る連作短編の形式。
だからサクサクと読みやすい。
また、駆け出しの作家もどきが書いてる物語、という構図なので、若干下手な文章というのが良い感じ。
折原氏らしい凝った構成も面白し。

でもどちらかと言えば、氏の作品の初心者な方達が、入門編として読むのがいいかも。

ちなみに、随分昔の作品で、当時発売直後に読んだ記憶がチラホラと。
いまどき、ワープロにフロッピーっていうのが懐かしいですね。

2011/09/09 22:05

投稿元:ブクログ

推理作家の大御所小宮山泰三が住む幸福荘というボロアパートには作家志望者が集まっている。住人の一人である美貌の人気少女小説作家をめぐって繰り広げられる騒動が連作のように1枚のフロッピー(←時代を感じる・・・・)に綴られていく、というストーリー。
どこまで現実でどこまで虚構なのか?という帯のコピーにつられて読んでみた。確かに、物語が進むごとにどんどん事実がひっくり返って行って結局最後にはとんでもないことになる。
でも、何だろう、うまくできてるんだけど、読み終わって面白かったか?って聞かれると、なんだか普通、って感じなんだよねえ。続編が出ているらしいんだけど、別に読もうと思わないし。
決してつまらなくはないんだけど。

2011/07/10 15:15

投稿元:ブクログ

表紙にひかれ、どうしても読みたくなって購入。
購入後、書評を読んだら意外と低い(笑
帯にだまされたか。

でも、まぁまぁ楽しめたし
「おーそうかぁ~」と驚きもあったのでまずまず。

2011/09/20 15:44

投稿元:ブクログ

たぶん面白いんだと思うけど、最後の終わり方が自分的には無し過ぎるので、次巻を買うかどうかは迷っている。ので、立ち読みしてみてから決める。そんな感じの本。

2011/11/04 12:49

投稿元:ブクログ

頭空っぽにして読んでください。それでも読めるはず。
これも叙述っていいのかな。

最後の方はついていくの、ちょっとつらいけども。

2011/06/21 04:07

投稿元:ブクログ

作家志望者が集まる幸福荘。そこを舞台にしたミステリーなんですけど、予想していた以上に面白かったです。現実と虚構(妄想?)が錯綜する感じが良かったですね。(1)ってことは続きがあるんですよね? (2)が文庫化されたらすぐ買います!

2013/08/14 13:49

投稿元:ブクログ

変な話…。
叙述トリック……なんだろうな……たぶん。
女性の風呂を覗きたいという話を聴かされるためだけに、ブックオフで400円も払ってしまったような気分。

2011/09/04 18:07

投稿元:ブクログ

折原一氏らしい叙述ミステリー。
各章ごとにも、どんでん返しがそれぞれ用意されているので、
短編として独立して読んでも楽しめるが、それらは全て布石であって、
最後に明かされる「天井裏の散歩者(幸福荘殺人日記)」という小説自体を創り出した虚構の結末に尽きる。
「ワープロ」など、作中に出てくる描写の時代観には古さを感じ点もあるが、
その趣向に古さは全く感じない。
ミステリー初心者には読みにくく理解しにくい物語構成だが、
虚構に騙されて踊らされたい、叙述ミステリー好きには文句なくオススメ。

2011/08/22 23:10

投稿元:ブクログ

色んな意味で大どんでん返し。
そこまでやるか、K談社!
初出の角川文庫ではなく、講談社文庫を読んだ方は、最後の奥付まで読んで 更に違った感慨を受ける、かもしれない。