サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

くものきれまに
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:1997.10
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/48p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-06-252874-6
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

くものきれまに (りとる あらしのよるにシリーズ)

著者 木村 裕一 (作),あべ 弘士 (絵)

友だちになったヤギのメイとオオカミのガブ。二人はこっそりと待ち合わせたのに、そこにメイの友だちのヤギ3びきが現れた。大好きなごちそうにしか見えないガブは…。ドキドキする状...

もっと見る

くものきれまに (りとる あらしのよるにシリーズ)

1,080(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

あらしのよるにシリーズ 7巻セット

  • 税込価格:7,56070pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

友だちになったヤギのメイとオオカミのガブ。二人はこっそりと待ち合わせたのに、そこにメイの友だちのヤギ3びきが現れた。大好きなごちそうにしか見えないガブは…。ドキドキする状況をユーモアたっぷりに描く。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

昼のまなざし。

2002/07/17 12:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:本箱屋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

メイの友達は
メイがオオカミに食われるのではないかと心配する。
その心配はもっともだ。
いつもそうして暮らしてきたのだから。
こっそりと会う二匹にとって、
仲間の言葉は、心配は、うしろめたい。
事あるごとに気持ちは揺れる。
だがどんなに迷っても気持ちはそこに戻るのだ。
やっぱり友達でいたいのだ、と。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

それは、ひみつの友情

2002/08/09 00:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sayu - この投稿者のレビュー一覧を見る

オオカミの多い場所へ通うメイに忠告をする友人。それも友情。あわててガブをかくすメイの気持ちも友情。かくれるガブの気持ちも友情。改めて気付く。二匹は「ひみつのともだち」。本当はあやうい秘密なのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

友達には、言えない。

2003/09/05 09:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆう - この投稿者のレビュー一覧を見る

お互いに、友達には、言えないト・モ・ダ・チ。
ヤギのメイが、必死に隠そうとする。ニアミスを何度も繰り返し、ハラハラドキドキ、そしてとうとう頭を隠した狼に、ダブはヤギの本音を話してしまう。
狼は、「あんなやつと仲良くしたいやつなんていない」と言われ傷ついてしまう。
「秘密の友達」2匹の絆がまた強くなってしまう、なんと言う「のんき」さなんだろう!!
そして狼のけなげな「やせがまん」。それが2匹の友情のもとなんじゃないかな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ハラハラドキドキ…。part3

2004/02/12 10:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bochibochi - この投稿者のレビュー一覧を見る

嵐の夜に出会い、ある晴れた日に親友になった
ヤギ(名前はメイ)とオオカミ(同じくガブ)の物語、第3巻。

前作までは、メイとガブの2匹のお話でしたが、今回新たな登場人物(動物)が出てきて、世界が広りました。
メイの友達ヤギのタプ。このタプに今回はハラハラさせられます。

ガブとメイが会っていると、そこへタプがやってきます。
慌てるメイ。ガブに見つからないように、タプを追い返すのですが、
それでも心配でタプったら何度もやってくるんです。
そして、とうとう3匹が鉢合わせ! ここから先はちょっと切ないお話になっています。

お互いの事を仲間に紹介できない“ひみつのともだち”
これから、どうなっちゃうんだろ?

第4巻は「きりのなかで」です。 だんだん雲行きが怪しくなってきました。

ひまわり

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

心遣い

2014/05/17 18:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Tucker - この投稿者のレビュー一覧を見る

「あらしのよるに」シリーズの第3弾。

今回はメイがガブに会っている場所に、事情を知らない友達ヤギのタプが来てしまう事によるドタバタが描かれる。
メイとガブの関係がバレてしまうかどうか、ハラハラする展開。

タプはガブの姿がよく見えないので、まさかオオカミとは思わず、さんざんオオカミの悪口を言う。

それを聞いても、メイの友達だから、と怒る事なくガマンするガブ。
この辺り、ガブの人柄・・・いや狼柄が窺える。

が、さんざんオオカミの悪口を聞かされた挙句、ついに一声吠えて、森の中に走りこんでしまう。
ただ、それは相手を威嚇するためでなく、普通のヤギがオオカミの事をどう思っているかを知ってしまった悲しみの声。

「もしかしたらメイも、心の奥底では、そんな風に思っているのでは」
と思ってしまったのだろう。

だが、メイは「そんな事はない」と否定し、また会い続けよう、と約束する。
落ち込んでいたガブは、メイのその言葉に救われる。

地味かもしれないが、今回はメイとガブがお互いを思いやる気持ちが印象に残った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

秘密の恋人

2016/12/25 07:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nabe - この投稿者のレビュー一覧を見る

子供たちは前作に続きハラハラドキドキ読んでいましたが、私はハラハラよりも二人が秘密の恋人同士みたいに見えてきて、ときめいてドキドキしました。
オオカミとヤギ、ただただ気持ちで繋がっている二匹。素敵だなと思って読みました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/12/20 10:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/09 21:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/06 12:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/22 16:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/30 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/04 09:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/25 14:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/17 18:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/04 23:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む