サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

まんげつのよるに
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:2005.11
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/64p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-06-252878-9
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

まんげつのよるに (あらしのよるにシリーズ)

著者 木村 裕一 (作),あべ 弘士 (絵)

大好きな友だちが変わってしまって、それまでのことをすべて忘れてしまっていたら…? オオカミのガブとヤギのメイがたどりついたのは、希望の森か、それとも哀しみのはてなのか。2...

もっと見る

まんげつのよるに (あらしのよるにシリーズ)

1,080(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

あらしのよるにシリーズ 7巻セット

  • 税込価格:7,56070pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大好きな友だちが変わってしまって、それまでのことをすべて忘れてしまっていたら…? オオカミのガブとヤギのメイがたどりついたのは、希望の森か、それとも哀しみのはてなのか。2匹の友情のゆくえは…?【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

救われた想いがしました

2005/11/30 19:43

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:グリーンドルフィン - この投稿者のレビュー一覧を見る

終ったお話とばかり思っていたので、続編が出ると聞いて嬉しくなりました。すばらしい作品であるには違いないものの、前作のラストが絵本にしては余りに悲しいものだったので救われたような想いがしましたね。これで全国の子供たちも納得でしょう。
本来「食べる/食べられる」関係の種族のヤギのメイとオオカミのガブ。群れからも追われ、果たして友情を結び続けることができるのか? この難しい問いが児童書の中でストレートに問われるというところに、日本社会の変化を感じます。この本を読むことによって、大人の私たちも子供たちと一緒に、「理解しあうこと」の尊さを学ぶべきでしょう。
とりあえず、メイもガブも生きていましたよ!
そして友情と信頼はますます固いものになりました。
ネタばれになるのでここまでしか書けませんが、あの過酷な状況からどのように希望への一筋の光が見えてくるのか、とても見ものです。是非お子さんと一緒に胸をドキドキさせながらページをめくってください。
それにしてもあべ弘士さんの挿絵はやっぱり迫真性がありますね。映画もあべさんの絵を生かしたものだったらよかったのになあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

引っ張りすぎ?

2014/06/22 21:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Tucker - この投稿者のレビュー一覧を見る

メイとガブの友情物語もいよいよラスト。

「約束の地」へ辿り着いたメイ。
その地に住む動物たちも友好的で平和な土地だが、メイの心は晴れない。
なぜなら、ガブがいないから・・・。

が、絶望の淵にいたメイは、ある時、ウワサ話を耳にする。
この近くにオオカミが現れたらしい・・・と。


全7巻(+特別編1巻)という知識がなかったら、前作までで終わり、だと思っていただろう。

が、続きがあった。
前作のラストのままだと、あまりに悲劇的すぎる、という声があったためか、著者がもっと救いがあった方がよい、と思ったためだろうか。

個人的には、引っ張りすぎ、という気がする。

メイとガブの再会は韓流ドラマでありがちな展開。
悲しい物語として、6巻で終わっていたままの方がよかったのでは、と思う。

メイとガブには、6巻のラストで異なる選択をして欲しかった、という点は変わらないが・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/10/21 23:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/12 17:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/25 16:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/28 14:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/23 23:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/14 21:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/30 19:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/30 16:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/11 13:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/01 16:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/28 00:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/11 09:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/18 19:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む