サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

感謝だ、ジーヴス
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.7
  • 出版社: 国書刊行会
  • サイズ:19cm/275p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-336-05372-5
  • 国内送料無料

紙の本

感謝だ、ジーヴス (ウッドハウス・コレクション)

著者 P.G.ウッドハウス (著),森村 たまき (訳)

“ジュニア・ガニュメデス・クラブ”の最高機密。あのマル秘クラブ・ブックが暗黒の魔の手に!?大好評シリーズ第13弾、瞬間ギャグも冴えわたるウッドハウス90歳時の傑作爆笑長篇...

もっと見る

感謝だ、ジーヴス (ウッドハウス・コレクション)

2,160(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

ウッドハウス・コレクション 14巻セット

  • 税込価格:32,400300pt
  • 発送可能日:1~3日

ウッドハウス・コレクション 14巻セット

  • 税込価格:32,400300pt
  • 発送可能日:1~3日

ウッドハウス・コレクション 14巻セット

  • 税込価格:32,400300pt
  • 発送可能日:1~3日

ウッドハウス・コレクション 14巻セット

  • 税込価格:32,400300pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

“ジュニア・ガニュメデス・クラブ”の最高機密。あのマル秘クラブ・ブックが暗黒の魔の手に!?大好評シリーズ第13弾、瞬間ギャグも冴えわたるウッドハウス90歳時の傑作爆笑長篇小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

「ジュニア・ガニュメデス・クラブ」の最高機密であるあのクラブ・ブックが暗黒の魔の手に!? 天才完璧執事ジーヴスの活躍やいかに。瞬間ギャグも冴えわたる傑作爆笑長篇小説。シリーズ第13弾。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

ジ―ヴスシリーズも残すところあと一作 お気楽貴族としっかり執事コンビは今日もゆく

2011/08/08 17:59

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:星落秋風五丈原 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 二○○五年に ウッドハウス・コレクション第一弾『比類なきジーヴス』が刊行されて今年で七年。シリーズも本篇の十三作目まで無事世に送り出し、次作は『ジーヴスとねこさらい』だそうだ(猫さらいってなに?)。本作の直前に読んだ『お呼びだ、ジーヴス 』では、ジ―ヴスはバ―ティと離れて別の主人に仕えていたが、いささかジ―ヴスがしゃべり過だった。里帰り(?)した今回は、寡黙だからこそピリリとした一言がインパクトを持つ本来の彼の良さが十分出ていた。やはりしゃべりはバ―ティに任せておいた方が無難であろう。
 さて、今回は、そんなバ―ティよりも人前で喋らなければならない相手ー下院議員の選挙に出馬する彼の友人ジンジャ―ーが現れる。「税金を骨の髄まで削減し、外交政策を正し、輸出を倍増させ、誰もかれもが裕福に」などというどこかで聞いたようなマニフェストを掲げた彼には、政治的野心がもともとあったわけではない。むしろ議員になることは、愛する人に捨てられないための手段に過ぎないのである。彼の出馬も噴飯ものだがこんなふざけた話に感動して、初体験の戸別訪問に臨むバ―ティもバ―ティである。というわけで、今回バ―ティが、自ら墓穴を掘ったり、或いはいつもの通り不幸な勘違いをされても、あまり同情心はわかない。むしろ、「もうちょっと、大人になろうよ」と言いたくなってしまう。それにしても、こんなに処理能力のない彼を、どうして誰も彼も頼るのだろう。近くに接している人にしかわからない、ある魅力が隠されているのだろうか?最終シリーズで明かされると良いのだが。
 本作はウッドハウス九十歳の誕生日出版記念として刊行されたそうだ。バ―ティのお気楽さに比べて、九十歳にしてこれだけの文章が書けるウッドハウスは素晴らしい。文芸春秋と競うようにして刊行された一連のシリーズによって、本国ではホームズよりも有名な英国作家の認知度がより高まることを、心より期待する。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/12/10 12:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/12 20:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/18 20:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/03 12:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む