サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

鍵のかかった部屋
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 186件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.7
  • 出版社: 角川書店
  • サイズ:20cm/332p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-874224-5
  • 国内送料無料

紙の本

鍵のかかった部屋

著者 貴志 祐介 (著)

自称・防犯コンサルタント(本職は泥棒!?)榎本と、美人弁護士(実は天然!?)純子のコンビが、超絶トリックに挑む!貴志祐介にしか考えつけない、驚天動地の密室トリック4連発!...

もっと見る

鍵のかかった部屋

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

自称・防犯コンサルタント(本職は泥棒!?)榎本と、美人弁護士(実は天然!?)純子のコンビが、超絶トリックに挑む!貴志祐介にしか考えつけない、驚天動地の密室トリック4連発!密室ミステリの金字塔、ついに登場。【「BOOK」データベースの商品解説】

元・空き巣狙いの会田は、甥が練炭自殺をとげた瞬間に偶然居合わせる。現場は完全な密室状態だったが、防犯探偵・榎本は計画的な殺人ではないかと疑い…。『野性時代』『小説野性時代』に掲載した全4編をまとめて単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

佇む男 5−94
鍵のかかった部屋 95−198
歪んだ箱 199−270

著者紹介

貴志 祐介

略歴
〈貴志祐介〉1959年大阪生まれ。京都大学経済学部卒。生命保険会社に勤務後、作家に。「硝子のハンマー」で日本推理作家協会賞、「新世界より」で日本SF大賞、「悪の教典」で山田風太郎賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー186件

みんなの評価3.0

評価内訳

密室、っていうともうそれだけでゲンナリしてしまうんです。現代における密室っていうのは、もうパロディ以外にありえないんじゃないか、なんて私は思って、そうなるとユーモアは不可欠なんですが、どうも貴志は真面目なんですね、笑えない。それに榎本の登場の仕方がなんとも不愉快なんです・・・

2012/05/01 19:03

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

本のデザインをみていて思うんですが、出版社によって傾向っていうのがあると思います。無論、デザイナーが絡むことも多いので一概に言い切ることはできませんが、それでも角川書店と新潮社、或いは講談社や集英社とでは明らかに違う。で、この本なんかは完全に角川してるな、って思うわけです。新しい感じはありませんが、古くもない。なんていうかポップアート的? そんな装画は池田孝友、装丁は角川出身の高柳雅人。

で、です。それはこの小説の内容についてもいうことができます。四つの密室、これ自体が古くて新しい。シリーズ前作『狐火の家』が出たのが2008年ですから、4年ぶりの出版。で、『狐火』にしても、その前『硝子のハンマー』(日本推理作家協会賞)から4年して出ているのですから律儀です。で、当然ながら登場するのも前二作とおなじ弁護士・純子&防犯探偵・榎本ということになります。

ちなみにこの二人について、出版社の特設ページで
                    *
榎本径、青砥純子という「カギ」 今回も名探偵ぶりを発揮するふたりの人物像をレビュー

榎本径:冷静にして明晰な頭脳を駆使し、純子から持ち込まれる密室の謎を次々に解き明かしていく榎本。その経歴には一抹の胡散臭さを漂わせつつも、防犯コンサルタントとして見事に事件の真相を手繰り寄せる手腕は、やっぱり名探偵そのものだ。
 防犯コンサルという職務上、あらゆるセキュリティ事情に通じているのが榎本の最大の武器。密室破りの様々な可能性を吟味し、純子の珍回答を含めた別解を片っ端から潰した末にたどり着く真相は、いつでもサプライズに満ちている!

青砥純子:弁護士として、様々な事件に立ち会うことになる純子。端麗な容姿に豊富な法知識を携えているが、密室を解く才能には恵まれなかったのが玉に瑕!? 毎回、事件の謎を解こうと躍起になるも、的はずれな解を掲げては榎本の失笑を買う。「なるほど。……今度こそ、わかりました!」「はいはい。言ってみてください」。こんなやりとりも今ではお馴染み。ただし、微笑ましいこの掛け合いが、しっかり別解潰しに一役買っている点は見逃せない。二人はやっぱりいいコンビなのだ。
                    *
とあります。各話についても同様の内容紹介がついていますので、覗いてみてください。私は簡単にタイトルと初出、そしてHPの決め言葉を引用しておきましょう。

佇む男(「野生時代」2008年5月号):ドアの前に佇んでいた男の不審な死の真相は?

鍵のかかった部屋(「野生時代」2008年12月号):辣腕の侵入盗が対峙した、完全なる密室の死

歪んだ箱(「野生時代」2010年5月号):地震によって作り出された理不尽な密室

密室劇場(「野生時代」2011年7月号):バカバカしくも謎が極まる舞台上の殺人劇

となります。意外と印象が薄いです。よくやるな、と思ったのが「佇む男」でしょうか。サラリと読んであまり理解できず、もう一度確認して「アリエネー」って思いました。でも、面白い。なんていうか、ここまで無理してしまうと、ウソだろ、っていうよりは笑えるわけです。それが行きついたのが、「密室劇場」でしょう。

でも、読みながらどうも不快感がある。それは密室の論理的な部分ではなく、榎本と純子の人柄のところ。特に榎本の出て来かたが嫌味です。こんな上司がいたら私は絶対にその会社を辞める、そういう感じ。『硝子のハンマー』では、ごく普通の人たちだったような気がしますが、『狐火の家』で脱線し始め、歯止めが利かなくなったような気がします。そしてミステリの切れも、その順で落ちている。

基本的に、貴志はユーモアを解さない人間ではないか、って私などは思ってしまいます。前田敦子ではありませんが〈不器用〉。そういえば、文章も内容を的確に伝えはするものの、読んでいて味わい深いとか、楽しいっていうようなものではありません。ともかく、真面目だなとは思うのですが、えてして真面目な人が笑いを取りに行こうとすると・・・

でも、その不器用さが魅力でもありんです、いえ、アッちゃんのことですが・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/05/14 13:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/20 21:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/27 14:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/16 02:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/06 22:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/07 23:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/25 00:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/04 17:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/14 14:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/01 16:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/13 08:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/23 07:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/03 22:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/26 09:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る