サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 写真で見るトモダチ作戦 OPERATION TOMODACHI

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

写真で見るトモダチ作戦 OPERATION TOMODACHI
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.6
  • 出版社: 並木書房
  • サイズ:23cm/171p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-89063-274-9
  • 国内送料無料

紙の本

写真で見るトモダチ作戦 OPERATION TOMODACHI

著者 北村 淳 (編著)

東日本大震災の被災地支援で、自衛隊とアメリカ軍は過去に例のない大規模な共同作戦を展開した。震災後約1カ月に及んだ「トモダチ作戦」の実像を400点以上の写真をもとに再現する...

もっと見る

写真で見るトモダチ作戦 OPERATION TOMODACHI

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東日本大震災の被災地支援で、自衛隊とアメリカ軍は過去に例のない大規模な共同作戦を展開した。震災後約1カ月に及んだ「トモダチ作戦」の実像を400点以上の写真をもとに再現する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

北村 淳

略歴
〈北村淳〉東京生まれ。警視庁公安部勤務後、渡米。情報システム管理修士ならびに社会学修士取得。軍事コンサルタント。著書に「グローバル・トレンド2025」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ありがとう、米軍! - トモダチ作戦と教訓

2011/06/29 15:41

8人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:としりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 東日本大震災での米軍によるトモダチ作戦を写真で見る。
 3月11日、在日米海兵隊の主力部隊である第31海兵遠征隊は、強襲揚陸艦エセックスなどと共にマレーシアに寄港していた。大震災発生によって直ちに帰艦指令が出され、被災地に向けて出航する。海兵遠征隊を乗せた艦隊は、速力25ノットで急行した。
 シンガポールに寄港していた第7艦隊旗艦ブルー・リッジも被災地へ向かう。
 一方で、空母ロナルド・レーガンが日本の近海を航行していた。ロナルド・レーガンは、ドック入りで動けない空母ジョージ・ワシントンに代わって、被災地へ急行した。
 米軍は、当座の補給中継基地として山形空港を確保し、支援物資の輸送を行う。さらに、水没した仙台空港を復旧させた。
 震災から5日後に第31海兵遠征隊を乗せたエセックスなどが被災地に到着し、救援作戦が一層強化された。

 震災からほぼ1ヶ月に及んだトモダチ作戦を、解説と共に豊富な写真で紹介している。
 加えて、そこから導き出される教訓にも言及する。
 日本の自衛隊に欠けているものは?
 因みにアジアでは中国はもちろん、韓国、台湾、フィリピン、インドネシア、タイなども保有しているのだが。

 ところで、震災から学ぶことは多い。
 原発の危険性を認識した読者も多いことだろう。自然災害ばかりでなく、テロなど破壊活動の危険もある。原発は無いに越したことはない。が、エネルギーの安定供給との絡みで悩ましいものである。
 有事の際の地方空港の重要性も認識させられたところだ。本書でも山形空港や復旧させた仙台空港が登場する。報道では、震災直後には福島空港も活用された。
 諸外国では、有事の際に滑走路として使用できる道路が整備されている。残念ながら日本ではそのような仕組みになっていないので、平時は無駄なようでも地方空港は大切だ。

「日本はこれまでアメリカに頼りすぎていた」などと夢想発言をしたのは鳩山由紀夫前首相だった。
「トラスト・ミー」「最低でも県外」など、アメリカを愚弄しまくった鳩山氏。史上最低の総理大臣だったと言える。
「在日米軍は第7艦隊だけで十分だ」「沖縄に海兵隊はいらない」は、反米の小沢一郎。
 昨年の尖閣事件だけでなく、南シナ海=西フィリピン海でも中国の無法行為、領土的野心がますます目に余る。中国はこれから何をしでかすのか。
 東アジアの平和と安定のためには、アメリカの陸海空軍と海兵隊が極東に駐留し続けることが不可欠というものである。
 第7艦隊だけでいいとか海兵隊はいらないなどと公言する人物は、早く政界から消えてほしいものである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/01/12 20:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/29 12:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

災害・事故・防災 ランキング

災害・事故・防災のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む