サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ありがとうともだち
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 31件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:2003.6
  • 出版社: 偕成社
  • サイズ:25cm/31p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:978-4-03-232120-3
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

ありがとうともだち (おれたち、ともだち!)

著者 内田 麟太郎 (作),降矢 なな (絵)

カジキマグロを釣ってあげる約束をして、キツネと海釣りに出かけたオオカミは、はりきりすぎて大失敗。がっかりさせたはずなのに、キツネが言った言葉とは? 「おれたち、ともだち!...

もっと見る

ありがとうともだち (おれたち、ともだち!)

1,080(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

おれたち、ともだち! 11巻セット

  • 税込価格:12,096112pt
  • 発送可能日:購入できません

おれたち、ともだち! 10巻セット

  • 税込価格:11,016102pt
  • 発送可能日:購入できません

おれたち、ともだち! 10巻セット

  • 税込価格:11,016102pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

カジキマグロを釣ってあげる約束をして、キツネと海釣りに出かけたオオカミは、はりきりすぎて大失敗。がっかりさせたはずなのに、キツネが言った言葉とは? 「おれたち、ともだち!」シリーズ第6弾。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー31件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (12件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

とにかく海がぎゅっと詰まった1冊!

2005/03/25 13:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カモメ - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつもながら親友オオカミとキツネのやりとりが、ほんわか暖かい1冊です。
また、今回はいつもより更にイラストがイキイキとしていて、
海に行く事になりウキウキとしているキツネの様子に笑ったり、
海で起こったとんでもないできごと(?)のシーンの間が絶妙だったりと
とにかく隅々まで楽しめる1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不思議な組み合わせ

2016/07/02 17:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:honyomi - この投稿者のレビュー一覧を見る

絵本によっては、
ずる賢いことにされるキツネと、
凶暴なことになるオオカミが、
この作品では仲良しのともだちになってます。
この二人で海へ釣りに行くお話ですが、
お互いの思いやる気持ちが見え隠れする、
ほんわかしたお話です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

オオカミとキツネの個性がよく出ている。

2015/12/19 22:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公のキツネとオオカミ、友情をはぐくんでいるふたりの姿に親近感が持てるシリーズ。
今回は、オオカミがキツネにいいところを見せたくて、キツネが知らない海の出来事を誇張して話してしまう。その後、実際に海に行き、釣りを始めるも、なかなかキツネに話したようには事が運ばなくて…と、オオカミに感情移入する流れになっている。
〈嘘〉と言ってしまえばそれまでだが、話を盛る、大げさにするというのは、誰しもついしてしまいがちなもの。オオカミだって決して悪気があったわけじゃない。友達のキツネにはそのことがわかっている。それを感じさせる結末に心温まる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/24 10:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/15 09:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/07 23:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/03 11:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/06 14:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/31 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/17 09:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/10 16:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/18 13:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/20 12:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/09 15:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/05 18:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

動物たちのおはなし ランキング

動物たちのおはなしのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む