サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

コラプティオ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 93件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.7
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/533p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-380690-7
  • 国内送料無料

紙の本

コラプティオ

著者 真山 仁 (著)

「私には希望がある」—国民の圧倒的支持を受ける総理・宮藤隼人。「政治とは、約束」—宮藤を支える若き内閣調査官・白石望。「言葉とは、力」—巨大権力に食らいつく新聞記者・神林...

もっと見る

コラプティオ

1,851(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「私には希望がある」—国民の圧倒的支持を受ける総理・宮藤隼人。「政治とは、約束」—宮藤を支える若き内閣調査官・白石望。「言葉とは、力」—巨大権力に食らいつく新聞記者・神林裕太。震災後の原子力政策をめぐって火花を散らす男たちが辿り着いた選択とは?『マグマ』で地熱発電に、『ベイジン』で原発メルトダウンに迫った真山仁が、この国の政治を問い直す。【「BOOK」データベースの商品解説】

震災後の日本を復興に導くカリスマ総理・宮藤。若き指導者に国民からの支持が集まるが、新聞の特ダネ記事が官邸の暗部を暴き出し…。『別册文藝春秋』連載を、東日本大震災の発生を踏まえて大幅に加筆修正し書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

真山 仁

略歴
〈真山仁〉1962年大阪府生まれ。同志社大学法学部政治学科卒業。新聞記者、フリーライターを経て、2004年「ハゲタカ」でデビュー。ほかの著書に「マグマ」「ベイジン」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー93件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

腐敗しているのは誰なのか

2011/09/09 23:03

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る


 さすが真山仁。期待は裏切られなかった。
 この作品は様々な切り口で読むことができる。たとえば、天才的政治家・宮藤隼人を中心に相対峙する二人の元同級生、つまり政治学者にして若き官邸スタッフ・白石望と経済部記者・神林裕太が、それぞれ首席秘書官・田坂義崇と社会部の看板記者・東條謙介という手厳しい「師」との軋轢や試練を経て、やがて宮藤を乗り越えていく一種の「成長小説」として。
 本作にもし続篇があるとすれば、それは(田坂によって帝王学をたたきこまれ)宮藤の後継者となった白石と、東條に続く看板記者となった神林との、政治という場面における正義や愛をめぐる確執の物語となっていくだろう。(「愛」と書いたのはいうまでもなく男女の恋愛・性愛のこと。本書の序章に登場した人物のなかで唯一、テレビ局の政治記者・澤地遼子の物語だけが充分に展開されていない。この女性が続篇では白石と神林に、もしかすると宮藤にまで深くからんでいくのではないかと期待している。)
 白石の政治学者としての専門は「政治への無関心と衆愚政治(ポピュリズム)」。これに第四の権力としてのマス・メディアの政治的機能の問題を組みあわせてみる。そうすると、カリスマ的政治家の功罪や政治における正義という政治学的論点(独裁者の誕生を阻止するために白石と田坂、神林がとった手段に正義はあるか、彼らの行為こそが民主主義政体における最大の「コラプティオ」すなわち政治的腐敗なのではないか)、そして何よりも現代日本政治の停滞に責任をもつべきは本当は誰なのか(それは政治家自身であり、それ以上にマスメディアであり、そして何よりも国民自身なのではないか)といった問題を鋭く指摘し告発する作品として読むことができる。
 いま二つの切り口をあげた。だが、それらが小説を読む醍醐味へとつながっていくためには、まず宮藤隼人の物語がしっかりと書きこまれていなければならない。東北大震災以後の政治のリアリズムに即しながら、政治家・宮藤がなしたことを克明に描き、とりわけ原子力を含めたエネルギー政策やアフリカ外交をめぐる「情報」を豊富に提供すること。(『ハゲタカ』や『マグマ』の作者ならできる。それも第一級の仕事が。)
 白石と神林の物語に先行して、宮藤の視点に立った物語が必要だったのではないか。続篇ではない前篇が。それほどの分量がなければ、ギリシャ悲劇かシェイクスピアに匹敵する「コラプティオ」の悲劇は描ききれなかったのではないかと思う。もっと傑作になったはずなのに惜しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/09/12 14:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/06 08:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/04 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/11 16:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/11 17:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/18 23:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/15 10:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/24 00:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/15 17:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/26 21:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/17 23:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/12 03:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/20 06:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/08 23:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る