サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

四龍海城

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 51件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.7
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/277p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-329981-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

四龍海城

著者 乾 ルカ (著)

健太郎の家の近くの海に、ずっと前から不気味な塔が建っている。地図にもインターネットにも載っていない、謎の建物。夏休みの最初の午後、憂鬱な気持ちで海岸にいた健太郎は、気が付...

もっと見る

四龍海城

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

四龍海城

1,382 (税込)

四龍海城

ポイント :12pt / 紙の本より346おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

健太郎の家の近くの海に、ずっと前から不気味な塔が建っている。地図にもインターネットにも載っていない、謎の建物。夏休みの最初の午後、憂鬱な気持ちで海岸にいた健太郎は、気が付くとその塔に「さらわれ」ていた。そこには感情がなくなった人々の群、閉じ込められた十数人の大人たち、そして昏い目をした少年、貴希がいた。健太郎と貴希は次第に心を通わせ、塔を出るための「出城料」を共に探し始める…。少年たちのある夏、切なすぎる冒険譚。【「BOOK」データベースの商品解説】

夏休みのある日、健太郎は謎の塔に「さらわれ」てしまう。そこには感情がなくなった大人たちと、昏い目をした少年、貴希が閉じ込められていた。健太郎と貴希は次第に心を通わせるが…。『新潮ケータイ文庫』連載を書籍化。〔「君の波が聞こえる」(新潮文庫 2014年刊)に改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

乾 ルカ

略歴
〈乾ルカ〉1970年北海道生まれ。藤女子短期大学卒。銀行員、官公庁臨時職員などを経て、「夏光」でオール讀物新人賞を受賞、デビュー。ほかの著書に「プロメテウスの涙」「メグル」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー51件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

最後の最後まで「緊張感」

2012/06/14 08:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のちもち - この投稿者のレビュー一覧を見る

地図に載っていない塔、不気味な城が海の先に存在する。インターネットの「噂」では、一度訪れたものは二度と帰れないという...中学生の主人公は憂鬱な時間をその城が向こうに見える海で過ごしていた。何かに導かれるように「城」に近付いた彼を待っていたものは...
そこは日本でありながら日本ではなく、そこにいる人は日本人でありながらも「城人」と呼ばれる無気力無感情人間であった。自ら、あるいは「さらわれて」この城に来た日本人は、やがて帰ることが不可能であるとあきらめ、無気力無感情な「城人」になって、この地で過ごすことになる。
ここを出るには「出場料」が必要だという。ただ、その出場料が何であるのか、カネなのかモノなのか、それすら探る手がかりがない。主人公はそれを探し出すために、城で巡り合った友人と必死になるのだが...
序盤早い段階から、この不可思議なミステリアスな世界に迷い込みます。情景描写もよくイメージできないほどに空想的なのですが、「出られない」環境にあるものが、「出る」ためのチケットを探すために奔走する...中学生の主人公、絡む大学生、城滞在が長くなっている看護婦や教授。限られた登場人物も個性的で、徐々に「答え」に迫っていく感じが読むスピードを速めます。
なんとなく途中で見えてくるものはあるものの、最後まで、最後の一行まで緊張感が続く感じです。気がつけば残りページ数が少なくなってきて、「これはこんなハッピーエンドか?」と思わせるものの、最後の最後まで、ロスなく読み切ることができる。結末が気になって電車に乗り続けたのは久しぶりの体験でした。
四龍海城という場面が「裏社会」的なダークに包まれていますが、登場人物のアクティビティがそのダークさを越え、けして「暗い」だけの読み物にはなっていません。拙いながらも大学生の力も借りて、出るための答えを見つけていく中学生の思い、その過程で得られた大切なもの、つかみきれない環境の中で、確かに掴んだものが、全ての答えだったのです。読後の「整理」しちゃったりするとそれほどでもない気がしますが、読んでいる時の引き込まれ感覚は尋常ではありません。完全に入り込んでしまった自分がいました。

【ことば】「本当にきれいなのは、建物じゃなくて...そういうのと一緒に、もう二度と戻らない時間を見ている気がする。きれいに思うのはきっとそのせいです」

写真好きの少年が持っていたのは、蔦の絡まる家の写真。なぜその写真を撮ったのかという問いに「きれいだから」と答える。大人びた中学生の言葉だけれど、ぐっとくるものが、ある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

地図にない城にとらわれた夏の日々

2011/08/25 16:39

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

北海道の、地図にも載っていない島――四龍海城。
干潮になると陸続きになるそこへは
さらわれたり、迷ったりして、時々人が消えていきます。

夏休み前日、中一の高橋健太郎は
キレイなものが見えたため、そこに渡ってしまい
帰れなくなります。

そこには迷い込んだ日本人がいて、
誰かが世話役として新入りの面倒をみたり
コミュニティの円滑化を図っています。

しかし、人々はだんだん生きる気力をなくし
「城人化」し、城の住民となってしまいます。

健太郎は吃音に悩んでいるのですが
ただ一人――過去も含めて――笑わなかった
一つ上の少年・貴希と出会い、
それが彼の人生を大きく変えていきます。

世話役の大学講師の上川や看護師の天野といった
彼を迎える人など、静かで不穏な空気に包まれているのですが
途中で大学生の楽天家・関省吾が加わったことで
小説に躍動感がでてきます。

吃音のコンプレックスを抱える健太郎には
目がとてもいいこと、手先が器用なことといった
長所があり、城を抜け出す大きな力になります。

また貴希は父親から虐待されていて
人生を斜めに見ているところがあるのですが
耳がよく、省吾からトランペットを習うと
ぐんぐんうまくなっていきます。

そして二人の間には絆が徐々に育まれていきます。
この徐々に、がまたうまい。

この城の不条理なシステムもいいし
それが日本をどれだけ支えているかといった肉づけ、
そしてそれが語られない理由もうまい。

出城料の謎もどんどん核心に近づき
これが切なく、ラストがわかってしまうだけに
最後の10ページくらいは胸が締めつけられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

懐かしの少年ドラマシリーズを思い出しました

2012/02/04 20:26

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:お月見 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 海岸から見える、地図にもない謎の塔。四龍海城にとりこまれてしまった主人公。自分の居たもとの世界に戻れるすべはあるのか?
 幻想的で、無国籍で、謎めいた展開にどこか懐かしさを覚えながら読み進みました。途中で、「この懐かしさはまるで往年のNHK少年ドラマシリーズみたい」と思ったとたん、当時、ワクワクしながら連続ドラマを楽しみにしていた気持ちまでよみがえりました。本の内容からは少しはずれますが、少年ドラマシリーズというのは、昔放送していたNHKの子供向けのドラマで、「時をかける少女」や「なぞの転校生」「七瀬ふたたび」などの名作SFや「風の又三郎」などの児童文学をドラマ化したり、オリジナルでもちょっと幻想色のあるストーリーで熱烈なファンが多い番組で、私も熱心にみていた一人でした。
 少年ドラマシリーズが好きだった人にはぜひ読んでほしいし、ジュブナイル(児童書)や、たとえば「小説すばる新人賞」受賞作(水森サトリさん「でかい月だな」とか、浅井リョウさん「桐島、部活やめるってよ」など)、それから恩田陸さんやあさのあつこさん(特にNO.6)の小説が好きな人にもおすすめです。ぜひこの不思議でせつない物語にひたってみて下さい。
 ストーリーに触れてしまうと、ネタバレになってしまうので他の作者さんの引用ばかりで申し訳ないけれど、ラストのせつなさは絶品です。それから、恋愛要素やきわどいシーンは一切出てこないのに、作中にそこはかとなく漂う清冽な妖うさにも心惹かれました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/09/30 09:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/07 20:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/21 08:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/10 15:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/03 17:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/16 12:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/11 13:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/29 22:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/09 19:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/02 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/26 23:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/07 16:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む