サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本の音(コロナ・ブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.7
  • 出版社: 平凡社
  • レーベル: コロナ・ブックス
  • サイズ:22cm/127p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-582-63458-7
  • 国内送料無料

紙の本

日本の音 (コロナ・ブックス)

著者 コロナ・ブックス編集部 (編)

季節の始まりを知らせる「春雨の音」、静寂を深める「虫の音」、江戸の街にひびく「物売りの声」…。日本の伝統と繊細な感性が生みだした音の表現を、日本画、浮世絵などに探る。【「...

もっと見る

日本の音 (コロナ・ブックス)

1,944(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

季節の始まりを知らせる「春雨の音」、静寂を深める「虫の音」、江戸の街にひびく「物売りの声」…。日本の伝統と繊細な感性が生みだした音の表現を、日本画、浮世絵などに探る。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

どこからか懐かしい音が聴こえてくる……美しい本

2011/09/09 18:21

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:辰巳屋カルダモン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書を手にして、まず、表紙の日本画にしばし見入った。
庭の柳が揺れる日本家屋、畳の上にきちんと並べて置かれた三味線と鼓。
これから稽古が始まるのだろうか。
主役の登場を待つ、静かな緊張感が満ちている。
三味線を爪弾く音と鼓のキレのいい音が、今にも聴こえてきそうだ。

 古来、日本人を取り巻いてきたさまざまな音。
本書は「日本の音」が表現された美術や文学を通して、日本人と音の伝統的なかかわり様を探る試みだ。
自然の音、鳥獣の声、歴史と生活の音、年中行事の音、の4つの音を挙げ、さらに細かく分類する。
表紙の小村雪岱の『青柳』(1924年ごろ)は「歴史と生活の音」のうち「撥音」として紹介されている。

 やはり多様なのは自然の音で、雨、風、雷鳴、水音、松籟など。雨や風は特に種類が多い。
馴染み深い、春雨、霧雨、夕立のほか、木の芽おこし、桜ながし等は初めて知った。なんと美しい名称だろう!
風の呼び名も数多く、柳田国男編『風位考資料』には約900種もの固有名が収録されているという。
雨風に、四季折々のまた地域特有の呼び名をつけて、呼び分けてきた日本人の感性の豊かさを誇らしく思う。

 紹介される絵画は、13世紀の絵巻物から近代日本画まで多彩だ。絵画だけではなく陶磁器や着物も登場する。
和歌、俳句のほか、エッセイも添えられて、総合的に「日本の音」を鑑賞できる。

 黒白ぶちの丸々とした子犬が愛らしい俵屋宗達の『狗子図』、『北野天神縁起絵巻』時平抜刀の場面は、雷神に襲われ宮中人てんやわんやの様子に思わず笑ってしまう。お馴染みの浮世絵や日本画以外に、こうした、ちょっと愉快な作品が入っているのは楽しい。
和辻哲郎『松風の音』、寺田寅彦『物売りの声』のエッセイは、しみじみと味わい深い。
さっそく原本をあたってみたいと思った。

「日本の音」を見事に表現し得ている美術、文学が数多いことに驚く。
目には見えないが「音」は日本の芸術表現に欠かせない大事な要素なのだ。
気がかりなのは、今現在、失われたか失われつつある音が多いこと。
衣擦れの音、物売りの声、子供の遊び声、機織りの音、砧の音など、守らなければならない音は多い。

 眺めていると、周囲の雑音はいつか消えて心が澄みわたってくる。
そっと目を閉じてみると、かすかに懐かしい音が聴こえてくる。
実に美しい本に出会った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/06/19 13:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/14 18:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/03 11:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/10 09:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

音楽理論 ランキング

音楽理論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む