サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

なぎさホテル
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 31件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.7
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:20cm/188p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-386306-3
  • 国内送料無料

紙の本

なぎさホテル

著者 伊集院 静 (著)

苦悩する若者を温かく受け入れ、家族のような目で見守ってくれた伝説のホテルとその人たち。絶望から再生へ、作家・伊集院静が誕生するまでの7年余りを初めて綴った自伝的随想15章...

もっと見る

なぎさホテル

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

苦悩する若者を温かく受け入れ、家族のような目で見守ってくれた伝説のホテルとその人たち。絶望から再生へ、作家・伊集院静が誕生するまでの7年余りを初めて綴った自伝的随想15章。【「BOOK」データベースの商品解説】

苦悩する若者を温かく受け入れ、家族のような目で見守った、伝説のホテルとその人たち。絶望から再生へ、作家・伊集院静が誕生するまでの7年半余りを初めて綴った自伝的随想。電子書籍に『旅サライ』掲載を追加し、加筆修正。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

伊集院 静

略歴
〈伊集院静〉1950年山口県生まれ。立教大学文学部卒業。「皐月」で作家デビュー。「乳房」で吉川英治文学新人賞、「受け月」で直木賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー31件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

絶対に上手な文章を書かないように己を戒めること

2011/07/26 16:11

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あまでうす - この投稿者のレビュー一覧を見る



これは昔逗子海岸にあったホテルを舞台にした、著者の青春回顧小説である。

離婚の慰謝料や借金をかかえ実質的には一文なしの風来坊が偶然逗子の海を訪れ、なぎさホテルの支配人の格別の好意に恵まれて出世払いということでその夜から寄宿し、およそ六年間の歳月を海岸に打ち寄せる波の音を枕の友として文学全集を読破し、短編小説を試み、浴びるように酒をくらい、危ない橋を渡り、鎌倉の漁師や寿司屋の主人やおじさんやおばさんと仲良くなり、人気女優と熱愛し、とうとう結婚して思い出多い逗子なぎさホテルを去るまでの夢のような、幻のような、しかし確かに実際にあった物語がとつとつと綴られている。

この作家の文章はどちらかというと拙劣で、用字用語的に都会的で洗練された要素は皆無だが、一字一行をひたすら実直に書き連ねたその下手くそな文章を読んでいるうちに、この人の内面に潜んでいるある種の清々しい倫理観、書かれた内容に関する好ましい節度と誠実さというものが読者の心に少しずつ岩肌から垂れる清水のように沁み込んできて、それがおのずから他の作家との違いを形づくっているような按配である。

こうした著者の芸は、俳優にたえれば高倉健、野球選手にたとえれば松井秀喜といった人物のパフォーマンスに酷似している。高倉健の演技など下手くそでどうにも見ていられないが、じつはその下手くそさが彼の最大の魅力であり、大衆をつかむ武器ともなっているのだ。

かつて私が高倉健氏にインタビューするためにたった一度だけお会いして名刺を渡した時、彼はあの黒々と耀く両のまなこで私を射竦めながら、東映映画のスクリーンから出てくるような太く低い声で「頂戴致します!」と一言いって、両の手を剣のように突き出して紙片を押し頂いてから、深々と一礼された。

私は伊集院氏には会ったことはないが、もしかすると健さんのような振舞いをする人物ではないかな、とふと思った。彼は絶対に上手な文章を書かないように己を戒めることによって、最良の自分を表現しようと努めているのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/11/17 16:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/29 10:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/17 22:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/05 10:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/18 05:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/30 14:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/06 07:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/11 11:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/15 09:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/08 14:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/12 10:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/28 11:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/28 01:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/30 20:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る