サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. 星を継ぐもの 01 (BIG COMICS SPECIAL)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

星を継ぐもの 01 (BIG COMICS SPECIAL)(ビッグコミックス)

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 42件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2011/06/30
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: ビッグコミックス
  • サイズ:21cm/211p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-183888-9
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

星を継ぐもの 01 (BIG COMICS SPECIAL)

著者 星野 之宣,J.P.ホーガン (原作)

【星雲賞コミック部門(第44回)】【「TRC MARC」の商品解説】

星を継ぐもの 01 (BIG COMICS SPECIAL)

1,337(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

星を継ぐもの (BIG COMICS SPECIAL) 4巻セット

  • 税込価格:5,45150pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー42件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

やっぱり星野さんはいいよね

2013/03/05 19:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

星野之宣さん久々の長編SF、というだけで、買いです。
JPホーガンの原作は有名ですけど今まで読んだことがなかったのですが、星野さんの漫画化を機にシリーズを一気に大人読みしました。
超絶技巧、今も変わらないです。まだまだ、意欲的な挑戦をお願いします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

星野之宣流味付け「星を継ぐもの」

2011/07/02 22:16

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Tucker - この投稿者のレビュー一覧を見る

J・P・ホーガンの「星を継ぐもの」を星野之宣がマンガ化したもの。
2011/07時点で、ビックコミックで連載中である。ちなみに星野之宣は、かつて「未来の2つの顔」(J・P・ホーガン)もマンガ化している。

ストーリーは
205X年、月面で宇宙服を着た一人の人間の遺体が発見された。
当初、何かの事故に巻き込まれたものと思われたが、調査の結果、関係者全員、頭を抱える事態になってしまった。

死亡推定時刻:約5万年前

人類がまだ石器時代の頃、人類そっくりの生き物が宇宙服を着て、月面を歩いていた・・・。
発見された遺体は人類であるはずがない。が、調べれば調べるほど共通点が浮かび上がってくる。

一体、この人物は「何者」なのか?
というもの。

人によっては、「ミステリー」だという人もいるが、自分は「SF」(それも文字通りの意味での)だと思っている。


当然、と言えば当然かもしれないが、原作を100%忠実にマンガ化しているわけではない。

例えば、発見された遺体(「チャーリー」と名づけられる)は早々に火災事故で失われてしまう。
これに関しては「DNA鑑定をやれば?」というツッコミに対応する手段だと思う。(原作が発表された1977年ではDNA鑑定は精度が悪い)

他にもいかにも「悪者」といった感じの組織が登場してくるが、今回は自己紹介程度の登場だった。

1巻は、ガニメデで宇宙船が発見されたので、調査に向かう所まで。
最初の巻らしく、主要登場人物の紹介と謎の大風呂敷を広げるのがメインになっている。

今後、星野之宣は「星を継ぐもの」にどういう味付けをしていくのか、注目したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

星野之宣がどう描いていくのかに期待して読み続けたい

2011/08/27 11:44

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

これでも60年代後半から70年代にかけてSFにハマっていた人間なので、J・P・ホーガンの『星を継ぐもの』と言えば有名すぎるほどのSFの名作だということを知らないわけはない。その名作をあの星野之宣が描くというのだから、驚きと言うか、期待と言うか。
まだ第1巻なので、作品全体の評価をすることは難しいし、マンガとしてどう描き切るのかについてはこの後も期待していくしかないので、第1巻から読み取れそうなことだけを考えてみたい。
まず、名作SFとは言え1970年代に発表(日本語訳は1980年)された作品を、30年以上も経過した今なぜマンガにするのかということ。内容から考えれば、宇宙のことや人類発生のことなどについて、以前よりも多くのことがわかってきたからこそ今改めてそれを問うということなのかとも思えなくはないけれども。
また、作品の初め頃から原作をかなり改変している部分があるということ。きっと星野自身に原作ならびにそのシリーズを読み込んできて何か思うところがあるのだろう。それを今後明らかにしていき、ある意味星野の『星を継ぐもの』を描き出そうとしているのかもしれない。
いずれにせよ、星野之宣がSFに戻ってきたということに期待をしたい。原作も原作なので、そう簡単に終わらないでほしい。そんな期待をさせるマンガにこの頃お目にかかってもいないので、余計そう思ってしまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/09/23 17:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/19 01:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/13 01:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/17 17:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/13 23:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/03 14:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/08 19:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/08 15:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/04 16:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/03 20:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/07 21:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/10 21:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む