サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 法学・法律
  4. 憲法
  5. 羽鳥書店
  6. 憲法の急所 権利論を組み立てる

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

憲法の急所 権利論を組み立てる
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:大学生・院生
  • 発行年月:2011.7
  • 出版社: 羽鳥書店
  • サイズ:21cm/336p
  • 利用対象:大学生・院生
  • ISBN:978-4-904702-26-0
  • 国内送料無料

紙の本

憲法の急所 権利論を組み立てる

著者 木村 草太 (著)

判例ベースの主要論点を網羅した演習問題に、著者自身による論証例を付けた、憲法がおもしろくなる演習書。急所をふまえ、権利論を組み立てるための、判例・学説に対する明晰な理解と...

もっと見る

憲法の急所 権利論を組み立てる

3,024(税込)

ポイント :28pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

判例ベースの主要論点を網羅した演習問題に、著者自身による論証例を付けた、憲法がおもしろくなる演習書。急所をふまえ、権利論を組み立てるための、判例・学説に対する明晰な理解と論証技術が身に付く。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • Ⅰ 講義編
  • 第1章 憲法上の権利の基礎知識
    • 第1節 憲法上の権利の概念と分類
    • 第2節 自由権の基礎知識
    • 第3節 請求権の基礎知識
  • 第2章 憲法上の権利の基本手順
    • 第1節 自由権の基本手順
    • 第2節 請求権の基本手順
  • 第3章 私人間効力論
  • Ⅱ 演習編

著者紹介

木村 草太

略歴
〈木村草太〉1980年横浜生まれ。東京大学法学部卒業。首都大学東京准教授。著書に「平等なき平等条項論」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

生兵法は大けが(司法試験不合格)のもと

2011/10/23 03:57

20人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐伯洋一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本を、芦部理論に凝り固まった愚かな一部の予備校講師が批判しているという。しかし、この本を批判できるほどの理論的精緻さが、その予備校講師に存在するとはとても思えない。
 確かに、通説(芦部)からすると、にわかには首肯出来ない部分も多い。芦部説かどうかはともかく、適用違憲を基本とする手法というのが、本当に判例の趣旨なのだろうか。ビラ貼り規制法令について、法令を合憲とした後、合憲の法を適用したら処分も合憲だろうというような口ぶりをどう評価すべきなのか。

 結論からいえば、私は著者の説明は憲法学の革命というか、目覚めを感じさせる。例えば刑事訴訟法などが、松尾先生の門下をはじめ、学会のモーツァルトといわれる田宮教授などが、非常に学問的に深化させ、なおかつ、松尾門下は私から見れば、実務にも目を配る隙のない理論の構築を完成させつつあるのと比較し、憲法学まさにカビの生えたエセ学問になり果てていた。
 会社法などは完全な実務そのものだし、刑法も非常に学問的に練られてきている。労働法もそうだし、独禁法などは実務学問両面においてやはり深化されたと見える。
 しかし、憲法だけは死んでいた。教科書を見ても、権利の重要さなどの説明を繰り返す、死んだ教科書だけがあふれ返っていた。実務には全く耐えがたい内容になっていたのである。それは、結局憲法の価値というのは、具体的にどう活かすのかの説明が皆無だったからである。私は、憲法学界は一番レベルが低いと思う。いや、お前のレベルが低いと思われる方も当然いるだろうが、憲法の改正も考えることができず、国民投票法案も出来なかった現状は、レベルの低い学会の責任もないとはいえまい。

 本書は、ようやくその憲法の使い方を世に知らしめた初めての本である。宍戸先生の本もそれを目指したのであるが、あんなもん難しすぎて教授も含めてだれも理解できない。宍戸教授は、難しい内容を難しくしか説明できない点で、非常に損をしているなあーという気がする。
 本書は、宍戸先生の考え方を敷衍した本といえるし、実際には芦部高橋説とさしたる距離はないと私は思う。というか、芦部を敷衍したに過ぎないと思うのである。そう思っていたら、先生本人もそういう認識らしい。

 しかし、これを、司法試験受験生にとってどうかと聞かれれば、間違いなくNOである。この書き方をマスターしても果たして採点委員に理解されるかといえば、それは無理である。実際、法令違憲を論じず、適用違憲に終始して、法令違憲に振られている点数が入らず、大学院の試験でDを取ったという人物を知っている。いくら抗議しても、通用する世界ではない。
 イメージでいえば、刑法でいう前田説で固めるよりはるかにリスクが高いと思う。前田説には批判ばっかりだが、それでも現行理論の枠内を逸脱するものではなく、所詮は説の優劣にすぎないので、根本から書き方が変わるようなものではないからである。
 また、そもそも軽く「マスター」と言ったが、これをマスターするのは容易ではなく、本を読んだだけで出来るものではない。首都大学の学生以外無理ではないか。中国の故事に生兵法は大けがのもとというのがあるが、まさにそれである。
 そういう意味では、本当に刺激のある本だが、一体誰に勧めればいいんだろう?そういう何とも言えない本なのである。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

非常にいい

2015/09/12 16:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:となりのとまと - この投稿者のレビュー一覧を見る

若手の学者の方が書かれていますが、非常に理路整然と描かれており読みやすいです。憲法の書き方・考え方がわかるようになるので中級者の方にお勧めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

難しい

2015/10/31 23:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ごり - この投稿者のレビュー一覧を見る

芦部憲法を読んだ後にこちらの本を読んだが内容が難しかった
中級者以上向けかも

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/03/05 23:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/14 10:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/18 01:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/22 18:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/08 23:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

憲法 ランキング

憲法のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む