サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 自然科学・環境
  4. 天文・宇宙科学
  5. 朝日出版社
  6. 世界をやりなおしても生命は生まれるか? 生命の本質にせまるメタ生物学講義

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

世界をやりなおしても生命は生まれるか? 生命の本質にせまるメタ生物学講義
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 28件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.7
  • 出版社: 朝日出版社
  • サイズ:19cm/298p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-255-00594-2
  • 国内送料無料

紙の本

世界をやりなおしても生命は生まれるか? 生命の本質にせまるメタ生物学講義

著者 長沼 毅 (著)

生命とは何か? 生命はなぜ存在するのか? 謎の深海生物、人工生命、散逸構造、地球外生命…。世界の果てを探究する生物学者が高校生と対話し、生命という「とびっきり大きな問題」...

もっと見る

世界をやりなおしても生命は生まれるか? 生命の本質にせまるメタ生物学講義

1,728(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

生命とは何か? 生命はなぜ存在するのか? 謎の深海生物、人工生命、散逸構造、地球外生命…。世界の果てを探究する生物学者が高校生と対話し、生命という「とびっきり大きな問題」に挑んだセッションの記録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

長沼 毅

略歴
〈長沼毅〉1961年生まれ。筑波大学大学院生物科学研究科博士課程修了。広島大学大学院生物圏科学研究科准教授。生物学者。理学博士。著書に「深海生物学への招待」「生命の星・エウロパ」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

 以前、『それでも日...

ジュンク堂

 以前、『それでも日本人は戦争を選んだ』という歴史の本を紹介したことがありますが、この本もそれと同様に現役の高校生たちとのセッションから生まれた素敵な1冊。自称「変な生き物」の専門家が、動物の形と進化やゲノム、代謝、人工生命といったトピックについて話しながら、「生命とは何か」という本質的な問題を生徒達と探索していきます。エントロピーや散逸構造、シンギュラリティなど生物以外の幅広い視点からの議論が新鮮です。

登場する生徒たちの反応も驚くほど優秀。先生顔負けの考察も。生物を「非平衡開放系」と定義したことから、「生命は宇宙の死を早めるか」といったスケールの大きな存在論まで展開されています。中に出てくる生物も生物の定義そのものをゆるがせてくれるような奇妙な生き物も多く、そこだけでも単純に楽しめそうです(そこが面白かった方はぜひ同じ著者の『辺境生物探訪記』やカンブリア爆発について書かれた『眼の誕生』などもあわせてどうぞ)。

生物や生物学に関する固定観念を外してくれる展開で、生物学という学問の面白さを垣間見させてくれると共に、科学的に思考することそのものの魅力も思い出させてくれる本です。

みんなのレビュー28件

みんなの評価4.0

評価内訳

2016/02/27 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/14 22:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/11 18:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/08 19:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/10 14:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/28 14:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/01 00:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/26 00:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/22 09:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/02 10:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/15 08:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/07 14:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/03 17:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/08 15:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/26 13:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

天文・宇宙科学 ランキング

天文・宇宙科学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む