サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. 生を肯定する倫理へ 障害学の視点から

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

生を肯定する倫理へ 障害学の視点から
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.6
  • 出版社: 白澤社
  • サイズ:19cm/214p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7684-7939-1
  • 国内送料無料

紙の本

生を肯定する倫理へ 障害学の視点から

著者 野崎 泰伸 (著)

ロールズやシンガーら現代の倫理学は私たちの生を肯定しているのか? 障害者の視点から従来の倫理学説を再検討し、レヴィナスやデリダの問題提起を引き受けながら、生を無条件に肯定...

もっと見る

生を肯定する倫理へ 障害学の視点から

2,376(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ロールズやシンガーら現代の倫理学は私たちの生を肯定しているのか? 障害者の視点から従来の倫理学説を再検討し、レヴィナスやデリダの問題提起を引き受けながら、生を無条件に肯定する倫理を構想する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

野崎 泰伸

略歴
〈野崎泰伸〉1973年尼崎市生まれ。立命館大学非常勤講師。倫理学専攻。共著に「はじめて出会う生命倫理」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「救命ボート問題」は問題の設定が間違っている

2011/09/21 11:51

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちひ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「自分を棚上げにしない」生命学の立場から語られる、生が無条件に肯定されるべきであるとする哲学・倫理の書。
 
 著者は生命倫理系の研究者・論者では国内随一であると思われる森岡正博と立岩真也に師事している。自身が障害者でもある。
 
 シンガー等の一般的な「生命倫理学」は、乱暴にざっくりとらえると、「(私の認める)〈パーソン〉以外は生きていなくても良い(ある種の意思を持たない生のあり方を否定することが可能である)」と主張する哲学・倫理である。
 
 森岡はそのような生命倫理学的な論を検証して(非常にざっくり言えば)「それはおかしいのではないか」と言い、「生命学」を提唱している。(『生命学に何ができるか』2001年)
 
 自分を棚上げにしない、つまり自分が入り込んでいく哲学・倫理・生き方である「生命学」にはさまざまなカタチがある。野崎氏のこの本も「自分」という視点からの哲学書である。
 
 この本の中で私がいちばん衝撃を受けたのは「救命ボート問題は問題が間違っている」という証明であった。サンデル教授も取り上げる代表的な「倫理課題」は、実は単なる「処世術」なのである。たしかに、真に倫理的であるならその課題に答える必要はないのだ。
 
 哲学は思考の継続そのものであり、結論が出たら哲学ではないのかも知れないが、結論が出てもなお、よりよい生を肯定する倫理を求め続けていく著者の姿勢は「生命学」そのものであり、哲学そのものであり、中途半端な「生命」倫理への宣戦布告であるとわたしは思う。
 
 ともかく、生を肯定する倫理への著者の挑戦は今後も続いていく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

倫理・道徳 ランキング

倫理・道徳のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む