サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

憧憬☆カトマンズ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 86件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.6
  • 出版社: 日本経済新聞出版社
  • サイズ:19cm/236p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-532-17107-0
  • 国内送料無料

紙の本

憧憬☆カトマンズ

著者 宮木 あや子 (著)

ハケンと正社員、外見と内面、偶然と運命…?仕事に、恋に、世直しに、ゆれるワーキングガール必読。痛快、爽快、ウルトラハッピーストーリー。【「BOOK」データベースの商品解説...

もっと見る

憧憬☆カトマンズ

1,404(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ハケンと正社員、外見と内面、偶然と運命…?仕事に、恋に、世直しに、ゆれるワーキングガール必読。痛快、爽快、ウルトラハッピーストーリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

ハケンと正社員、外見と内面、偶然と運命…? 仕事に、恋に、世直しに、ゆれるワーキングガールを描いたウルトラハッピーストーリー。『日経ウーマン』『日経ウーマンオンライン』掲載をまとめて書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

憧憬☆カトマンズ 3−47
脳膜☆サラマンダー 49−106
豪雪☆オシャマンベ 107−152

著者紹介

宮木 あや子

略歴
〈宮木あや子〉1976年神奈川県生まれ。2006年「花宵道中」で第5回「女による女のためのR−18文学賞」大賞と読者賞を同時受賞して作家デビュー。他の著書に「セレモニー黒真珠」「太陽の庭」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

丸善札幌北一条店

自分探しには、カトマ...

丸善札幌北一条店さん

自分探しには、カトマンズが好いらしい。
カトマンズはネパールの首都で観光が盛んな、ヒマラヤ登山を志す人が旅の支度をする街…
と調べては見たのですが、本編には全く関係がございません。
音楽オタクだったり、プレハブに住んでいて趣味は仏像彫りだったり、下町で鯛焼きを焼いてたり
でもバリバリ働く女性3人の「ウルトラハッピーストーリー」なのですから。
仕事でいやなことがあったり、何かで落ち込んだとき、ハワイに自分を探しに行く前に(もちろんカトマンズに行く前にも)、
まずはこの本を読んでほしい。
宮木さんの描く女性は、いつも強くて、闘ってて、とってもかわいい。
そんなエネルギーをもらうのに、ぴったりな一冊です。

鹿

みんなのレビュー86件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

ウルトラハッピー小説

2014/04/15 15:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆーこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

私がはじめて読んだ宮木さんの本は『太陽の庭』という謎めいた一族の愛憎をめぐる幻想的な内容の本でしたが、この『憧憬カトマンズ』を読んで、本当に同じ作者??と疑ってしまうほど、現代的で、かと言って誰かが死んだりする話でもなく、ほんとにハッピーになれる内容でした!!途中読みながら1人で笑ってしまうほど(笑)読んだあと、絶対誰かに勧めたい!!読んでもらいたい本です!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

苦手を克服

2012/02/22 11:11

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひととき - この投稿者のレビュー一覧を見る

気になっていたけれど、なかなか購入までいたらなかった小説でした。
明るい本が読みたい…と書店に行ったときに、何気なく手に取り購入。
・・・びっくりするほど、面白かったです。

主人公がギャル系のような感じなので、はっきりいって苦手人種にはいるため、
入り込むのは微妙かな~と思いつつ読み進めると、あまりの面白さにとまりませんでした。

以前読んだことのある、「セレモニー黒真珠」がちょっと暗めだったので、
その路線と真逆をいくような展開に、ちょっと作風が変わったのかと思ったら、
ただただ、設定の違いによる印象だったのかもしれません。

で、肝心な内容ですが、派遣さんの事情とか主人公たちのスタンスとか、
キャラを完全に把握するのは小説を半分くらい過ぎたころからでしたが、
ありえないリアルに笑って泣いて、とってもハッピーな気分になりました。

うじうじと悩むこともあれば、ギャル系といっても同じようなものであり、
それでも、その登場人物たちの関係性がとっても羨ましく、爽快な小説です。

恋愛事情も、ハッピーエンドに終わりますので、愉快痛快な気分になりますよ。
年甲斐もなく、一緒にキャーキャーはしゃぎたい気持ちになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/08/07 15:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/09 21:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/19 23:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/16 12:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/22 19:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/06 17:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/25 00:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/27 19:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/11 13:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/04 18:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/03 21:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/20 12:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/06 15:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る