サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. なぜ僕はドキュメンタリーを撮るのか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

なぜ僕はドキュメンタリーを撮るのか(講談社現代新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 31件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.7
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社現代新書
  • サイズ:18cm/251p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-288113-5
  • 国内送料無料
新書

紙の本

なぜ僕はドキュメンタリーを撮るのか (講談社現代新書)

著者 想田 和弘 (著)

「目の前の世界」をどう映すか? ドキュメンタリーを撮り続けてきた著者が、映画「Peace」のメイキングを通して、制作等にまつわるさまざまな問いへの答えを率直に語る。「表現...

もっと見る

なぜ僕はドキュメンタリーを撮るのか (講談社現代新書)

864(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「目の前の世界」をどう映すか? ドキュメンタリーを撮り続けてきた著者が、映画「Peace」のメイキングを通して、制作等にまつわるさまざまな問いへの答えを率直に語る。「表現」に興味を持つ人に贈るライブな映画論。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

想田 和弘

略歴
〈想田和弘〉1970年栃木県生まれ。東京大学文学部卒業後渡米。映画作家。台本や事前のリサーチ、ナレーションや音楽などを使わないドキュメンタリーの方法論・スタイルである「観察映画」を提唱・実践。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー31件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

自分を棚上げにしない映画作り

2011/09/21 12:34

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちひ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ドキュメンタリー映画の監督の本。
 
 著者が得意としている「観察映画」はどんな映画か。なぜこの方法で撮るのか、どのようにして撮っているのか、撮影・編集の間にどんなことを考えているのかを、最新作である『Peace』を題材に、非常に丁寧に伝えてくれる。
 
 フツウの映画には台本やテーマがあり、また撮る人・撮られる人が明確に分けられている場合がほとんどである。ドキュメンタリー映画でもそれは同様である。本書でも言及のある『ゆきゆきて、神軍』(原一男監督)や『ボウリング・フォー・コロンバイン』(マイケル・ムーア監督)は、台本こそないが、テーマは事前に設定される。もちろん、撮影当初とは異なる視点や発見が立ち現れれば監督はそれを映画に練り込むのでテーマが「変化」する場合もあるが、「初めにテーマありき」であることには変わりがない。また撮影者としての監督が映画に登場する場合もあるが、それはあくまで「語り部」、一登場人物としての参加である。
 
 が、想田監督が得意とする「観察映画」というジャンルでは、テーマを設定せず、撮影者(監督)は興味が向いた対象をただ撮っていく。対象との関係性から撮影者自身の「視点」が写り込む場合もある。このとき、普段は自分と他者との間に知らず識らずのうちに引いてしまった一線があることに気づき、意識的にその一線を越える(一線をなくす)、そのような視点で撮っている場合さえあるようである。
 
 つまり、意識的かどうかはおいて、「自分を棚上げにしない」(棚上げにできない)、「生命学」的な立場からの映画制作。監督が「撮り終わった」と思ってから「編集が終わった」と感じるまで編集して、完成する。テーマはそのときに発見されていく。
 
 こんな映画のジャンルがあるのかと驚いた。そして想田監督の最新作は「面白い!」と評価され、世界中の映画賞を総なめにしているらしい。
 
 ともかく今わたしは『Peace』が猛烈に見たい。どこか近くでやってませんか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/11/27 16:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/19 02:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/02 23:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/27 01:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/06 13:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/26 09:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/15 09:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/15 20:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/25 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/30 00:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/14 00:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/17 12:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/06 09:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/08 19:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む