サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

発達障害のいま(講談社現代新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 33件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.7
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社現代新書
  • サイズ:18cm/259p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-288116-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

発達障害のいま (講談社現代新書)

著者 杉山 登志郎 (著)

発達障害児の陰に潜む家庭の問題とは? こころの骨折・トラウマはどう治す? 脳と神経に何が起こっているのか? わが国の臨床最前線でもちあがっている発達障害を取り巻く多岐にわ...

もっと見る

発達障害のいま (講談社現代新書)

864(税込)

発達障害のいま

702 (税込)

発達障害のいま

ポイント :6pt / 紙の本より162おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

発達障害児の陰に潜む家庭の問題とは? こころの骨折・トラウマはどう治す? 脳と神経に何が起こっているのか? わが国の臨床最前線でもちあがっている発達障害を取り巻く多岐にわたる論議を取り上げ、その答えを示す。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

杉山 登志郎

略歴
〈杉山登志郎〉1951年静岡県生まれ。浜松医科大学児童青年期精神医学講座特任教授。日本小児精神神経学会常務理事、日本トラウマティック・ストレス学会理事。著書に「発達障害の子どもたち」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー33件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

すご-く難しかった

2012/02/18 21:57

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みいみい - この投稿者のレビュー一覧を見る

「発達障害の子どもたち」(講談社現代新書)が、すごく読みやすく、入門書的な感じだったのに比べて、この本は、私にはすごく難しかったです。治療の具体的例が書かれているのですが・・。でも、何度も読み返して勉強していきたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いっそ、「誰でも少し異常」があたりまえになってしまったらいいのに。

2012/03/13 17:02

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「子どもの発達障害の陰に虐待」とか「発達障害の子どもの親にも問題が」とか、近年よく耳にするようになりました。どういう関係性があるのか、どう対処していけばいいのか。子ども虐待を中心として、本書はそんな話題の現状を扱っています。

 とりあえず、目次を書き写しておきます。
序章 母子並行治療をおこなったヒナコ
第一章 発達障害はなぜ増えているのか
第二章 発達凸凹とは
第三章 発達凸凹の可能性
第四章 トラウマの衝撃
第五章 トラウマ処理
第六章 発達障害とトラウマ
第七章 発達障害と精神科疾患 その1
第八章 発達障害と精神科疾患 その2
第九章 未診断の発達障害、発達凸凹への対応
終章 療育、治療、予防について

 問題自体の複雑性のためか、上手くイメージがつくれませんでした。少し専門的な用語が多く、治療の具体例や原因、対応や理論が入り混じっているので、ある程度知識がないと読みづらいということかもしれません。真摯に問題を説明しようとの姿勢だけれど、まったくの素人には難しかったというところでしょうか。

 アスペルガーとはどういうものか、発達障害とはどういうものか。定義が沢山出てきます。定義をすることは問題を扱うために必要な作業です。でも、「普通」「正常」というのは定義が難しい。いきおい、「異状」「病気」を定義して消去法で普通を考えることになる。いろいろな定義をしていく結果、「普通」を狭めていることにもなります。グレーゾーンがありますから、ここまでが異常と線引きをすることは難しい。それが不安をあおることにもなっていて、一歩間違えば「異常」のレッテルを貼り、排除することで安心したいことになってしまいそうです。これは雑菌が危険、放射能が危険といわれてもどこまでが避けなくてはならないのかがわからない不安から「なければないだけいい」という考えに走ってしまうのと同じではないでしょうか。

 いっそ、「誰でも少し異常」があたりまえになってしまったらいい。そんな風にも思います。そうすれば自分は異常か、と悩むことも減り、異常な人も包み込んだ社会を考えやすくなるかもしれない。発達障害の話だったのですが、そんなところに考えが行き着いてしまいました。
 正しい指導をすることで人間関係がよくなり、生きやすくなるひともいるでしょう。でも、できれば「治療」や「予防」という「普通でないもの」「としてではでなく、普通の中のバリエーション」として一緒に扱っていけないものでしょうか。ちょっと偏屈でへんな考え方もする私としてはそう思うのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/05/11 17:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/09 20:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/13 13:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/27 12:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/13 06:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/13 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/20 12:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/27 23:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/28 16:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/10 09:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/26 00:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/29 16:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/28 22:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む