サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

原発の闇を暴く(集英社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.7
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社新書
  • サイズ:18cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-720602-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

原発の闇を暴く (集英社新書)

著者 広瀬 隆 (著),明石 昇二郎 (著)

噓と詭弁と癒着の歴史が「最悪の人災」を招いた! 原発震災の危機をかねてから予測し、警鐘を鳴らし続けてきた作家とルポライターが、事故を招いた構造とその責任の所在を徹底的に白...

もっと見る

原発の闇を暴く

税込 748 6pt

原発の闇を暴く

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.3MB 無制限
Android EPUB 6.3MB 無制限
Win EPUB 6.3MB 無制限
Mac EPUB 6.3MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

噓と詭弁と癒着の歴史が「最悪の人災」を招いた! 原発震災の危機をかねてから予測し、警鐘を鳴らし続けてきた作家とルポライターが、事故を招いた構造とその責任の所在を徹底的に白日の下にさらす。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

広瀬 隆

略歴
〈広瀬隆〉1943年生まれ。作家。著書に「二酸化炭素温暖化説の崩壊」「福島原発メルトダウン」など。
〈明石昇二郎〉1962年生まれ。ルポライター。著書に「原発崩壊」「グーグルに異議あり!」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー23件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

野田政権がやっているのは、原子力の安全性を確認するのではなく、電力会社の算定を鵜呑みにした必要性の確認。おまけに、誘致で地元を危険な場所にしてしまった町長あたりが積極的に原発再開に積極的だとか。日本をダメにしてきた人間は、いつも変わらない・・・

2012/05/01 19:33

12人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

新聞・マスコミが絶対に取り上げようとしないのが、今までずっと広瀬隆が原発の危険性を説き、東電が原発による発電コスト算出にあたって廃炉費用をわざと抜かして他の発電コストより安価になると指摘し続けてきたことではないでしょうか。福島の事故が起きても、マスコミの広瀬無視の姿勢は変わることがありません。その広瀬に明石昇二郎という強い味方ができたとき、何が起きるのか、カバー折り返しの内容案内は、以下のように刺激に満ちています。
              *
いまだ収束への見通しがたたない福島第一原発事故。根拠な
き安全・安心神話を振り撤き、リスクと利権を天秤にかけ
て後者を選択した「原子力関係者」たちの所業が招いた「人災」は、
いまも被害を拡大し、汚染を進行させ、人々の暮らしを破壊し
ている。
 原発震災の危機をかねてから予測し、警鐘を鳴らし続けてき
た作家とルポライターが、事故を招いた構造とその責任の所在
を、徹底的に白日の下にさらす。危機にある国民が「原発」につい
て真摯に考えるための、必読の一冊!
              *
一般論はやめて、今回は目次に従って、すべての項目にコメントをつけることで評に替えようと思います。では早速開始。

第一章 今ここにある危機

    命より電気のほうが大事なのか:原発推進者はここを履き違えています。
    本当にこわいことはメディアに出ない:何故って、電力会社は顧客ですし、政治かも企業人も責任を取りたくないから。
    汚染水は東電の本社に保管させろ:そう思うだけではなく、東電本社を原発の場に移転させるべきです。
    子供たちが被爆している:相変わらず、マスコミは被爆量が少ないというニュースばかり。
    「半減期」という言葉にだまされるな:たしかに、誤解しやすいことばです。
    「原発震災」は今後も必ず起ころ:地震があるよりなにより、扱っているもの自体が危険です。

第二章 原発事故の責任者たちを糾弾する:なぜマスメディアが実名を書かないのか?

    安全デマを振りまいた御用学者たち:公害しかり、あらゆるところで安全といい続けた学者たちの職歴の変遷を追いかけろ!
    原子力マフィアによる政官産学のシンジケート構造:公害、薬害のときも同じ構図がありました。
    原子力マフィアの実権を握る東大学閥:先日も食品関係の講演会に東大出の講師が来ていましたが、チェルノブイリ周辺での奇形の発生は、原発の放射能のせいではなくて、自然界にもとからある放射能のせいだとのたまう・・・
    放射能は「お百姓の泥と同じ」:なんていうか農家の人蔑視がこんなところに・・・
    報道番組を牛耳る電事連:私もイライラします、そこまでして原発をやりたいのかと・・・
    “デタラメ”委員長の「想定外」:殆どが原子力の素人か、プロの場合はすべて東電のひも付き、もしくは原発推進を目指す経済産業省関連の人間というのが凄いです。作る側、審査する側、基準を作る側、すべてが最初から原発ありきで動く日本・・・
    「深く陳謝」するなら五四基の原発を止めよ:異議なし!
    「最終処分」という恐怖の国策:結局、日本の原発も宇宙事業も、原爆を保有するための手段だってことは誰にでも分かる。スパコン世界一だって、戦争準備以外のなにものでもないと。
    「被爆しても大丈夫」を連呼した学者たち:一族で、被災地に引越ししなさい!
    政府発表の「チェルノブイリとの比較」:最初から、いい加減だと思って聞いてました。
    「放射能安全論」の源流:しかし、基準をあっさり変更して危険を安全にすりかえるっていうのは、犯罪でなくてなんでしょう。
    耐震基準をねじ曲げた“活断層カッター”:まったく同じ手法。東大出の人が使う頭脳は、ペテンのためなんでしょうね。

第三章 私たちが知るべきこと、考えるべきこと

    監視の眼を怠るな:なぜ、小沢一郎が今回の原発事故、震災で沈黙していたか、というのは彼自身が福島や青森に各施設を建てるよう推進してきたからだと理解できました。渡辺恒三も福島に原発を担ぎ込んだ張本人だということも知りました。でも、これってあまりに片手落ちの情報ではありませんか。広瀬さん。少なくとも、全ての原発について誰が動いたか、そして誘致に積極的に動いた地元の人間と、その資産の異動まではっきりさせるべきではないでしょうか。しかもです、それに賛同した国会議員だって同罪でしょう。全てを明示すべきです。
    原発がなくても停電はしない:私も思っていました。なにより、全ての資料が電力会社からの提供というのがおかしい。
    独立系発電事業者だけでも電気は足りる:こういうことをマスコミは報道しない。
    発送電の事業を分離せよ:異議なし!
    電力自由化で確実に電気料金は安くなる:原発を稼動させたら電気料金を安くすると、電力会社。で、何か起きたら税金で?
    ガス台頭で原発はますます御用済みに:いや、原発なしでいくとなったら節電のための事業が起きるんです!
    無意味な自然エネルギー神話:この視点はなかったけれど、無批判な自然崇拝については疑問いだいてました。
    福島について、真剣に考えるべきこと:まず、〈死の街〉といってはいけない、なんていう縛りをやめることです。原発は〈死の街〉を生み出す可能性があることを認めないかぎり、結局はそこに住むことを強いられるんです。
    日本から原子炉を廃絶するために:政治家も電気事業者も、そして官僚もだめ。結局、自分たちがやるしかない!

あとがきにかえて 明石昇二郎

構成・宮内千和子
取材協力・鈴木耕
装幀 原研哉

ちなみに、原発再開論を聞きながら、まず大切なのは本当に電力が不足しているのかの検証が不十分だし、原発再開を前提にした議論が多すぎることにあきれます。それと電力料金についても、廃炉などのすべての費用を盛り込んだ試算が必要ですし、個人的にはもし、東電の試算が正しいとして、二割の電力料金アップですむなら、原発廃止に決まってるでしょ、って思います。

それと石原都知事の原発反対論を感情的といって片づける姿勢。ま、ここからは広瀬隆の投げかけた意見になりますが、もし本当に都民が必要とする電源ならやはり、お台場に作るべきじゃないでしょうか、原発。それができないで、他県に押し付けておいて反原発運動する人間を誹謗する、どっちがヒステリックやら・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/03/11 16:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/23 17:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/16 05:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/04 15:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/05 20:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/09 21:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/25 00:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/16 10:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/04 23:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/09 16:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/21 12:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/26 12:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/20 23:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/17 23:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。