サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

蟬声 河野裕子歌集
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.6
  • 出版社: 青磁社
  • サイズ:22cm/197p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86198-177-7
  • 国内送料無料

紙の本

蟬声 河野裕子歌集 (塔21世紀叢書)

著者 河野 裕子 (著)

生きるための本走に入る明後日より抗癌剤の点滴変はる 寝ながら庭の桜木見上ぐ二枝が揺れそのめぐりのみ揺れゐるを 2010年8月に亡くなった著者の遺歌集。【「TRC MARC...

もっと見る

蟬声 河野裕子歌集 (塔21世紀叢書)

2,880(税込)

ポイント :26pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

生きるための本走に入る明後日より抗癌剤の点滴変はる 寝ながら庭の桜木見上ぐ二枝が揺れそのめぐりのみ揺れゐるを 2010年8月に亡くなった著者の遺歌集。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

河野裕子さんが聴いた八月の蝉

2012/05/17 18:27

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

人は誰だって死ぬ。それは動かしようのない事実です。
 だから、どう死んだとてそれは同じことで、大事なのは、どう生きたかということ。
 どんな世界で息をし、どんな人たちと出合い、どのように喜びまた悲しんだか、そういう誕生から死にいたるまでの日々、すべてがかけがえのない時間であれば、それを大事にしないでどうなるというのでしょう。

 本書は2010年8月に亡くなった歌人河野裕子さんの最終歌集です。
 癌の再発という辛い病床で、「子規の時代にこんなケアがあつたなら子規をあはれにはるかに恃む」という歌のように病床六尺で生きた正岡子規に想いを馳せつつ、筆力が弱まる手で歌を詠み、最後には家族の口述筆記をうけながらも、河野さんは最後まで歌人であり続けました。

 河野さんの歌の素晴らしさは、歌人でありつつ妻であり母であったことでしょう。どちらが前とか後ろとかでなく、河野さんはみごとにそれらを一体とした人だったといえます。
 最後の方でこんな歌があります。
 「さみしくてあたたかかりきこの世にて会ひ得しことを幸せと思ふ」。
 河野さんがこの世界で出会ったのは、夫であり家族でした。そのことを死の間際に「幸せ」とあらためて思う。それは河野さんの「幸せ」であり、そんな妻、母をもった人たちの「幸せ」でしょう。
 そして、歌を通じて愛する人への思い、家族への愛を感じることができる私たち読者の「幸せ」というほかありません。
 人を愛することができたなら、その日々を生きることができたなら、どんなに「幸せ」でしょうか。
 河野さんの歌は、私たちにそのことを教えてくれます。

 河野さんの最後の歌、「手をのべてあなたとあなたに触れたきに息が足りないこの世の息が」こそ慟哭の一首といっていいでしょうが、それでもそれは美しい悲しみであり、吐息のでるような愛の姿です。
 河野さんが聴いた八月の蝉の声から、もうすぐ二年が経とうとしています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/06/27 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/15 23:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/18 09:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/28 10:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/10 11:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/03 16:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/07 13:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る