サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

将国のアルタイル 9(シリウスKC)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

将国のアルタイル 9 (シリウスKC)

著者 カトウ コトノ

将国のアルタイル 9 (シリウスKC)

626(税込)

将国のアルタイル(9)

540 (税込)

将国のアルタイル(9)

ポイント :5pt / 紙の本より86おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

紙の本
セット商品

将国のアルタイル(シリウスKC) 19巻セット

  • 税込価格:12,031111pt
  • 発送可能日:24時間

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

反帝国同盟結成にむけて

2017/10/18 00:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

前巻でヴェネディックを動かしたマフムートが次に向かった国は北のウラド。
5巻ではもともとウラドに向かおうとして四将国の内乱に巻き込まれたのでしたが、もしウラドにまっすぐ着いてしまっていたら殺されていそうな怖い王国でした。鎖国していて、どんな国の人とも関わろうとしないのです。
その方針も古代ポイニキア帝国を鑑としたものだというからまたぐっときました。この作品の各国がそれぞれに古代帝国の何かを受け継いでいるところがとても好きです。同じものを受け継いでも、風土や建国の経緯によってぜんぜん違う方向に向かうのがなるほどなと思います。貴族共和制や君主政、軍人官僚制など政体が様々なのも面白いところ。

さて、ウラドはどんな国にも肩入れしないという点では商業国家ヴェネディックと似てます。異なっているのは、すべてのものを自給自足し一切の交易を行おうとしないところ。この方針ゆえに、ウラドは年月とともに枯渇・衰退する運命にあり、今やぎりぎりのところまで追い詰められています。

このウラドをトルキエの友好国にするため、ウラドを貧困から脱出させるのが今回のマフムートの課題。
秘策見出したマフムートが、ダメ押しで説得するために述べた論理、「農業・牧畜国は拡大に向かうが、商業国はすべて平和のもとで発展するから協力できる」というのがとても面白かったです。詳しくは読んでいただきたいのですが、なるほど!と納得しました。
よくいえば柔軟、悪く言えばぎりぎりで行き当たりばったりのマフムートの策でしたが、鮮やかでした。ニキちゃん、マルギット王女も素晴らしいアシストぶりです。この作品の女性は個性豊かでそれぞれに有能で、見ていてとても元気がでます。
一見少年漫画らしくないこの作品ですが、実はしっかり仲間の力を借りて成功させているのですよね(仲間というよりはコネという感じですが)。初期の一人で突撃していたマフムートとはすでに別人のように成長しています。

ただ一方で、共通の敵である帝国との戦いが終わったらウラドとの関係はどうなるのだろうか、とも思います。通商を行う北国は不凍港や自前の商業ルートを求めて南下するイメージがありますが、そのときトルキエとぶつかったりしないのでしょうか…。
本作は戦後のことも視野に入れて描いているようなので、もし変化があるかどうか楽しみにしています。

さいごに四将国のスルタンたちが出てきたのも嬉しいところでした。相変わらずキレッキレのハヌムアイシェが大好きです。賢くて強く、かっこよくてかわいらしく、素敵なお姫様。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/09/21 19:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/15 22:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/16 16:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/20 21:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/12 12:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/02 01:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/06 00:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/13 21:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/10 15:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/05 02:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/10 20:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/09 22:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/25 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/09 02:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

少年コミック ランキング

少年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む