サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. ハンター×ハンター NO.29 (ジャンプ・コミックス)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ハンター×ハンター NO.29 (ジャンプ・コミックス)(ジャンプコミックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 70件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2011/08/04
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: ジャンプコミックス
  • サイズ:18cm/205p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-870327-5
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

ハンター×ハンター NO.29 記憶 (ジャンプ・コミックス)

著者 冨樫 義博 (著)

ハンター×ハンター NO.29 記憶 (ジャンプ・コミックス)

432(税込)

HUNTER×HUNTER モノクロ版 29

410 (税込)

HUNTER×HUNTER モノクロ版 29

ポイント :3pt / 紙の本より22おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

HUNTER×HUNTER カラー版 29

518 (税込)

HUNTER×HUNTER カラー版 29

ポイント :4pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

ハンター×ハンター(ジャンプ・コミックス) 34巻セット

  • 税込価格:14,418133pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店藤沢店

2ヶ月連続刊行ですが...

ジュンク堂書店藤沢店さん

2ヶ月連続刊行ですが、
内容の密度も濃いです。

アニメも10月より放送開始とのこと。


藤沢店コミック担当

みんなのレビュー70件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

可能性という名の脅威

2015/08/18 09:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネテロ会長と王の戦いが決着し、ネフェルピトーのコムギに対する治療も完了した。一刻も早く回との治療をさせたいゴンは、コムギを人質としてナックルたちに預け、ペイジンへ向かう。
 そのゴンの様子を見て、圧倒的に実力で上回るはずのネフェルピトーは、彼が王に届きかねない脅威を秘めていると感じ、自分の身と引き換えにでもゴンを打ち倒す覚悟を決めつつあった。

 久しぶりからの連続刊行。ジャンプでの連載再開もそろそろかな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ハンター×ハンター

2015/09/27 20:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジヴァ・ダヴィード - この投稿者のレビュー一覧を見る

ゴンvs.ネフェルピトー!!ゴンの名を叫んだキルアが心の中でつぶやく「駄目だ!!そんな!!もうこれ以上そんな力!!」「一体!!この先!!どれほどの…!!」 ※後から思えば、この後に訪れる大変な事態を暗示するセリフだったのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

継承すること

2011/11/22 00:05

8人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:muneyuki - この投稿者のレビュー一覧を見る

本誌は未読で、極力情報を得る事を避けているので、あくまで29巻の感想です。

・・・いやぁ、これはもう、いくら待たされても評価せざるを得ない。面白い。
しかも、かなりギリギリの所で、きちんと「少年漫画」であることを保ってる。
かなり皮肉っぽい雰囲気でありながら、「友情」「努力」が勝利に繋がっている、という。

読みながら思っていたのですが、
「友情」=その場に存在しない自分以外の人の思い

「努力」=過去から未来へ繋ぐこと

生存フラグが確定=「勝利」に繋がってるんでない?

つまり、何が少年漫画っぽさを感じさせたかというと、
「きちんと少年漫画的な順序を踏んでいるキャラクターは生き、」
「そうでないキャラクターは死ぬ」
という、「少年漫画」というルールを下に、運命が確定しているような部分にそれを感じたのです。

幾つか例。
他の漫画や映画だと、確実に死亡フラグであろう決意や台詞を漏らしているキャラ。

シュートやイカルゴ。

何回も死亡フラグを立てますが、生き残るんじゃないかと。
彼らの「努力」は「友情」へと繋がっている為です。

「努力」の方向が「友情」では無く、「自分」であったり、もしくは「ほぼ自分」という自分と同一視するキャラへのものであった時、そのキャラクターには未来が無くなる、のでは。

例えばネテロ会長。

多分この漫画中、最強の部類に入るキャラクターだろうに、王に対して思いっきり噛ませ犬化してしまった。
結局、会長の強さは、王が述べるように「個の頂点」だった為ではないか、と思います。
王の反則級の強さの要因は、彼が「種族の頂点」である為に持つ「思いの強さ」です。彼自身では無く、「キメラアント」という種族に属する者達全ての願いがここに集約されているのです。
その王に対し、会長は滾る、滾るとか詰めるもんなら詰めてみなとか、結局のところ、他者の思いを介在すること無く、自分の為に闘ってしまった。負けるのも道理っちゃあ、道理なのです。少年漫画的に。

で、相対する王。

ただ、無条件に存在して居れば、「迷いの無いキメラアントの王」として、「種族=第三者の思いを継ぐ者」として、無敵の存在だったにもかかわらず、王・メルエムはコムギと出会った事により、条件付きの存在、即ち「自分探しモード」、非常に揺らぎ易い存在になってしまう。
コムギを存在意義の柱として確立出来れば、まだ無敵だったのでしょうが、その意義も失ってしまった。
このシーンの後、王は死んだり生き返ったりしてますが、後々コムギが復帰して王と出会う様な事があったとしても、「無敵の存在である王」はこのシーンで死が確定したのではないでしょうか。

で、ゴンさん。

自身が仰っているように、彼は「ここで終わり」なのです。
少年漫画的に、「死者の思いを継ぐ為」、例えばカイトの思い、「キメラアントの殲滅する為の闘い」であれば、アリだったのですが、明らかにゴンさんは「死者の為」闘ってらっしゃる。

死者の思いとは、口寄せや交霊術みたいなシークエンスを挟まない限り、遺された者の身勝手な思い込みでしかない。
故に、「自分の為に闘う」ゴンは死ぬ。

・・・とまぁ、ゴンが、レオリオとかクラピカ辺りのポジションであれば確実に死ぬシーンでしょうが、一応主人公なのでココで終わらせてしまうと話が終わる。
どうやってソコの所理由付けをするのか、次の巻をまた楽しみに待ってます。
まさか富樫先生だし、精神世界でカイトが出て来て「生きろ、ゴン・・・!」なんて興醒めシーンはやらない筈、ですよね?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

休載が多くてもなんのその

2015/08/27 06:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kai - この投稿者のレビュー一覧を見る

週刊で、コミックで何度も読みましたが、携帯に便利な電子書籍版ついでにカラーではみたことなかったので、購入。
マンガは白黒が当たり前だったので、最初はカラーに違和感を感じながら読むことになりました。
しかし、一冊読み終わる頃には、その違和感は消えていました。
作品自体は以前から評価していましたが、カラーという新しい感覚も身につけられさらに満足。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ゴンとキルア

2015/11/30 23:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くわんねい - この投稿者のレビュー一覧を見る

ゴンとキルアも決着する。
結果の見えない結論にまた物語の続きを予感させる。
各自が、次回を克目せよといいたい漫画

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/09/04 15:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/07 23:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/04 13:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/07 19:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/06 18:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/25 05:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/04 03:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/06 21:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/08 22:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/04 22:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

少年コミック ランキング

少年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む