サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー プレゼントにお困りですか?クリスマスに届けたい一冊 ポイント5倍キャンペーン(~12/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

TOKYO BLACKOUT(創元推理文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 34件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.8
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/460p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-41711-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

TOKYO BLACKOUT (創元推理文庫)

著者 福田 和代 (著)

8月24日午後4時、東都電力熊谷支社の鉄塔保守要員一名殺害。午後7時、信濃幹線の鉄塔爆破。午後9時、東北連系線の鉄塔にヘリが衝突、倒壊。さらに鹿島火力発電所・新佐原間の鉄...

もっと見る

TOKYO BLACKOUT (創元推理文庫)

1,015(税込)

TOKYO BLACKOUT

870 (税込)

TOKYO BLACKOUT

ポイント :8pt / 紙の本より145おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.7MB 無制限
Android EPUB 6.7MB 無制限
Win EPUB 6.7MB 無制限
Mac EPUB 6.7MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

8月24日午後4時、東都電力熊谷支社の鉄塔保守要員一名殺害。午後7時、信濃幹線の鉄塔爆破。午後9時、東北連系線の鉄塔にヘリが衝突、倒壊。さらに鹿島火力発電所・新佐原間の鉄塔倒壊—しかしこれは、真夏の東京が遭遇した悪夢の、まだ序章に過ぎなかった!暗躍する犯人たち、そして深刻なトラブルに必死に立ち向かう市井の人々の姿を鮮やかに描破した著者渾身の雄編。【「BOOK」データベースの商品解説】

8月24日午後4時、東都電力熊谷支社の鉄塔保守要員一名殺害。午後7時、信濃幹線の鉄塔爆破。午後9時、東北連系線の鉄塔にヘリが衝突、倒壊。さらに鹿島火力発電所・新佐原間の鉄塔倒壊──しかしこれは、真夏の東京が遭遇した悪夢の、まだ序章に過ぎなかった! 暗躍する犯人たち、そして深刻なトラブルに必死に立ち向かう市井の人々の姿を鮮やかに描破した著者渾身の雄編。著者あとがき=福田和代【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店福岡店

鉄塔爆破による、大規...

ジュンク堂書店福岡店さん

鉄塔爆破による、大規模停電に襲われる東京。
復旧に追われる電力会社社員、犯人を追う刑事の奮闘。
それぞれの想いが、希望と言う結末に向け突き進む!
とにかく、大停電が起こり電力確保に混乱する電力会社内の臨場感
溢れる描写がすばらしく、一気に引きずりこまれます。
各々の、背負っているものに対する姿勢や想いの深さにも、心打たれる
一冊です。           

                        文庫 大草

みんなのレビュー34件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

2011年3月11日の東北大震災を予言しているような条件設定と展開に驚愕。

2016/11/10 11:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

2008年8月に書かれた作品だが、社会背景として、今年東北地方に震災が起こり原子力発電所が全て停止していることになっており、そこへ東京電力の全送電地域に及ぶ発送電危機が発生することで「輪番停電」(正に2011年3月11日の東北大震災によってはじめられた計画停電そのものだね)が行われるという展開である。正に2011年3月11日の東北大震災を予言しているような条件設定と展開に驚かされた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

よくできたエンターテイメント作品

2016/09/09 00:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

福田和代さんは本作が初見です。
ストーリー展開がスピーディーで、読み始めると途中で止めるきっかけが中々掴めない作品でした。
物語全体の展開や緊迫感を優先して、何人か主役的な人がいるのですが、人物の描き込みはあえてほどほどにしているように感じましたが、私はそれが途中で物語の中弛み防ぎ、一気に読ませることに貢献していると思います。

結末でカタルシス的な陶酔感を得るまでには至りませんが、それでもとてもよくできたエンターテイメント作品だと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

細かいところは二の次。

2014/07/28 17:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポン太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この著者の他の作品もそうだが、細かいところはとりあえず置いといて、どれも物語自体は充分面白いと思う。逆に言えば細かい描写を書いていたら、テンポの良さが無くなってしまうかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/09/21 15:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/07 10:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/02 22:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/25 01:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/25 19:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/03 08:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/13 21:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/02 23:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/10 18:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/09 19:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/22 22:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/13 11:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る