サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【おうち時間応援キャンペーン】今日のお買い物『全額分』hontoポイントバック&店舗限定ポイント5倍デー  ~7/15

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

江戸から東京へ大都市TOKYOはいかにしてつくられたか?(じっぴコンパクト新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
新書

紙の本

江戸から東京へ大都市TOKYOはいかにしてつくられたか? (じっぴコンパクト新書)

著者 津川 康雄 (監修)

極東の島国である日本の首都・東京が世界的大都市にまで発展した理由は、日本人による街づくりの知恵にあった。東京という街の発展の歴史と、現在の東京を形成している象徴としてのラ...

もっと見る

江戸から東京へ大都市TOKYOはいかにしてつくられたか? (じっぴコンパクト新書)

税込 838 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

極東の島国である日本の首都・東京が世界的大都市にまで発展した理由は、日本人による街づくりの知恵にあった。東京という街の発展の歴史と、現在の東京を形成している象徴としてのランドマークを紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価2.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

ランドマークからひもとく江戸&東京

2011/08/22 11:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:辰巳屋カルダモン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 東京スカイツリーの建設が始まってから、にょきにょきと伸びていく様子はマスコミでも頻繁に取り上げられ目にする機会が多い。
まだ開業前でありながら観光客で付近はにぎわっているようだ。
今や、都内でちょっと高いところに上ると、ついスカイツリーを探してしまう。
ランドマークが人に与えるインパクトは時代問わず大きい。

 都市のシンボルとなるランドマークの存在。
本書は、ランドマークを手掛かりに、江戸が東京になり、グローバルシティに発展した歴史をひもとく。
ちょっと変わった視点からの「都市論」だ。

 「都市論」といっても堅苦しさは一切ない。
江戸城、日本橋、東京駅、国会議事堂、東京タワー、サンシャイン60など、ときどきのランドマークを取り上げて、その成り立ちから現状、なくなってしまったものはそのいきさつまでを豊富なエピソードをふまえてわかりやすく語る。
東京観光ガイド本のような軽やかさだ。

 ランドマークには4つの性格があると著者は定義している。象徴性・記号性・場所性・認知性の4つだ。
いくつかの性格を併せ持つことが多いが、なかでも築城から260年間ランドマークであり続けた江戸城はすべてに当てはまるという。
「日本の政治の中枢としての江戸城(象徴性)、将軍の権威を放つ江戸城(記号性)、全国からの交通網の要としての江戸に建つ江戸城(場所性)、はるか遠くから認めることのできる江戸城(認知性)なのである」
皇居となり、その性格はだいぶ変わったものの、いまなおランドマークであり続ける江戸城。ランドマーク歴400年!これは世界的にも稀有ではないだろうか。ランドマークとしての寿命は、意外とはかないのが常だ。

 ランドマークの誕生や交代、崩壊は、歴史の節目と重なり合う。
東京(江戸)の場合、徳川家康の江戸入城、明治維新、関東大震災、敗戦後の復興の4つの出来事が大きく影響した、という。江戸から戦前までは、遷都、火事や地震の災害、戦災がきっかけとなり、戦後は、規制緩和、建築技術革新、オリンピック開催などがきっかけとなった。その変化が興味深い。

 人はランドマークに何を求めるのだろう。
映画にもなったように、東京タワーが日々伸長して行く様子は人々を勇気づけたという。
今また東京スカイツリーがその役割をになっている。
ランドマークを見上げたり、その内に立つことで、逆に自分の存在のちっぽけなことを、でも確実に存在している確かさを、かみしめるのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/08/24 15:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/06/26 13:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/02 07:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/05 23:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一般 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。