サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 日本テレビとCIA 発掘された「正力ファイル」

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本テレビとCIA 発掘された「正力ファイル」(宝島SUGOI文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.7
  • 出版社: 宝島社
  • レーベル: 宝島SUGOI文庫
  • サイズ:16cm/477p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7966-8475-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

日本テレビとCIA 発掘された「正力ファイル」 (宝島SUGOI文庫)

著者 有馬 哲夫 (著)

〔新潮社 2006年刊の改訂〕【「TRC MARC」の商品解説】

日本テレビとCIA 発掘された「正力ファイル」 (宝島SUGOI文庫)

720(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/09/09 13:42

投稿元:ブクログ

[気脈]昨年に開設60周年を迎えた日本テレビ。その「父」と称された正力松太郎は、常に大衆視点で物事を捉え、日本におけるテレビ事業の立役者とされている。しかし、著者はアメリカの公文書館から一つの機密文書を見つけ出し、正力に「Podam」という暗号名が付けられていたことを知る。そして、そこから見えてきたのは、戦後日本の電波網を舞台にした、アメリカと日本の間で繰り広げられる衝撃的な駆け引きの数々であった......。著者は、本書で多くの反響を巻き起こした有馬哲夫。


1つの企業が、戦後の国際政治という超マクロ的要素と、携わる人間の私益や思惑という超ミクロ敵要素が幾重にも複雑に絡み合った上で生まれたものであることに驚かされずにはいられません。著者自身が述べているように、今日、この成り立ちが良い・悪いという文脈でとても捉えられるものではないことは明らかなんですが、ぜひとも戦後日本に大きな影響力をもったテレビというメディアの生まれ来る背景に、このような暗闘があったことはぜひ知っておいても良いのではないかと思います。


あまり目にしたことのない人物の名前が多く登場するので、慣れるまでは読みづらい面もあるのですが、裏返せばそれだけの「見えざる人々」が日本の復興期に動いていたということが言えるのかも。まだまだ日米間の紐帯が制度化されていない時代だからこそ見られたダイナミックで型破りな動きもそこここで散見され、日本とアメリカがどのように手をつなぐようになったかを考える上でも非常に有益な作品でした。それにしても、「敗戦」という現実から理想を組み立てていくエネルギーには恐れ入った。

〜誰しも日本の主な都市をすべて焼き払い、原爆まで投下した怨敵アメリカに頭を下げて金など借りたくないが、戦争で荒廃してしまってその資金がない以上はしかたがない。アメリカのものに限らず、借款はすべて何らかの形で「ひも付き」なのだから、要はそれが借款をしてまでするほど重要でかつ緊急を要する事業なのかということだ。それに対する正力の答えは、しかり、なのだ。〜

これは骨太の作品だった☆5つ

2017/01/19 20:01

投稿元:ブクログ

2011(底本2006)年刊。著者は早大教授。日本テレビ放送網開局を巡る日米政府、讀賣新聞社社主正力松太郎らの暗闘を活写した暴露本。公開された米国機密文書からこれらの状況を分析。国防総省の日本再軍備構想(ただし、これに関しては米国が巨大な再軍備を求めていたかは疑問に思っているが)には、日本テレビが関与できなかったが、CIAの反共・親米心理戦には役立ったようである。借款を引き出すまでの虚々実々の駆け引き、総理の椅子に拘る吉田・犬養・鳩山ら政治家の駆け引き等、娯楽映画でも観ているかのような筆致で描かれる。
もちろん、引用はなされているからフィクションではないが…。そして、この状況が、つまり、米国のプロパガンタに日本テレビ(のみならず、正力氏が社主である讀賣新聞への影響もあったと考えるほうが据わりがいいかも)が利用された状況が、いったいいつまで続いたのかには興味を覚えるところだが、本書では書かれていない。

宝島社文庫 ランキング

宝島社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む