サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

レイジ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 69件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2011/07/14
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/347p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-380630-3

紙の本

レイジ

著者 誉田 哲也 (著)

音楽の才能は普通だが、世渡り上手なワタル。才能に恵まれるも、孤独に苦しみ続ける礼二。少年から大人へ—男たちのロック魂が交差する音楽青春エンターテインメント。【「BOOK」...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

音楽の才能は普通だが、世渡り上手なワタル。才能に恵まれるも、孤独に苦しみ続ける礼二。少年から大人へ—男たちのロック魂が交差する音楽青春エンターテインメント。【「BOOK」データベースの商品解説】

音楽の才能は普通だが世渡り上手なワタルと、才能に恵まれるも孤独に苦しむ礼二。ふたりが初めて組んだバンドは成功を収めるが解散。以後互いに意識しつつも歩み寄れず…。音楽男子の青春小説。『別册文藝春秋』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

誉田 哲也

略歴
〈誉田哲也〉1969年生まれ。学習院大学卒。「妖の華」で第2回ムー伝奇ノベル大賞優秀賞、「アクセス」で第4回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞。他の著書に「ジウ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー69件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

人がなんといおうと私は梨央が選ぶのは礼二であるべきだと思っています。すくなくとも友哉か均であって、航だけは絶対にいや。ま、軽い男を選んで、自分が自由に生きるっていう選択もあるんでしょうが、私は御免です。そこで★一個減した次第・・・

2012/04/24 21:50

3人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

どのバンドのコンサート風景かは分かりませんが、雰囲気のある写真です。ま、セッティングがしっかりした会場の光景というのは、人の入りがよければそれだけで様になるのは確かで、私はよくBS放送のライブ番組をみるのですが、特にオープニングの会場というのはそれだけで様になります。どちらかというと野外よりは屋内のほうがいいともいえて、大掛かりな装置があるのもいいですが、ロックの場合はシンプルでも光物があればかなりいけると思います。

で、この本を飾る光景は、明らかにロックの会場。全体の色合いと交差する光の様子が、見るものに場内の興奮をそのまま伝えてくる、そんな感じでしょうか。ただし、本全体から受ける印象は、文藝春秋の本ではなくて光文社の本。いい、悪いではありませんが、文春はこういった弾けた感じのカバーって、あんまり使わないって思います。

それにしてもバンド・ブーム、続いています。ま、バンド・ブームが正しいかどうかわかりません。少なくとも私がものごころついてから今まで、ブームでなかった時がありません。で、この背景には二つのものがあると思います。一つは純粋に音楽が好きだ、可能なら自分で演奏したいという、ある意味、極めて真面目に音楽に取り組もうという思いです。

もう一つが、ともかく人に注目されたいという欲望。これが案外大きい。ただし、こういう人にとって音楽は一つの道具に過ぎません。スポーツでも芸術でもなんでも構わない。脚光を浴びて、お金が入ってきさえすれば、それで異性をひっかけることができればいい。私だって思います、自分の歌で喝采を浴びてみたいって、テニスでメダルが欲しいって。なにも『ケイオン』が当たったからのブームではないわけです。

で、このお話にも、この二つの動機で音楽の世界に入ってきた男が登場します。まず、音楽と真面目に向き合うのが三田村礼二です。谷垣友哉がバンドにボーカルとして引っ張った抜群の音楽センスをもったA組の生徒で、シンガー・ソングライタに憧れています。一人で多重録音の技術を学び、機材を買い集め、自作の曲のテープを作ったりします。人づきあいが嫌いで、自分の音楽を求めるために孤立する傾向がある、そういう人間です。

それに対して、音楽を遊びの道具と割り切っているのがワタルこと春日航です。小学校の時から洋楽に親しみ、クラシックギターを習っていたこともありますが、それ以上ではありません。白秀院大学付属中学に入り、三年の時、友哉、均とバンドを作りリーダーとなります。音楽センスがないせいか、楽して脚光浴びて女と好き放題やっていければいい、としか考えていません。

礼二をバンドに引っ張った谷垣友哉は、中学二年の時の航の同級生で、バンドを作ることを持ちかけた張本人です。ギターの腕はごく普通ですがが、熱心で確実に音楽をものにする力があります。川嶋均は、巨漢で、中三の時、航と同じC組になった時、ドラムスをやらせろと割り込んできましたが、意外や腕前はかなりのものです。

そして、松下梨央がいます。白秀院大学付属中学一の美少女で、音楽についてとりあえず一家言を持つ航のところに洋楽の情報をもとめてやってきて、高校時代には、ボーカルとしてバンドに参加します。容姿もですが頭もいい、彼女の存在が航を動かし続ける、と言っていいのかもしれません。そして、人生で勝組になるのは、まじめに音楽と対峙する人間ではなく、ただ金儲けと割り切る輩だったりするわけです。

そういう意味でこのお話は、いわゆる真面目組にとっては甘いお話ではありません。逆に、テキトーな人間には優しい。同じ文春から出た音楽ものでも佐藤多佳子の佐藤 多佳子『第二音楽室 School and Music』『聖夜 School and Music』とはビミューに違うわけです。とはいえ、その苦さも含めてこれも人生だなあ、って思わせることは事実です。

ただ、言えるのは礼二のような人間は、恋人にするにはドーカナ? とは思います。あまりに真面目な芸術家、っていうのは、付き合う側にも強いるものが多い。それに、すくなくとも私は耐えられない。無論、尊敬はします。心ときめくことだってある。でも、毎日そばにいられたら辛いかもしれない。正しいかどうかは別にして、梨央の選択には肯けるものがあります。ま、私は軽薄な男は嫌いなので、選べば友哉か均か、なんて思いますけど・・・

帯の言葉は
     *
少年から大人へ――
男たちのロック魂が交差する
音楽青春エンターテインメント。

おれたちの
アリーナ!
あの日は
もう帰って
こないのか。

大人気 
武士道シリーズ
姫川玲子シリーズ、
ジウシリーズの
著者による最新作
     *
で、初出は「別冊文藝春秋」2010年1月号~11月号、平均的なブックデザインは泉沢光雄、目次を写しておけば以下の通り。

序章

第一章 1984‐1987
     C組にて ♪ ワタル
       真 理 ♯ 礼二
     初恋にて ♪ ワタル
       火 傷 ♯ 礼二

第二章 1988‐1989
     大学にて ♪ ワタル
       再 誕 ♯ 礼二
     渋谷にて ♪ ワタル
       軋 轢 ♯ 礼二

第三章 early 90's
    正念場にて ♪ ワタル
       磨 耗 ♯ 礼二
    路地裏にて ♪ ワタル
       周 回 ♯ 礼二

第四章 The end of 90's
 バーの
  カウンターにて ♪ ワタル
  繁 華 ♯ 礼二
  体育館裏にて ♪ ワタル
      瓦 解 ♯ 礼二

第五章 New Century
   我が家にて ♪ ワタル
       弧 雲 ♯ 礼二
   スタジオにて ♪ ワタル
       寒 景 ♯ 礼二

第六章 And Our Future
 ホテルの
   ラウンジにて ♪ ワタル
       迷 夢 ♯ 礼二
     病室にて ♪ ワタル
       回 帰 ♯ 礼二
 
       終 章

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/01/05 17:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/17 14:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/06 12:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/22 22:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/02 13:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/25 21:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/25 13:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/08 09:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/12 04:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/02 12:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/10 22:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/05 08:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/30 13:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/27 15:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。